【4月16日(月)22:09〜女木島】瀬戸内の魅力を再発見&世界に発信するOHK岡山放送

タグ: , , , , , , ,

4月16日(月) 8ch OHK (岡山・香川)
16:04〜16:16頃予定 「なんしょん」 生放送
22:09〜 「瀬戸内日和」 女木島

2018年4月から毎週月曜夜に瀬戸内海の島々や町をご案内する番組「瀬戸内日和(せとうちびより)」のナビゲーターを務めさせていただくことになりました。一週間のはじまりに瀬戸内の風景に癒され、そこで暮らす島人に元気づいて頂けたら嬉しいです!

テレビ放送は岡山県・香川県のみですが、YoutubeInstagramにて配信予定ですので、ぜひ御覧ください。全世界に瀬戸内の魅力を発信します!

[Every Monday night at 22 PM] the TV show ” Setouchi Biyori ” on the Fuji Television series of OHK (Okayama pref. and Kagawa pref.). Yu Sakaguchi is program navigator. Today, April 16th (Mon) is also scheduled to appear on a live broadcast from around 16 pm. Please look at it if you like.

April 16th 8CH OHK (Okayama and Kagawa)
“Nanshon” live in about 16:00-
“Setouchi biyori” 22:09- Megi island
続きを読む 【4月16日(月)22:09〜女木島】瀬戸内の魅力を再発見&世界に発信するOHK岡山放送

瀬戸内海の鬼ヶ島、女木島の桜 – Cherry blossoms of Megi island

タグ: , , , , , ,

高松港から20分の沖合に浮かぶ、女木島(めぎじま)。香川県高松市でも有数の白砂のビーチがあり、夏には多くの海水浴客で賑わいます。そんな女木島にはおよそ3,000本もの桜が植えられており、鬼ヶ島伝説のある洞窟に向かう途中に桜のトンネルがお出迎え、瀬戸内海を一望できる標高188mの鷲ヶ峰展望台からも綺麗な桜を楽しむことができます。春の陽気に包まれて、桜散策に島旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

It’s takes 20min from Takamatsu city to Megi island by ferry (360yen one way). The island is famous for beautiful beach and ogre cave from momotaro legend. This island is great to visit during full cherry blossoms. 3,000 cherry trees are planted along the street and observation tower of the island (Mt. Washigamine / Elevation 188m). 続きを読む 瀬戸内海の鬼ヶ島、女木島の桜 – Cherry blossoms of Megi island

全長300mの池に浮かぶ桜並木、亀鶴公園 – Kagawa Pref. Kikaku park

タグ: , , ,

桜の季節になると、神社と亀島を結ぶ長さ300mの桜並木の下が、お花見の宴会場にかわり、
天気のいい日は朝から夜まで楽しげな声が賑やかに響きます。

Kikaku park, Kagawa prefectural park located in the Nagao-Myō Sanuki Kagawa Pref. in Japan.

Kikaku park is also known as a place of scenic beauty eastern part of Kagawa. Include “Kame-Jima (Turtle island)” rich natural forests may be other, more than of 300 species were identified, Iris Flower Field, cherry trees in the grounds. It is one of the cherry blossoms in the region east of praise, Sakura(Somei-Yoshino) has been planted on both sides about 300 Tong crest connecting the Usa shrine Kameshima side and especially over the 300m 20m in width and length. This area has become crowded with many blossom viewers, and the core. Bridge “Sakura” are lit up or tie side Kame-jima the “Comprehensive Park Nagao”, the season of flowers fountain is running especially.

続きを読む 全長300mの池に浮かぶ桜並木、亀鶴公園 – Kagawa Pref. Kikaku park

大名庭園・栗林(りつりん)公園、春のライトアップ Nighttime event of Cherry blossoms in Ritsurin Garden

タグ: , , , ,

香川県を代表する大名庭園「栗林(りつりん)公園」の桜のライトアップがあります。春の夜風に吹かれて、300本の桜の木の下を散歩してみてはいかがでしょうか。

In this season, the lighting-up event of cherry trees takes place in Ritsurin Garden, Takamatsu city, Kagawa pref., Japan. 350 cherry trees, many of which are found around the park’s main entrance and in the Western-style park section near the North entrance. 続きを読む 大名庭園・栗林(りつりん)公園、春のライトアップ Nighttime event of Cherry blossoms in Ritsurin Garden

【4月8日(日)まで無料】高松城跡 玉藻公園で夜桜のライトアップ – Night cherry blossoms of Takamatsu Castle

タグ: , , ,

香川県高松市の史跡高松城跡、玉藻公園の桜の馬場が桜の季節に期間限定で無料開放されており、多くの花見客で賑わいます。
In cherry‐blossom season, an admission-free event of Takamatsu Castle takes place annually. 続きを読む 【4月8日(日)まで無料】高松城跡 玉藻公園で夜桜のライトアップ – Night cherry blossoms of Takamatsu Castle

早起きして栗林公園の桜をみるのがオススメ – Special Beauty Spot “Ritsurin Garden” in the morning

タグ: , , ,

国指定の特別名勝でもある栗林公園のいいところは、早朝日の出の時刻から開園しているところです。4月~9月までは朝5:30にはオープンしています。ということで、週末の日中は混雑しているので、早起きして栗林公園の桜をみてきました。園内を散歩した後に、さか枝松下製麺所で朝うどんへ行くコースがオススメ!

In this season, the ritsurin garden is open from 5:30am in the morning. If you come to Takamatsu city in the spring and can wakeup early morning, please go to see cherry blossoms. After taking a walk around the garden, I recommend to go to eat Udon noodle. The early bird catches the worm. 続きを読む 早起きして栗林公園の桜をみるのがオススメ – Special Beauty Spot “Ritsurin Garden” in the morning

【今度はアニメーション!】ことちゃんのLineスタンプ第三弾

タグ: , ,

香川県高松市のローカル鉄道ことでんの駅員ことちゃんのLineスタンプ第三弾が発売されました!第一弾第二弾についで、第三弾 ことちゃん ことことすたんぷ 3rd -躍動-が発売になりました!第三弾は、アニメーションスタンプ。ことちゃんやことちゃんファミリーの躍動感溢れる動きを楽しむことができます。 続きを読む 【今度はアニメーション!】ことちゃんのLineスタンプ第三弾

【讃岐弁解説】「うどん県」は「ヤドン県」に改名しました

タグ: ,

エイプリルフールに『「うどん県」は、「ヤドン県」に改名しました。』と発表していたうどん県観光部長「五謝勇太郎(ごじゃゆうたろう)」さん。

「ごじゃ」とは、讃岐弁で「めちゃくちゃ」「でたらめ」という意味。「ごじゃはげ」は最上級にでたらめな状態のことを指します。なので、五謝勇太郎さんは、「ごじゃ言うたろう(めちゃくちゃ言ってやろう)」が名前の由来と思われます。 続きを読む 【讃岐弁解説】「うどん県」は「ヤドン県」に改名しました

白と紫のモクレンの木 – Purple and White Magnolia

タグ: , ,

香川県東かがわ市白鳥の山越えの道の途中に見事な、紫木蓮(シモクレン)とは白木蓮(ハクモクレン)が咲いていたので撮影させていただきました。

I took photographs of Purple and White Magnolia trees at Shirotori town, Higashi-kagawa, Kagawa pref., Japan. 続きを読む 白と紫のモクレンの木 – Purple and White Magnolia

四国唯一現存、日本国内最古の水車場「高原製粉精米水車場」 Takahara water mill

タグ: ,

高原水車の運転と見学者案内
日程:2018年3月31日(土)
時間:10:00〜15:00
場所:香川県高松市六条町672 [Google Maps]

水車解体の様子はこちら(2017年12月10日)
江戸末期につくられた水車が、香川県高松市六条町に残っています。驚いたのは、その水車を動力として精米や製粉をするための機構です。旧古川の水の流れを利用して直径約5.0mの木製水車の動力が建物中にめぐらされた歯車やベルトコンベアに伝わり、小麦の製粉やお米の精米を自動的に行う機構が施されています。

There is a mill that has machinery that is driven by water at Rokujo town, Takamatsu city, Kagawa pref., Japan. The architecture and tools were designated by the Government as tangible cultural properties. The water-wheel has about 500 years of history, and is used by the domain of Takamatsu. A water mill is a mill that uses moving water as its power source. It is thus a structure that uses a water wheel to drive a mechanical process such as milling , rolling, or hammering. Such processes are needed in the production of many material goods, including flour and rice. 続きを読む 四国唯一現存、日本国内最古の水車場「高原製粉精米水車場」 Takahara water mill

香川・桜のトンネル「竜桜(りゅうおう)公園」 – “Ryuo Park” Tunnel of cherry blossoms

タグ: , ,

香川県高松市香川町にある龍満池(りゅうまんいけ)の中央にある竜桜公園の桜が満開です。ため池の真ん中に伸びる参道を覆うように植えられた桜のトンネルが印象的です。

Ryuo Park is located in the center of Ryuman Ike (Ryuman Pond) at Kagawacho, Takamatsu City, Kagawa. The park features a long, straight path lined with stone lanterns. Be impressed by the cherry blossoms in the park, which bloom along the stone lanterns, as if coloring the sky.

住所:香川県高松市香川町川東上1865-13 [Google Maps]
Address : 1865-13 Kawahigashi kami, Kagawa town, Takamatsu city, Kagawa pref., Japan [Google Maps]

The cherry blossom path floating on the pond signals the arrival of spring. The environment has been improved with cherry trees planted on the dike, an arbor and other elements. Now this park attracts people as a popular cherry blossom spot. Experience Takamatsu 続きを読む 香川・桜のトンネル「竜桜(りゅうおう)公園」 – “Ryuo Park” Tunnel of cherry blossoms

【BSフジ3月31日(土) 23:00~】美しき酒呑みたち香川編

タグ: ,

BSフジの「美しき酒呑みたち」の香川編、俳優の新井浩文さん(@araihirofumi)、高橋努さんがこんぴらさんや讃岐うどんのお店を巡ります。事前にTwitterを通じて、香川県のオススメのお店や見どころを募集してロケ地を探されておりました。予告を見る限り、ひょっとしたら物語を届けるしごとでも紹介している大好きなお店「遊」が登場しそうな予感です。
3月31日(土)夜11時からBSフジにて放送! 続きを読む 【BSフジ3月31日(土) 23:00~】美しき酒呑みたち香川編

【日本のウユニ湖】仁尾の父母ヶ浜(ちちぶがはま)が美しい – Beautiful sunset of Chichibugahama beach

タグ: , , ,

香川県三豊市仁尾町の海岸線は西向きで、夕焼けをみに多くの観光客が訪れます。瀬戸内海の遠浅の白い砂浜は、裸足であるくと鏡のように風景をSNSでは、「日本のウユニ湖が香川にある!?」と話題になっている絶景です。

夏はとくに、山風と海風が切り替わる夕暮れ時に無風状態になる『夕凪(ゆうなぎ)』がおこりやすいので、水面が鏡のように空を映し出します。是非、足を運んでみてください。

I often see beautiful sunset of Chichibugahama beach at Nio town, Mitoyo city, Kagawa pref., Japan. It is called “Salar de Uyuni of Japan”. The calm surface reflected people’s features like a mirror. This is the first time I have ever seen such a beautiful sand beach.
続きを読む 【日本のウユニ湖】仁尾の父母ヶ浜(ちちぶがはま)が美しい – Beautiful sunset of Chichibugahama beach

水面に映る桜、鹿の井出水(しかのいですい) ”Shikanoidesui” Deer well water

タグ: , , ,

香川県高松市太田下町、サンフラワー通りから少しはいったところに、町中の喧騒から逃れ、静かで趣きのある石積みの小川がながれています。偶然みつけた時、「こんなところに、こんなに静かな水辺があったのか!」と驚きました。

1122年(保安3年)に讃岐の国が大干ばつに見舞われた時に、居石(おりいし)神社に現れた一匹の鹿が、前足で土を掘った場所から清水が湧いたという伝説がつたわっています。

「鹿の井出水(しかのいですい)」は1998年度(平成10年度)に、魅力ある農村(むら)づくり事業の一貫でとして176mの区間を石積み護岸や親水空間を整備してあります。

I found a peaceful landscape in the urban area of Takamatsu city, Kagawa pref., Japan. The place is called “Shikanoidesui”. It means deer well water.  According to the local legend of Takamatsu city, when it had terrible drought, a deer appeared at Oriishi shrine. And then the deer dig up the land, water gushed out from there. Therefore this space for water-lovers is called “Shikanoidesui” and it’s well-developed there.
続きを読む 水面に映る桜、鹿の井出水(しかのいですい) ”Shikanoidesui” Deer well water

【入居者募集】仏生山駅前の老舗の喫茶店「銀嶺(ぎんれい)」 Old coffee shop “Ginrei” at Busshozan

タグ: , ,

香川県高松市仏生山(ぶっしょうざん)の駅前にあった老舗の喫茶店「銀嶺(ぎんれい)」。劇団ペピン結構設計のまち歩き演劇の会場としてもつかわれた昭和レトロなお店、その後、町の観光案内所「門前町のまどぐち」や、期間限定のコーヒースタンドをされていました。娘さんがオープンしたコーヒースタンドに足を運んだところ、次々に昔から仏生山に住まわれている方たちが覗いては、この場所の思い出に語っておられました。また、高松市内においても、若い移住者が増えているものの、ここ仏生山には夜遅くにやっているお店はそれほど多くないため、仕事帰りにふらっと駅前にあるこのコーヒースタンドに寄るのが毎日の楽しみという若い方もおられました。 続きを読む 【入居者募集】仏生山駅前の老舗の喫茶店「銀嶺(ぎんれい)」 Old coffee shop “Ginrei” at Busshozan

木と暮らすこと、伝えたい。 KITOKURAS 山一木材

タグ: , ,

春には桃の花が咲き誇る心地よい森のなかにあるカフェ。木の香りに包まれてコーヒーがのめる大好きな場所です。

香川県丸亀市の里山に、無垢・天然乾燥・高齢樹の木材にこだわる材木屋「山一木材」さんがあります。「ほんまもんの木の良さを知ってもらいたい」という想いでカフェや家具、生活用品を販売するお店が集まる「KITOKURAS」が併設しております。

Tucked into the woods with balconies overlooking a lake, it is possible to relax and enjoy the scenery while sipping a drink. Plan on time to browse the little shops with handmade wooden gifts or sit in the private library and browse some volumes. This lovely restaurant begs the visitor to get in touch with nature rather than hurrying along.

Off the beaten path, the beautiful architectural design, great ambiance, and delicious food made my stop at this local jewel a wonderful and unexpected treat. It is on the way to Konpira-San and other attractions in Kagawa and Takamatsu.(TripAdvisor) 続きを読む 木と暮らすこと、伝えたい。 KITOKURAS 山一木材

香川県観音寺市が舞台モデルのTVアニメ『結城友奈は勇者である』

タグ: ,

コラボポスターやスタンプラリー、オリジナル切手など、TVアニメ『結城友奈は勇者である』と、作品舞台モデルである香川県観音寺市とのコラボレーション企画がさまざま展開されています。 続きを読む 香川県観音寺市が舞台モデルのTVアニメ『結城友奈は勇者である』

直島・新造船「あさひ」就航記念 船内内覧会

タグ: , , , ,

新造船「あさひ」就航記念 船内内覧会
日程:2018年3月10日(土)11:15~13:00
場所:直島宮浦港(香川県香川郡直島町宮ノ浦) [Google Maps]
料金:無料 続きを読む 直島・新造船「あさひ」就航記念 船内内覧会

くるりが高松のローカル鉄道ことでんの発車メロディを作曲!

タグ: , ,

香川県高松市民から愛されるローカル鉄道「ことでん(高松琴平電気鉄道)」瓦町駅の発車メロディに、くるりの楽曲「コトコト琴電」が採用されました!

Quruli (Kururi) is a Japanese music group formed in 1996. Mr. Shigeru Kishida who is a member of the group is train buff. His song “Koto Koto Kotoden” will become the departure song for Kawara-machi station of Kotoden (Takamatsu-Kotohira Electric Railroad). Kotoden is a transportation company in Kagawa Prefecture, which is on the island of Shikoku, Japan. 続きを読む くるりが高松のローカル鉄道ことでんの発車メロディを作曲!

【写真レポート】うどんでエネルギー補給!?6軒のうどん屋に立ち寄りながら約60kmを走るマラソン大会がうどん県で開催! – Ultra Udon‬ Marathon + Picnic‬

タグ: ,

2018年3月3日 写真レポートはこちら

全てのエイドステーションが「うどん」というウルトラマラソンの大会が、個性的なうどん屋さんの全面協力のもと香川県高松市で開催されます。瀬戸内海などの景色をめでながらピクニック気分で約60kmを走り、道中でうどん店6軒に立ち寄る「ウルトラうどんマラニック」です。マラニックとは、マラソン(marathon)とピクニック(picnic)を組み合わせた造語で、順位やタイムを重視しない、娯楽性の高いマラソンのこと。海辺や野山の景色を楽しんだり、途中で食事をとったりしながら、決められたコースに沿って走ります。 続きを読む 【写真レポート】うどんでエネルギー補給!?6軒のうどん屋に立ち寄りながら約60kmを走るマラソン大会がうどん県で開催! – Ultra Udon‬ Marathon + Picnic‬

【3月3日(土)始発より】SuicaやICOCAでことでんに乗れるように!

タグ: , ,

香川県高松市のローカル鉄道、ことでん(高松琴平電気鉄道)に、JRのSuicaやICOCA、PASMOなどの交通系ICカードでことでんに乗れるようになります。
続きを読む 【3月3日(土)始発より】SuicaやICOCAでことでんに乗れるように!

【105%達成!】外国人向け遍路宿オープンにむけクラウドファンディング。香川大生×志度寺

タグ: ,

四国遍路をしている外国人旅行者らが安心して気軽に泊まれる遍路宿を開設しようと、さぬき市の四国霊場八十六番札所・志度寺と香川大生が空き店舗の改修を進めるために、クラウドファンディングで支援を募り、2018年02月28日、無事に目標金額の105%(合計1,135,000円)を達成することができました。今後のプロジェクトの進行が楽しみです。

Shidoji temple and students of Kagawa univ. have succeeded the crowdfunding campaign to open a lodging facility where a traveler of Shikoku pilgrims stays. Shidoji temple is a temple in the Shikoku’s eighty-eight sacred places. 続きを読む 【105%達成!】外国人向け遍路宿オープンにむけクラウドファンディング。香川大生×志度寺

香川県高松市の移住サイト『高松市移住ナビ』がリニューアルしました!

タグ: ,

香川県高松市の移住サイト『高松市移住ナビ』がリニューアルしました!制作は株式会社ゴーフィールドさん。取材記事は四国若者会議の瑞田さん。私は、移住応援隊リーダーと広報アドバイザーを務めさせて頂きました。

高松市移住ナビ
https://www.takamatsu-iju.jp/ 続きを読む 香川県高松市の移住サイト『高松市移住ナビ』がリニューアルしました!

【東京・3/20オープン】瀬戸内海の手島出身のシェフの日本料理店「てのしま」 – Modern Japanese restaurant “tenoshima” at Tokyo

タグ: , , , ,

香川県丸亀市に属する丸亀港からフェリーで約1時間のところに位置する瀬戸内海の手島(てしま)出身の林亮平さんが店主をつとめる日本料理店「てのしま」が東京・南青山にオープンします。

てのしま
住所:東京都港区南青山1-3-21 1-55ビル2階 てのしま [Google Maps]
定休:日曜日と月二回不定休 →今月のお休み
時間:18時~24時(23時ラストオーダー)
予約:03-6316-2150

tenoshima
Opening hours: 18: 00-24: 00 (last order at 23: 00)
Closed : Sunday closed (We have irregular holiday 2 days in the month)
​Reservations : + 81-3-6316-2150 / info@tenoshima.com
Please note that we may not be able to answer the phone during business hours (18: 00 to 23: 00).
Address : 1-55 Building 2F, 1-3-21 Minami Aoyama, Minato-ku, 107-0062 Tokyo [Google Maps] 続きを読む 【東京・3/20オープン】瀬戸内海の手島出身のシェフの日本料理店「てのしま」 – Modern Japanese restaurant “tenoshima” at Tokyo

2月23日は富士山の日 – A day of Mt. Fuji

タグ: , ,

2月23日は #富士山の日 。こちらは富士山は富士山でも「讃岐富士」こと香川県にある飯野山(いいのやま)。標高は421mの気軽に登れる低山として人気を集めています。ちなみに、丸亀市観光協会によって定められた「讃岐富士の日」は毎年4月22日です。 続きを読む 2月23日は富士山の日 – A day of Mt. Fuji

Movies about travel at Shikoku and Setouchi islands, Japan – 四国・瀬戸内を海外発信している動画まとめ

タグ: , , , ,

Youtubeで四国や瀬戸内のことを海外に向けて発信している動画をまとめてみました。 

I’ve put together some movies about travel at Shikoku or Setouchi island in English

続きを読む Movies about travel at Shikoku and Setouchi islands, Japan – 四国・瀬戸内を海外発信している動画まとめ

猫まとめ – Cats’ photo

タグ: , , , , ,

2月22日は「ねこの日」。ねこネタが続いたので、これまで出会った猫の写真をまとめておきます。気に入った子がいたら、会いに行ったらあえるかも。

I organized cats’ photos who I met in my travel in Shikoku and islands of Seto Inland Sea into the article.Perhaps, you may meet them. 続きを読む 猫まとめ – Cats’ photo

【3月24日(土)朝8時〜 】高松・中央卸売市場特別開放 – The Takamatsu City Central Wholesale Market

タグ: ,

瀬戸内海でとれた魚があがり、新鮮な野菜や果物やお花が届く高松の中央卸売市場が毎月一回、一般の人向けに公開されています。 続きを読む 【3月24日(土)朝8時〜 】高松・中央卸売市場特別開放 – The Takamatsu City Central Wholesale Market

美しい店 ガーンヴ ラバーリ gaouv rabari

タグ: ,

香川県の西、観音寺(かんおんじ)という地にとても洗練された空間のお店があります。数々みてきた四国のお店の中でも、最も洗練された空間です。そこはまるで集落のように、分棟の建物ごとにそれぞれの世界が広がっています。オーナーが世界中を歩きながら集めてきた様々な道具や布には、ひとつひとつに生活の物語が詰まっていて語りかけてくるようです。どこを切り取っても絵になります。

お店の名前は、インド北西部 グジャラート地方に住むラバリ族に由来しています。ラバリ族の7割が遊牧民、あるいは半遊牧民で、他の民族とは生活様式が異なり、彼らの施す鮮やかな刺繍は、かなり古くからその芸術性が認められてきたそうです。

The oriental shop “gaouv rabari” is located at Kanonji city, Kagawa pref., Japan. The name “rabari” comes from rabari tribe who live in Gujarat, the western part of India. The shop achieves a polished space. You can feel and enjoy exotic mood. 続きを読む 美しい店 ガーンヴ ラバーリ gaouv rabari

【3月25日(日)まで】MIMOCAで写真家・荒木経惟展が開催中 – Nobuyoshi Araki-I, Photography

タグ: ,

荒木経惟(1940- )は、1960年代半ばの活動の初期から現在まで、都市、人、花、空、静物といった被写体をどれも特別視することなく等しく日常のこととして撮影し、それらのもつ「生」の生々しさ、また「生」と切り離すことのできない「死」を捉えてきました。生と死の比重がそれぞれの写真によって異なって感じられるさまは、人間の生死の揺らぎや荒木個人の人生の反映ともとれ、作品の魅力を増しています。
本展では、これまでに撮影された膨大な写真のなかから、腐食したフィルムをプリントする、写真に絵具を塗る、割れたレンズで撮影するなど、何らかの手が加わることによって生と死をより強く意識させたり、両者の境を撹乱させるような作品を中心に展示します。こうした試みは、荒木の時々の感情から生まれる写真への率直な欲求であり、そのような作品は、従来の枠にとらわれることなく新しいことに挑み、写真にも自身にも真摯に向き合う荒木の姿を改めて伝えてくれることでしょう。さらに、現在の荒木の生を示すものとして、本展のために制作された丸亀市出身の花人、中川幸夫(1918-2012)へのオマージュとしての「花霊園」、友人の遺品であるカメラで撮影した「北乃空」などの新作も出品し、写真と一体となった荒木経惟をご紹介します。

Since embarking as a photographer in the mid-1960s, Nobuyoshi Araki (1940-) has photographed cities, people, flowers, sky, and still lifes, viewing them all equally as everyday experiences, giving special treatment to none. Doing so, he has captured the “life” his subjects possess, with vivid realism, as well as “death” inseparable from “life.” In each photograph, the weight assigned to life and death seems to differ, a phenomenon, reflecting Araki’s own life and the ambivalence of life and death, that adds greater power and beauty to the photograph.
This exhibition selects, from Araki’s immense oeuvre, photographic works manipulated in some form to make us more strongly conscious of life and death and to blur the border between them. This may involve printing corroded film, brushing paint on the photo, or using a cracked lens. These actions are motivated by Araki’s honest desires toward photography arising from his feelings at the time. The works show him stepping outside conventions to try something new and looking with great honesty at photography and himself. Then, as photographic works showing Araki’s life today, we are also displaying pieces created especially for this exhibition —“Flower Cemetary,” his homage to Yukio Nakagawa (1918-2012), the noted Ikebana master from Marugame, and “Northern Sky,” a work taken using the camera of a deceased friend and associate—and other new works. An exhibition revealing Nobuyoshi Araki’s profound oneness with photography. 続きを読む 【3月25日(日)まで】MIMOCAで写真家・荒木経惟展が開催中 – Nobuyoshi Araki-I, Photography

天空の神社、七宝山から瀬戸内の島を眺める – Shrine gate in the sky. The view from Mt. Shippou

タグ: , , ,

香川県観音寺市の三豊市にまたがる、七宝山(しっぽうざん 444m)に登ってきました。観音寺の有明浜や燧灘(ひうちなだ)に浮かぶ伊吹島、サヌカイトでできた江甫草山(つくもやま)がみえる絶景に出会えました。

I went to Mt. Shippou (444m) at Kanonji city and Mitoyo city, Kagawa pref., Japan. I could see a stunning view of Ariake beach, Ibuki island and Mt. Tsukumo which was made from Sanukaito stone. 続きを読む 天空の神社、七宝山から瀬戸内の島を眺める – Shrine gate in the sky. The view from Mt. Shippou

【香川2/24-25梅まつり】梅の香りに誘われてメジロがやってきました Birds came to ume trees at the Ritsurin Garden

タグ: , , ,

香川県を代表する大名庭園、栗林公園(りつりんこうえん)には、約170本の梅が植わっておりこの季節、春らしい甘い香りに誘われて鳥がやってきます。毎年2月末には梅まつりが開催されるので、天気のいい日に足を運んでみてはいかがでしょうか。

The Ritsurin Garden Plum Festival held at Takamatsu city, Kagawa pref., Japan.

特別名勝栗林公園第11回梅まつり
日程:2018年2月24日(土)・25日(日)の2日間
場所:香川県高松市栗林町1-20-16 北梅林・南梅林 [Google Maps]

The Ritsurin Garden Plum Festival
Date : 24th, 25th February 2018
Address : 1-20-16 Ritsurin town, Takamatsu city, Kagawa pref., Japan [Google Maps]
続きを読む 【香川2/24-25梅まつり】梅の香りに誘われてメジロがやってきました Birds came to ume trees at the Ritsurin Garden

オランダのホテル宛に15年間毎週2〜3通届く謎の手紙。香川県東かがわ市から

タグ: ,

オランダのホテル宛に15年間毎週2〜3通届くという謎の手紙。手紙に記された郵便番号は、香川県東かがわ市。ペンネームは「DHR Kaor Yamamoto」と書いてあるものの、ホテル側は全く心当たりがなく、返信しても回答がないとのこと。東かがわの山本さん、どなたかご存知でしょうか。

Letters from Kagawa pref, Japan to Hotel of the Netherlands. 続きを読む オランダのホテル宛に15年間毎週2〜3通届く謎の手紙。香川県東かがわ市から

香川県丸亀市にマイクロブルワリー「MIROC BEER」 – Micro Brewery “MIROC BEER”

タグ: ,

香川県丸亀市にビール醸造所がオープンしたと聞いて行ってきました。丸亀駅から北側の港の方向に徒歩5分ほどの場所に位置しているので公共交通をつかっていくのも便利。商店街には丸亀ゲストハウス ウェルかめもできたので飲んで泊まっていくのも楽しそうです。

シックな雰囲気の内装を手掛けたのは、TEAM クラプトンの皆さん。メンバーの白石くんは四国食べる通信で一緒に農家さんの取材で通ったかつての戦友です。年齢層高めのグループから家族連れまで多くの人が訪れていました。英国のパブにはじめていったときに驚いたのは、日本の居酒屋のようにお酒を飲む大人の社交場としてのみならず、家族連れが足を運ぶ家族団らんの場所でもあるという落ち着いた雰囲気作りがよくできていることです。そんな場所になりそうな予感がして、今後がますます楽しみなお店です。

On 15th February 2018, A new Micro Brewery “MIROC BEER” opened at Marugame city, Kagawa pref., Japan.

続きを読む 香川県丸亀市にマイクロブルワリー「MIROC BEER」 – Micro Brewery “MIROC BEER”

瀬戸内が育んだ香川の海苔 – “Nori(Seaweed laver)”, a specialty of Kagawa pref.

タグ: ,

冬に瀬戸内を島旅するとフェリーから、海面上に浮かぶ四角い枠をよくみかけます。旅行者によく「あれは何ですか?」と聞かれるのですが、あれは、海苔養殖の網やハマチや牡蠣の養殖いかだです。ちなみに写真の船は、香川県で海苔の収穫に使われている通称「潜り船」。網の下に潜り込んで海苔を刈り取る仕組みになっており、県外でもみられる構造なのですが、発祥は直島なのだとか。 続きを読む 瀬戸内が育んだ香川の海苔 – “Nori(Seaweed laver)”, a specialty of Kagawa pref.

【写真レポート】香川県のローカル野菜、まんばを食べるイベント「まんばでマンボ」

タグ: ,

写真レポートはこちら

「まんばのけんちゃん」という香川県を代表する郷土料理があり、家庭料理はもちろんのこと、多くの居酒屋でも登場するご当地メニューのひとつです。そんな、香川県で古くから愛されてきた高菜の仲間の「まんば」をいっぱい食べよう!というユニークなイベントが開催されます。会場は香川県高松市のコポリドーナツさんの隣で開催されます。駐車場はないので、近隣のコインパーキングを利用するか、自転車や公共交通で足を運ぶのがよいとおもいます。 続きを読む 【写真レポート】香川県のローカル野菜、まんばを食べるイベント「まんばでマンボ」

瀬戸大橋から多島美と朝日を眺める「寝台特急サンライズ瀬戸」 Sleeper train “The Sunrise Seto”

タグ: , ,

四国に旅をお考えの皆さま。飛行機や新幹線も便利ですが、寝台特急の旅もオススメです。22時に東京駅を出発し、06時30分岡山駅、07時に瀬戸大橋から日の出(Sunrise/サンライズ)を眺め、翌朝7時30分に四国の香川県高松駅に到着します。寝台列車から眺める瀬戸内の風景は格別です。

ちなみに、2018年3~9月の金・土・休前日は、寝台特急「サンライズ瀬戸」下り列車が、こんぴらさんのある琴平駅まで延長運転します。瀬戸大橋から瀬戸の朝焼けを見て、こんぴらさんの麓に着く旅って、すごく神秘的で外国人旅行客に評判が良いようです。

The Sunrise Seto is an overnight sleeping car train service in Japan. The Sunrise Seto runs daily between Tokyo and Takamatsu in Kagawa Prefecture on the island of Shikoku. You can see the beautiful sunrise at Great Seto Bridge. 続きを読む 瀬戸大橋から多島美と朝日を眺める「寝台特急サンライズ瀬戸」 Sleeper train “The Sunrise Seto”

【1月31日まで】香川県高松市のローカル鉄道ことでんにまつわる小説募集!「半空文学賞」

タグ: , ,

香川県高松市のブックカフェ・バー「半空(なかぞら)」さんが、詩や小説などジャンルを問わず誰でも応募できる「半空文学賞」を定期的に開催しています。第3回は、高松市のローカル鉄道「ことでん(高松琴平電気鉄道)」さんが協力し「ことでん」にまつわる小説を募集しています。採用された作品は、駅での配布や車内の中吊りで掲示される予定とのこと。

The 3rd “Nakazora’s Literary Prize” will be done in collaboration with Kotoden. Kotoden is the local train company of Takamatsu city, Kagawa pref., Japan. Selected stories will be distributed across the main Kotoden stations, and may be displayed inside trains as well. 続きを読む 【1月31日まで】香川県高松市のローカル鉄道ことでんにまつわる小説募集!「半空文学賞」

瀬戸内のものづくりと物語に出会える場「Kitahama blue stories」

タグ: ,

香川県高松市の海辺の倉庫街、北浜アリーに『Kitahama blue stories』がオープンしました。光や香り、手触り、味わいなど五感に響く、瀬戸内の様々なものづくりをされている人々やその物語と出会える場所です。

New select shop “Kitahama blue stories” opened at Kitahama alley, Takamatsu city, Kagawa pref., Japan. Kitahama alley is new amusement area where used to be a warehouse town. Cafe & bar, restaurant, general store, and interior shop are gathered. 続きを読む 瀬戸内のものづくりと物語に出会える場「Kitahama blue stories」

【写真レポート】今年はせとうち暮らし特集!TURNSカフェかがわ

タグ: ,

‪TURNSカフェかがわにお越しいただいた皆さま、ありがとうございました!島好きの方も多く、ゲストの皆さまのリアルな島暮らしのお話のおかげで、身のあるトークイベントになったと思います。仕事を見つける前にとりあえず移住しようと思っているという若者から、島の雰囲気に惹かれて家を探しているという方など、様々な方のお話を聞くことができて楽しかったです。まずは、これをきっかけに四国や瀬戸内の皆さんと繋がって、実際に足を運んでいただけますと嬉しいです。次は皆さま、瀬戸内でお会いしましょう。‬ 続きを読む 【写真レポート】今年はせとうち暮らし特集!TURNSカフェかがわ

火を囲み朝日を出迎える、小豆島のとんど Tondo at Shodoshima island

タグ: , , , ,

世界に誇る日本の火祭り、とんど。「左義長(さぎちょう)」や、「どんと」などとも呼ばれていて、小正月(1月15日)前後に日本各地で行われています。お正月に神様を迎え入れたしめ飾りを集めて燃やし、見送る意味があります。小豆島には、数多くのとんどが行われていて地域によってその形が異なると聞いて前日の組み立てから、翌朝に燃やすところまで見学•撮影させていただきました。子どもから大人まで地域の人たちが集まり、浜辺で火を囲んで話をする。こんな光景が日本各地に広がっていると想像すると面白いです。とても心温まりました。

参考:小豆島のトンド – 瀬戸内生業史ノート

I proud of this Japanese fire festival “Toudo”. Tondo is the Japanese local fire festivals which are held in many places around 15th January (Ko shogatsu). They bring Shimenawa (enclosing rope) which has been use in their house on New Year’s Day and make big rorch by banboo them. Shimenawa are lengths of laid rice straw rope used for ritual purification in the Shinto religion. I went to Shodoshima island and take photographs of Toudo festival. The shapes of torch are different by each area in the island. People talked with each other around the fire. It was so beautiful Japanese annual festival.
続きを読む 火を囲み朝日を出迎える、小豆島のとんど Tondo at Shodoshima island

分かち合うコミュニティの形。小豆島のわりご弁当

タグ: , ,

四国村でお弁当箱の展覧会が開催されています。高松市U40のメンバーでもある学芸員の西谷さんの企画です。今回はなんと、安藤忠雄さん設計の四国村ギャラリーにて、物語を届けるしごとの撮影した小豆島農村歌舞伎やわりご弁当の写真を印刷・展示していただいております。チラシやチケットにも写真を可愛らしく使って頂いております。ありがたい。

小豆島に江戸時代から伝わる農村歌舞伎の際に、家族や親戚同士で分け合いながら食べる「わりご弁当」というお弁当箱があります。みんなで分かち合う地域コミュニティの在り様が、お弁当箱のカタチに現れているところが、とても興味深いです。そんな、わりご弁当をはじめ、様々なお弁当箱を愛でることができる展覧会が、四国村で開催しています。ぜひ、紅葉狩りと合わせて足を運んでみてください。 続きを読む 分かち合うコミュニティの形。小豆島のわりご弁当

香川の郷土料理「まんばのけんちゃん」または「ひゃっかの雪花」

タグ: ,


香川県の冬を代表する伝統野菜、万葉(まんば)。アブラナ科カラシナ類に属する高菜の一種。濃い紫色の混じった葉っぱを外側から採っても次々と生えてくることから、東讃では「万葉(まんば)」、西讃では「百貫(ひゃっか)」と呼ばれています。
郷土料理の「まんばのけんちゃん」は香川県内の居酒屋でもよくみかけるメニューなので、香川に来たらぜひ頼んでみてください。

Mamba no Kenchan
Mamba is a kind of leaf mustard. It grows large dark purple leaves during winter when not many colored vegetables are around. Even when the outer leaves are taken away, new leaves grow one after another. For this reason, it has various names such as mamba, semba, hyakkan, and in the Seisan (West Kagawa pref.) area it is called ‘hyakka’, a variation of hyakkan. In Tosan area (East Kagawa pref.) it is called ‘mamba’. The name Kenchan comes from kenchin, a shippoku dish where thinly cut vegetables and tofu are fried together. (kyoudo-ryouri.com) 続きを読む 香川の郷土料理「まんばのけんちゃん」または「ひゃっかの雪花」

香川の雑煮は、白味噌にあん餅が入った「あん餅雑煮」 “Anmochi zoni”, local food of Kagawa pref.

タグ: ,

香川県の正月の味といえば、白味噌のあんもち雑煮。
文字通り、甘い白味噌に甘いあんこ餅が入っています。
ダシは讃岐うどんと同じいりこダシ、
具材は、地域や家によって異なり、
香川県産品の金時人参や、里芋や、青のりなどはいっています。

In Japan, we have rice cakes boiled with vegetables (Zouni) on New Year’s Day. Anmochi zouni, sweet rice-cake and white miso soup is Kagawa’s local food for new year. Rice cake (Mochi) covered in red bean jam, sweet carrot, taros, green dried seaweed are in the white sweet miso soup. 続きを読む 香川の雑煮は、白味噌にあん餅が入った「あん餅雑煮」 “Anmochi zoni”, local food of Kagawa pref.

香川県高松市の海外発信サイト「Experience Takamatsu」公開しました!

タグ: ,

香川県高松市の訪日外国人向け観光情報サイト「Experience Takamatsu(エクスペリエンス高松)」が公開されました!高松市を「堪能する、体験する、五感で感じる」ことをコンセプトとしたサイトで、和三盆体験や、栗林公園(りつりんこうえん)の和船体験男木島女木島の散策など、高松市内で体験できることを中心に紹介しております。日本語、英語、中国語(簡体語・繁体語)、韓国語(ハングル)の5ヶ国語対応です。バスの乗り方やレンタサイクルやコインロッカーの使い方などの情報も充実させていきますので、ぜひ海外からのお客様がこられた際にはこちらのサイトをご活用いただければ幸いです。

私は、高松市役所様株式会社ゴーフィールド様と一緒に、サイトのコンセプトづくりや取材先の選定、メインビジュアルや記事の写真を担当させていただきました。文章は、高松市地域おこし協力隊の小瀧恵理さんと雑誌「IKUNAS(イクナス)」のチーム、動画は南川昌輝さん。高松市のゲストハウス若葉屋さんKinco.さんにも外国人旅行者に必要な情報などをアドバイスしていただきました。ありがとうございます!

Art City Takamatsu Reopens as Experience Takamatsu -Sense of Wonder-. Here, we deliver information on seasonal events and festivals, and other useful information for your trip. I
took photographs of main visual and articles of website. Experience Takamatsu opened its Official Instagram Account. 続きを読む 香川県高松市の海外発信サイト「Experience Takamatsu」公開しました!

これぞ一歩一景!大名庭園・栗林公園を景観の視点で歩いてみる

タグ: , ,

2016年1月19日
石積み学校で有名な、東京工業大学の真田純子先生と香川県高松市の大名庭園、栗林公園(りつりんこうえん)を歩いてきました。栗林公園は、「一歩一景を誇る大名庭園」を売りにしており、文字通り、一歩一歩あるくごとに様々な仕掛けが用意され、次々に展開する風景を楽しむことができます。ではこの「一歩一景」になぞって、作庭した人の目線に立って今一度、新しい栗林公園の楽しみ方を紐解こうという試みです。詳細は、マップやガイドブックなどでお知らせすることになりますのでお楽しみに。

During the Edo period, Shogun (Head of the lords) or Daimyos (feudal lords) often constructed a landscape garden in the go round style within their castles and residences in Edo where they could walk around (Daimyo gardens are typical in ponds and Tsukiyama (artificial hill in the garden) and promenades in the garden and they were called Chisen-Kaiyu-shiki-teien (go around the pond style garden). 続きを読む これぞ一歩一景!大名庭園・栗林公園を景観の視点で歩いてみる

【12/3(日)18時〜中四国8局ラジオ放送!】香川発さぬきの冬はあったか〜い

タグ: ,

月に一度、西日本放送の波乗りラジオにゲストとしてお話させていただいております。今回は、中四国ライブネットにてメインパーソナリティを熊谷富由美さんと務めさせていただきます。特集テーマは、「香川発 さぬきの冬はあったか〜い☆」。東かがわの手袋や讃岐うどんなど、香川県のいろんなほっこり温まる話題を紹介したいと思います。ぜひ聴いてください! 続きを読む 【12/3(日)18時〜中四国8局ラジオ放送!】香川発さぬきの冬はあったか〜い