徳島県唯一の農村のお米の収穫とハゼ掛け

かつて阿波藩への献上米を産していた徳島県最後の農村、佐那河内村(さなごうちそん)。この村の根郷(ねごう)地区の梶本さんの田んぼでお米の収穫とハゼ掛けをすると伺って撮影させていただきました。

Sanagochi is the last village of Tokushima pref., Japan. I took photographs of a rice crop and “Hazekake” in the village.
With nourishment from the sun, soil, and water, the rice plants grow tall, and when the golden rice ears begin to droop heavily around September or October, it’s time to harvest. The reaped rice is leaned against a “Hazekake,” a rack made of wooden poles, and dried in the sun. By doing this, the moisture is slowly removed to create delicious rice. (Japan National Tourism Organization)

続きを読む 徳島県唯一の農村のお米の収穫とハゼ掛け

HATCHi 金沢 THE SHARE HOTELS

金沢で宿泊した『THE SHARE HOTELS KUMU(クム)金沢』の系列のリノベーションホテルがあると聞いて足を運びました。中古マンションのリノベーションなどを手がけるリビタがプロデュースする『THE SHARE HOTELS HATCHi(ハッチ)金沢』。1号店のHACHIはドミトリーが主体で、2号店のKUMUは個室のみという仕様が異なるので旅のスタイルや価格によって選び分けることができます。
続きを読む HATCHi 金沢 THE SHARE HOTELS

金沢の伝統文化を未来につなぐリノベーションホテル KUMU 金沢 THE SHARE HOTELS」

金沢の中心地にオープンしたホテル「KUMU(クム)金沢 THE SHARE HOTELS」。茶の湯や禅など「金沢の伝統を『くむ』場所」という意味が込められていて、金沢の伝統文化を未来につなぐ文化サロンとしてまちに開かれたシェアスペースを目指して「SHARE HOTELS」と名付けられています。

築45年の8階建てオフィスビルをリノベーションし、家族や友人と宿泊可能な個室、炉や水屋を備えお茶会ができる畳の部屋が用意されています。一階のカフェスペースは、地域住民も利用できるシェアスペースで、工芸作家やアーティストの作品展示やワークショップなどが開催されます。

I stay the hotel “KUMU” at Kanazawa city, Ishikawa pref., Japan. The hotel is located at central Kanazawa city. Situated in Kanazawa, this hotel is within a 10-minute walk of Oyama Shrine, Omicho Market, and Ashigaru Shiryokan Museum. Kanazawa Kutani Museum and Izumi Kyoka Museum are also within 10 minutes. Every visitor use “TEA SALON KISSA & Co.” at the ground floor. The concept is space for sharing traditional culture of Kanazawa city.
続きを読む 金沢の伝統文化を未来につなぐリノベーションホテル KUMU 金沢 THE SHARE HOTELS」

海とともにある京都の暮らし「伊根の舟屋」Funaya old houses stand at Ine bay, Kyoto

伊根の舟屋(いねのふなや)。京都盆地を抜けて日本海へでると、伊根町の湾内に1階に船の収納庫を備えた舟屋の立ち並ぶ独特な景観が広がっています。船を引き上げるための斜面が設けられ、船や漁具の手入れ、魚干物の乾場などに利用されています。国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

Funaya is traditional house style for fisherman. The first floor of Funaya is a combined boat garage and workspace for fisherman, and the second floor is used as a living area. The unique Ine buildings have existed since the 1700s. Now, you can see 230 funaya standing in a row in Ine town, Kyoto pref., Japan. They are Groups of Traditional Buildings.
続きを読む 海とともにある京都の暮らし「伊根の舟屋」Funaya old houses stand at Ine bay, Kyoto

【香川 9/13オープン】セトウチ海街ステイ SUNNY DAY HOSTEL

香川県高松市の高松城のお掘り跡の近く、かつての「のし屋」をリノベーションしたホステル『SUNNY DAY HOSTEL(サニーデイ ホステル)』が2017年9月13日(水)にオープンします。高松港からも街からもとても近い距離にあるので瀬戸内国際芸術祭などの島旅の際にもとても便利な立地にあります。
続きを読む 【香川 9/13オープン】セトウチ海街ステイ SUNNY DAY HOSTEL

香川県産品コンクール受賞しました!Kuma no Kitchen(熊野キッチン)

香川県高松市の老舗の蒲鉾屋、熊野かまぼこさんのキッチンブランド、”Kuma no Kitchen(熊野キッチン)”。その「瀬戸内の鮮魚100%でつくったリエット」が、平成29年度かがわ県産品コンクールで「15周年特別賞」を受賞しました!
全体のブランディングやパッケージデザインを、北川拓未さんと一緒に進めさせて頂きました。1年がかり。京都のMonkのImai Yoshihiroさんをはじめ、開発にあたってご協力頂いた皆さま、ありがとうございました!引き続き、コツコツと熊野さんと面白いことできたらと思います。せとうち魚図鑑とか。
続きを読む 香川県産品コンクール受賞しました!Kuma no Kitchen(熊野キッチン)

すだちケーキ

徳島県最後の村、佐那河内村(さなごうちそん)の地域おこし協力隊の木内良樹さんのつくったすだちを高松のゲストハウス『Kinco. hostel+cafe Takamatsu, Setouchi』さんがケーキにしてくれました。果汁や果皮を余すことなくつかったパウンドケーキ。生地、アイシング、トッピングすべてにすだちが使われています。すだちのいい香り。コーヒーにあいます。美味しい!
続きを読む すだちケーキ

手作りフルーツシロップのかき氷「KAKIGORI CAFE ひむろ」Shaved ice cafe “HIMURO”

くだもの農家が多い香川県三豊市に、新鮮なフルーツをつかった手作りシロップや練乳の美味しいかき氷のお店があります。
目の前はとっても綺麗な瀬戸内海の砂浜なので、海水浴とあわせて足を運んでみてはいかがでしょうか。
冬季限定のメニューもあるので冬もオススメです。

There is delicious shaved ice cafe at Mitoyo city, Kagawa pref., Japan. They make original flavored sirup from fresh fruit. There is beautiful beach. Also you can enjoy sea bathing at summer.
続きを読む 手作りフルーツシロップのかき氷「KAKIGORI CAFE ひむろ」Shaved ice cafe “HIMURO”

小豆島 こまめ食堂 Komame eating place, Shodoshima island

小豆島の中山という地域は文字通り、真ん中の山の中にあります。
島のなかでもとくにアクセスが良いとは言えないこの土地に
「こまめ食堂」というとても人気の食堂があります。

Nakayama is hilly and mountainous area which is located center of Shodoshima island.
The Komame eating place is there.
Although it isn’t easy to reach by public transport, Komame eating place and Nakayama area are popular destination for tourists.

続きを読む 小豆島 こまめ食堂 Komame eating place, Shodoshima island