産地と料理人、親子の共演。愛媛県大洲の原木椎茸とイタリア料理店フェデリコ mushroom logs


愛媛県大洲市の原木椎茸の産地とレシピをお願いしたイタリア料理店のフェデリコ(federico / 愛媛県 松山市南久米町159‐6 2F)​さんに撮影にいってきました。なんと、レシピをつくってくださったシェフの中野芳将さん実家は、今回お届けする大洲市の原木椎茸農家のひとり。原木椎茸を子供の頃から食べていたからこそわかる、美味しい椎茸の調理法、原木だからこそ味わえる調理法を教えて下さいました。農家と料理家の親子の共演が実現したレシピをお楽しみください。四国食べる通信12月号は、愛媛県宇和島のみかん鰤(ぶり)と、愛媛県大洲の原木椎茸をお届けします!!お申し込みはこちらから

I went to take photos of trees stump used for growing mushrooms at Ozu city, Ehime Pref., Japan. And I went to Italian restaurant “Federico (159-6 2F Minamikume-cho, Matsuyama city, Ehime Pref.) , who made a recipe. The chef, Mr. Yoshimasa Nakano’s family home is one of the shiitake farmers of Ozu city. Therefor he tell us how to cook and eat delicious mushrooms because had eaten since he was a child. Please enjoy the recipes which is parent-child collaboration. The Shikoku Eat Magazine December issue, We send the story of tangerine yellowtail of Uwajima, Ehime pref. and raw wood shiitake mushroom Ozu city.

taberu.shikoku12_02

taberu.shikoku12_04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です