村に咲く、桐の花 Foxglove tree

花や木が植えられているとき、そこには多くの場合、植えた人の想いや、それぞれの木にまつわる物語があります。日本の農村では古くから女の子が生まれると桐の木を植える風習がありました。とても成長が早く15年〜20年くらいで成木となるので、嫁入りの際に箪笥(タンス)の材料にすると聞くことも多いです。

「女子ノ初生ニ桐の子ヲウフレバ、嫁スル時其装具ノ櫃材トナル」大和本草(貝原益軒著/1709年・宝永7年刊行)

私のいる徳島県最後の村、佐那河内村(さなごうちそん)では、様々な民間薬があり、桐は炭にして、粉を油で練って患部に貼ることで、火傷や切り傷の薬として重宝されていたそうです。

参考:佐那河内村の民間薬調査(徳島生薬学会)

関東で暮らしていた時はあまりみかけませんでしたが、四国に移住してきてから、桐の木は香川県高松市や瀬戸内海の島々でもよくみられ、その度に「女の子が生まれた証かな」とその農山漁村の暮らしぶりを想像しています。薬として使われる風習はこちらでもあるのだろうか。下の写真は男木島でみかけた桐の木で、このあたりはいまはまったく集落がない島の東側ですが、古い航空写真で確認すると畑として斜面が高度利用されていたことがわかるので、ひょっとしたらここにも農家さんがいて、女の子が生まれたのかもしれません。

桐の木は、木材としてもとても優れていて。国産材では最も軽く、湿気を通さず、燃えにくいことからタンスや琴や下駄の材料として使われてきた木材です。五七桐は、日本国政府の家紋になっていることからも、古くから重宝されてきたことが伺えます。箪笥の材料としては、江戸時代の明暦の大火(1657年)の後に、道を塞いだ車箪笥が禁止され、その代わりに軽くて火に強い桐材が箪笥の材料として使われるようになりました。

一本の木にも、様々な物語が潜んでいますね。

島の港についたら船の積み荷をみてほしい

1961年に男木島の港の風景。島旅で港についたらぜひ見てほしいのが船の積み荷。積み荷をみるとその島の経済がよくわかります。島でつくったものが船に乗り、島にはないものが船から降ろされる。女性が頭に載せているりんご箱と頭の間には、緩衝用の布製の輪があります。

img_7237
撮影 香川県高松市 男木島 1961年 永見武久

男木島の打瀬船(うたせぶね)

男木島に停泊している潮打瀬(しおうたせ)の打瀬船(うたせぶね)。帆に風邪を受けて底引き網を引く「帆打瀬」と、海中に入れた潮帆を潮力で引く「潮打瀬」があり、風が強くなると潮帆から風帆に切り替えていた。ハモ、エビ、カニ、イカ、アナゴ。

img_7238
撮影 香川県高松市 男木島 1961年 永見武久

男木島で飼育されていた「かりこ牛」

男木島では農耕用の牛を飼育していました。草地が少なく牛を飼うには適さなかった香川県の讃岐平野の農家に貸すための「かりこ牛」が、男木島では各家に一頭は飼われていました。島の中には放牧するための共同利用できる牧場もありました。

img_7294
撮影 1961年 永見武久 香川県高松市 男木島

男木島(おぎじま)の浜で船に積まれる「かりこ牛」。讃岐平野に渡った牛は、春には田おこし、秋には稲の運搬などして活躍していました。牛の貸付料は、お米2〜3俵。麦とサツマイモしかできなかった島では貴重な収入源。

img_7298
撮影 1956年 中村由信 香川県高松市 男木島

【写真レポート】男木島の魅力を発見・発信~少年少女島大使~

写真レポートはこちら

高松には瀬戸内の美しい島々があり、日常から離れた体験が可能な場所でありながら、高松港からわずか数キロの位置にある特別な場所です。この高松中心地の目と鼻の先にある島々を活かすことができれば、高松の臨海地域の魅力は大きく広がります。「海の都市=高松」にしかないものを確立し、島々を活かしたまちづくりを進めるために、島々の魅力を知る市民を増やすことを目的に本事業を開催致します。

【募集期間】
2016年5月20日(金)~6月30日(木)
※定員を超えての募集の場合、先着順とさせて頂きます。

【参加費】
1名:2,000円

【事業対象者】
高松市内小学校高学年(4・5・6年生)

【対象人数】
約30名(5名×6班)

【開催日時・場所】
第一部:男木島宿泊体験学習
日程:2016年7月22日(金)~7月23日(土)
時間:2016年7月22日(金)8:00~22:00
2016年7月23日(土)7:00~15:40
場所:男木島 [Google Maps]

第二部:プレゼンテーション練習
日程:2016年8月1日(月)・9月15日(木)
時間:17:00~19:00
場所:(公社)高松青年会議所 事務局(大会議室)

第三部:プレゼンテーション発表会 ※60周年記念事業内
日程:2016年9月18日(日)
時間:10:40~11:00(予定)
場所:高松シンボルタワー

【後援】
高松市教育委員会(予定)
【共催】
NPO法人男木島生活研究所(福井 大和 氏)
物語を届けるしごと(坂口 祐 氏)
【協力】
片野 牧  氏(子育て支援NPOフレンズ代表)
宮武 将大 氏(一般社団法人hito.toco代表理事)

■お問い合わせ先
公益社団法人高松青年会議所 ひとづくり委員会 理事委員長 北島 準章
〒760-0029 高松市丸亀町2番地13 高松丸亀町弐番街3号館4階
TEL(087)811-4677(平日9:00~12:00  13:00~17:00)
FAX(087)811-4678
E-mail: noriakikitajima@gmail.com
URL: http://www.takamatsu-jc.com/

イベントレポート Event report
今日は男木島へ。平日にもかかわらず朝一番のフェリーはとても混んでいます。高松市内の小学生たちと1泊2日で島をめぐり、島の自然や歴史文化を体感してもらうツアーがあります。私は、ガイド役として福井大和さんと島を歩きます。

I walked around Ogi island to explain about history and culture of the island with elementary students of Takamatsu city. I posted photo report below.


男木島に上陸


細い路地を進みます。
この日は高松の龍雲中学校の生徒さんたちも男木島に来ていたようです。



校歌


班に別れて役割を決めます。


福井大和さんと一緒に島のガイドを担当させていただきました!



各班に1人づつ記録係として子どもたちにカメラを持たせていたのですが、
やはり猫が人気でなかなか前にすすみません。


コチラはセミの抜け殻が人気


加茂神社


社殿に彫られたレリーフが何を表現したものなのか、
みんなでよく観察してもらいました。


東側


西側。よく見ると角が生えています。
そう、この絵は男木島に伝わる桃太郎伝説をモチーフに彫られたものではないかと想像できます。
鬼と桃太郎が殺し合いではなく、首相撲で決着をつけようという
なんとも、男木島らしい平和な解決方法が描かれています。


普通なら通りすぎてしまうようなものも、
クイズ形式にして細かく観察してもらいます。


神井戸


細い路地


オンバファクトリーの大島先生にもお話していただきました。


子どもたちも興味津々


聞いた話を熱心にメモをとっていました。


ニシ貝やサザエの貝殻は、昔、イイダコ壺に使われていました。


朝顔


子どもたちと男木島の豊玉姫神社へ。島のお爺ちゃんお婆ちゃんは、みんな毎日元気に昇り降りしよるんで、と話したら信じられない!ロープウェイとかないん?と、驚く子どもたち。


お昼ごはんは、伊織さんの豪華なビストロ


漁船


今日の瀬戸内海の色


お昼ごはんの後は、島で畑の収穫体験


島のお母さんにご指導いただきピーマンやトマトやナスといった
夏野菜をたくさん収穫させていただきました!


地元の漁師さんにお願いして、地引き網体験


鯛やタコや舌平目など、大漁です!


対岸にみえているのは、庵治石のとれる五剣山


めおん号



暑かったけど、天気に恵まれてよかったです。


収穫した野菜や魚を調理。
子どもたちにも食材を洗い、包丁で切る作業をしてもらいます。


大島青松園


男木島

新・喜びも悲しみも幾歳月 [DVD]
松竹 (2013-12-05)
売り上げランキング: 66,734

男木島で8年ぶりの小学校卒業式 The graduation ceremony of Elementary School at Ogi island

2016年3月16日、高松市立男木小中学校で、
宮下智宏さん(12)と福井ひなたさん(12)の卒業式がありました。
とてもいい卒業式でした。ひなたさん、智宏くん、卒業おめでとうございます!
卒業した二人は春からは島の中学生になります。
「明日という日が(詩:山本瓔子さん)」を唄う子どもたちの姿、
子どもたちの立派なスピーチをする姿がとても印象的でした。

The graduation ceremony of Elementary School was held at Ogi island. We were impressed by the song and speech of pupils in the graduation ceremony.

DSC_6540

DSC_6551

【全国から応援、蔵書は3500冊】島の図書館、男木島図書館。移住相談窓口も Ogi island library

高松港からフェリーで40分のところにある男木島(おぎじま)の古民家に
私設の「男木島図書館」が開館しました!
2014年春に移住された福井さんご夫婦を中心に、
島民のためだけではなく、島外からきた旅行者も使うことができる
島の交流拠点として、クラウドファンディングなどを使い、
古民家をリノベーションしてオープンすることができました。
作業には東北や関東など全国からおよそ120人が駆けつけてくれました。

男木島には、福井さん一家に続いてこの二年間で3世帯13人が移住し
休校していた小中学校も再開、5月から保育所も再開予定です。

Ogijima library was established at Ogi island. The old house was drastically renovated by young islanders, and newly opened. 120 people participated in volunteer work for construction. The island’s library holds 3500 books.

ogijima Library

男木島図書館
電話:080-3860-8401
場所:香川県高松市男木町148番地1[Google Maps]

冬期
日程:金曜/土曜/日曜/月曜
時間:13:00から17:00

Ogi island Library
Tel : 080-3860-8401
Place :148-1 Ogi town, Takamatsu city, Kagawa pref., Japan [Google Maps]

Winter
Opened : Friday / Saturday / Sunday / Monday
Hours : 13:00-17:00

2016年2月17日


看板


古民家


屋根を緑化


開館祝いに届けられた本。『ヴィヴィアン・マイヤー』


理事長の額賀順子さんと、男木島の写真を撮り続けている小倉快子さん。


古民家のリノベーションを中心になって担当した福井大和さん


「丸亀暮らし手帖」をお届け


槙塚鉄工所さん制作の薪ストーブ。かっこいい


男木島図書館が出版する島の記録。「男木本」


サインをしてもらいました。


天井


窓からの眺め


貸出しは無料です。
島外の方は文庫本のみ
会員カードのみ実費100円
貸出し期間は1ヶ月です


男木島・女木島・大島の方は、どの本でも貸出しOKです。


男木島への移住相談、受付けています。


SNSハッシュタグは、#OGIlib


男木島出身の小説家、西村望(にしむら ぼう)さん
『薄化粧(1980年)』、『丑三つの村(1981年)』、
『刃差しの街(1988年)』、『犬死にせしもの(1986年)』など


『母から子への民話―高松地方昔話集 (1976年)』


男木島の昔話


昔の男木島の風景


島ならではの郷土資料がそろっています。とても貴重です。


『ポンポン船の旅 瀬戸内漂泊(倉掛 喜八郎)』


香川県とも縁の深い、Haruki Murakami


台湾のCarol Linさんの瀬戸内本、『小島旅行』


なタ書の前にペピンのメンバーを発見


マイクロライブラリー、未来の図書館はじめませんか?


LRG。離島の情報環境


オリジナルグッズもあれこれ販売


懐かしい学校の椅子


はれときどきたこ。絵本もあります。


今日は新潟からはるばるお祝いしにやってきた
小倉さんの企画で「図書館の本を囲む会」が開催されました。


参加者それぞれに図書館の本棚から2冊を選び、それについて紹介し、
本のオススメカードを書くというもの。
私も紹介カードを書いて挟んできたのでよかったら探してみてください。
魚のマークが描いてあります。


Let’s Enjoy Reading


島を散策
サザエの貝殻が小さな花瓶に。


男木島cafe TACHI
香川県高松市男木町111


彩りあふれる漁船


豊玉姫神社


男木島のみなさん、ありがとうございました!
以下、フェリーからの眺めです。


五剣山


女木島港


フェリーの軌跡に泡が混じって、海水が透明なエメラルドグリーンになるのが好き。


ただいまたかまつ

男木島 民宿さくらの桜色のたこ飯 Octopus rice of Sakura inn, Ogi island

高松港からフェリーで40分のところにある男木島(おぎじま)の民宿さくらの旦那さんはタコ漁師。捕れたての新鮮なタコをつかったタコ飯を頂くことができます。民宿さくらさんのたこ飯、とってもおいしいです。

Ogi island is located at the 40 minutes ferry ride from Takamatsu Port. Husband’s inn “Sakura” in Ogi island is octopus fisherman. You can eat the octopus rice using freshly-caught fresh octopus. Inn Sakura’s octopus rice , is very tasty.

男木島 民宿さくら たこ飯
男木島 民宿さくらの桜色のたこ飯


とっても美味しいです。


男木島のオンバ(乳母車)。民宿さくらさんで使われているオンバはたこ模様。


民宿さくらのご主人は、たこ漁師さん。
とれたて新鮮なたこを民宿のご飯でいただけます。

男木島 漁師宿 民宿さくら
場所:香川県高松市男木町1番地 [Google Maps]
電話:087−873−0515

Fisherman’s inn “Sakura” at Ogijima island
Place : 1 Ogi island, Takamatsu city, Kagawa pref., Japan [Google Maps]
Tel : 087−873−0515

【映像】瀬戸内海上空より Above beautiful Seto Inland Sea

飛行機の中で撮影してすぐに編集。世界に誇る瀬戸内海の美しい夕景です。

I saw beautiful sunset from airplane above Seto Inland Sea, Japan today.
I took and edited these pictures immediately while aboard the airplane.

Above beautiful Seto Inland Sea | 瀬戸内海上空より from you sakana film on Vimeo.


四国に移住した2010年から瀬戸内海の有人島138島や
四国の漁村集落を渡り歩き撮影・記録することを
「物語を届けるしごと」というライフワークとして続けています。

瀬戸大橋

普段から瀬戸内海の地図を眺めているので飛行機から眺めてていると、
もちろん島の名前は全部わかるのですが、
さらになんども足を運んでいる島は「男木島の大島ご夫妻、島にいらっしゃるかな。」とか
「豊島の農民福音学校の台所にたつお母さんたち元気かな」と、
島で出会ったいろんな方の笑顔が浮かびます。

https://vimeo.com/yousakana/abovesetoinlandsea

「試みなければならないのは、山野のあいだに、
ぽつりぽつりと光っているあのともしびたちと、心を通じあうことだ。
(アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ)」


高松沿岸。マリーナや五色台がよく見えます。


女木島。今日も、橋本さんは島から高松のバーmareoに通っているのでしょうか。


男木島の民宿さくらさんのご夫妻や、オンバの大島ご夫妻、元気にしていますか。


豊島の農民福音学校のお母さんたちや、てしまのまどのアキリカさんの顔が浮かびます。


漫画家のひうらさとるさんや考古学者の乗松さんと歩いた直島諸島


せとうち暮らし写真部で真冬に行った犬島。

【2017年春日本初!】無人物流プラットフォーム「空飛ぶカモメの宅配便」 KamomeAir Project

買い物弱者問題や僻地医療問題など、少子高齢化に伴う地域課題を解決するため、
陸・海・空の無人機を使った物流実験「KAZAMIDORI(カザミドリ)」が
2017年春に日本で初めて瀬戸内海にて行われます。

kamome

「陸」「海」「空」次世代「島国型」ハイブリッド無人物流システム実証試験の実施について | KamomeAirプロジェクト – 香川県高松市の無人航空機 | UAS | ドローン(Drone)による、物資輸送・無人物流プロジェクト

株式会社かもめや(代表/小野 正人・香川県高松市)は、日本などの狭い国土に適応する「陸」「海」「空」無人物資輸送機を組み合わせた、次世代「島国型」ハイブリッド無人物流プラットフォーム「開発コードネーム:KAZAMIDORI(カザミドリ)」の実証実験を、2017年春より実施いたします。

併せて、離島に住まう患者への遠隔医療および医薬品定期配送等を目的とした、遠隔医療プラットフォーム「KamomeMedical(カモメ・メディカル)」の実証実験も順次開始いたします。これは少子高齢化による離島やへき地への物資輸送網の脆弱化に伴う、買物・医療難民の解消を目的としたもので、日本初の取り組みとなります。

2017年春:実証実験概要
香川県高松市沖の離島において、本土~離島間は無人航空機(UAS)または無人輸送船(UMV)を、また離島の港から各家庭までは無人輸送車(UGV)をそれぞれ用い、発送元から配達先までを繋ぐ、一連の無人物流に関する実証実験を行います。移動体・物流管理には自社開発の統合管理システム(”KAZAMIDORI” Integrated UTM)を活用します。
各地で進められている無人航空機(ドローン)のみを用いた物流システムの取組みとは異なり、人口密集地や狭小地、離島等における物資輸送を複数の物流手段を組み合わせることで、日本などの狭い国土に最適な「島国型」プラットフォームの実現を目指します。

Kamomeya Launches Proof of Concept of “Land” “Air” and “Sea” Next-Generation “Island-Model” Hybrid Unmanned Logistics Platform | KamomeAirプロジェクト – 香川県高松市の無人航空機 | UAS | ドローン(Drone)による、物資輸送・無人物流プロジェクト

Kamomeya Inc. (CEO: Masato Ono; Takamatsu, Kagawa, Japan) will launch a proof of concept of the next-generation “island-model” hybrid unmanned logistics platform “Kazamidori” in Spring 2017. The platform combines “land,” “air” and “sea” unmanned logistics vehicles, which can accommodate the narrow lands found in Japan and other countries.

Kamomeya will also commence a proof of concept of its telemedicine platform “KamomeMedical.” This system’s aim is to provide remote medical care and regular distribution of medicine for patients living on remote islands. This is the first project of its kind in Japan, which is targeted at resolving the problems of shopping and medical care that have arisen from the low birth rate and aging population of Japan, together with its fading logistics networks in the underpopulated areas.

From April 2017, the area of these experiments will be expanded to include other islands of the Seto-Inland Sea.

Outline of POC: Spring 2017
The proof of concept of unmanned logistics will be carried out on islands near Takamatsu City, Kagawa Prefecture. It will use an unmanned aircraft system (UAS) and an unmanned marine vehicle (UMV) between the mainland and the ports of the islands, and an unmanned ground vehicle (UGV) between the ports and the customers’ homes. Integrated Cargo and Unmanned Machines Traffic Management System “Kazamidori” (Integrated UTM) developed by Kamomeya will be used for logistics management.

若い移住者が増え、画期的なプロジェクトが次々と立ち上がっている、
瀬戸内海・男木島でまたひとつ新たな挑戦がはじまっています。
クラウドファンディング READYFORによる資金調達を達成し、
2015年1月18日(日)に高松~男木島のフライトがありました。

KamomeAir project is demonstration experiment of air transportation by small-scale helicopter between Ogi island and Takamatsu city, Kagawa pref., Seto Inkand Sea, Japan. The project is the world’s first project to connect isolate island and city by .


テストフライトの現場にやってきました。


カモメも応援しています。


こちらが輸送機。4つの回転翼で揚力を生み出すクワッドコプター(quadrocopter)です。


男木島にむけて待機中のドローン。


関係者や撮影チームの船が到着しました。


ドローンの発信指示はこちらの船からだされます。


5秒前からカウントダウン。5, 4, 3, 2, 1!!


クワッドコプターのエンジン音とともに機体が浮き上がりました。


あっという間に上空に飛んでゆきます。


船が並走します。向こうに見えているのは女木島。その隣に男木島があります。


数隻の船が並走しながら男木島へ向かいます。
ドローンはあっという間に肉眼では見えなくなってしまいました。


上にポツリと見えるのがドローン。


左が女木島、右が男木島。赤いのが定期航路を走るフェリーめおん号です。


男木島の集落。

離島間海上軽貨物輸送実証実験について – READYFOR?

日程:2015年1月18日(日)
時間:飛行時間:約20分
 リハーサルフライト出発予定時間:10:00~10:30
 リハーサルフライト到着予定時間:10:20~10:50
 本番フライト出発予定時間:14:00~14:30
 本番フライト到着予定時間:14:20~14:50
場所:高松~男木島 [Google Maps]
 離陸地点:高松市・朝日グリーンパーク海側広場
 着陸地点:男木漁港付近の空き地(男木島)

空飛ぶカモメの宅配便 KamomeAirプロジェクト

男木島は人口 約180人の静かな島で、人より猫がたくさんいると言われているほど。そんな島に、今年一つの奇跡が起こりました。瀬戸内国際芸術祭の開催をきっかけに、休校中だった小中学校に未就学児から中学一年生までの子ども8人のいる3世帯が男木島への移住を希望したことで、奇跡の再開を果たしたのです!今ではどこからともなく元気な子供たちの声が聞こえてくるようになり島が元気を取り戻しはじめました。

そんな男木島をさらに元気にするべく、得意分野を生かした世界初(*)の挑戦を行います!*”海上” における “離島間を結ぶ貨物輸送” という条件において世界初の実証実験となります。

資金以外の準備は全て完了済み。
すぐにでも実証実験がスタートできます。みなさんの力を貸してください!

空の産業革命と言われる、通称「ドローン」と呼ばれる無人で自動飛行ができる小型ヘリコプター(マルチコプター)を応用した、様々な実証実験が世界中で行われており、今年はドローン元年と言われているほどです。

そんなドローンを応用して、離島の不便を解消するためのサービスを実現するべく、高松港と男木港(およそ8km)間の海上を2kg程度の荷物を搭載して運搬する、世界初の実証実験に挑戦します!

海上という過酷な条件に耐えられるよう、貨物輸送専用設計の機体を開発依頼しており、サービスインまでに信頼性の高い「瀬戸内仕様」としての機体を完成させる予定です。既に検証用機体、万が一に備えた保険の準備や、法律関連の確認は整っており、すぐに実行できる体制になっています。