瀬戸内のものづくりと物語に出会える場「Kitahama blue stories」

香川県高松市の海辺の倉庫街、北浜アリーに『Kitahama blue stories』がオープンしました。光や香り、手触り、味わいなど五感に響く、瀬戸内の様々なものづくりをされている人々やその物語と出会える場所です。

New select shop “Kitahama blue stories” opened at Kitahama alley, Takamatsu city, Kagawa pref., Japan. Kitahama alley is new amusement area where used to be a warehouse town. Cafe & bar, restaurant, general store, and interior shop are gathered. 続きを読む 瀬戸内のものづくりと物語に出会える場「Kitahama blue stories」

【1月20日(土)東京】今年はせとうち暮らし特集!TURNSカフェかがわ

直島、豊島、小豆島に移住された方の話をお聞きしたいと思います。私は司会を務めさせていただきます。関東にお住まいで、島ぐらしに興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

TURNSカフェかがわ 続きを読む 【1月20日(土)東京】今年はせとうち暮らし特集!TURNSカフェかがわ

火を囲み朝日を出迎える、小豆島のとんど Tondo at Shodoshima island

世界に誇る日本の火祭り、とんど。「左義長(さぎちょう)」や、「どんと」などとも呼ばれていて、小正月(1月15日)前後に日本各地で行われています。お正月に神様を迎え入れたしめ飾りを集めて燃やし、見送る意味があります。小豆島には、数多くのとんどが行われていて地域によってその形が異なると聞いて前日の組み立てから、翌朝に燃やすところまで見学•撮影させていただきました。子どもから大人まで地域の人たちが集まり、浜辺で火を囲んで話をする。こんな光景が日本各地に広がっていると想像すると面白いです。とても心温まりました。

参考:小豆島のトンド – 瀬戸内生業史ノート

I proud of this Japanese fire festival “Toudo”. Tondo is the Japanese local fire festivals which are held in many places around 15th January (Ko shogatsu). They bring Shimenawa (enclosing rope) which has been use in their house on New Year’s Day and make big rorch by banboo them. Shimenawa are lengths of laid rice straw rope used for ritual purification in the Shinto religion. I went to Shodoshima island and take photographs of Toudo festival. The shapes of torch are different by each area in the island. People talked with each other around the fire. It was so beautiful Japanese annual festival.
続きを読む 火を囲み朝日を出迎える、小豆島のとんど Tondo at Shodoshima island

【1月14日(日)まで】分かち合うコミュニティの形。島のわりご弁当「四国村・お弁当箱ライブラリー展」

四国村でお弁当箱の展覧会が開催されています。高松市U40のメンバーでもある学芸員の西谷さんの企画です。今回はなんと、安藤忠雄さん設計の四国村ギャラリーにて、物語を届けるしごとの撮影した小豆島農村歌舞伎やわりご弁当の写真を印刷・展示していただいております。チラシやチケットにも写真を可愛らしく使って頂いております。ありがたい。

小豆島に江戸時代から伝わる農村歌舞伎の際に、家族や親戚同士で分け合いながら食べる「わりご弁当」というお弁当箱があります。みんなで分かち合う地域コミュニティの在り様が、お弁当箱のカタチに現れているところが、とても興味深いです。そんな、わりご弁当をはじめ、様々なお弁当箱を愛でることができる展覧会が、四国村で開催しています。ぜひ、紅葉狩りと合わせて足を運んでみてください。 続きを読む 【1月14日(日)まで】分かち合うコミュニティの形。島のわりご弁当「四国村・お弁当箱ライブラリー展」

香川の郷土料理「まんばのけんちゃん」または「ひゃっかの雪花」


香川県の冬を代表する伝統野菜、万葉(まんば)。アブラナ科カラシナ類に属する高菜の一種。濃い紫色の混じった葉っぱを外側から採っても次々と生えてくることから、東讃では「万葉(まんば)」、西讃では「百貫(ひゃっか)」と呼ばれています。
郷土料理の「まんばのけんちゃん」は香川県内の居酒屋でもよくみかけるメニューなので、香川に来たらぜひ頼んでみてください。

Mamba no Kenchan
Mamba is a kind of leaf mustard. It grows large dark purple leaves during winter when not many colored vegetables are around. Even when the outer leaves are taken away, new leaves grow one after another. For this reason, it has various names such as mamba, semba, hyakkan, and in the Seisan (West Kagawa pref.) area it is called ‘hyakka’, a variation of hyakkan. In Tosan area (East Kagawa pref.) it is called ‘mamba’. The name Kenchan comes from kenchin, a shippoku dish where thinly cut vegetables and tofu are fried together. (kyoudo-ryouri.com) 続きを読む 香川の郷土料理「まんばのけんちゃん」または「ひゃっかの雪花」

香川の雑煮は、白味噌にあん餅が入った「あん餅雑煮」 “Anmochi zoni”, local food of Kagawa pref.

香川県の正月の味といえば、白味噌のあんもち雑煮。
文字通り、甘い白味噌に甘いあんこ餅が入っています。
ダシは讃岐うどんと同じいりこダシ、
具材は、地域や家によって異なり、
香川県産品の金時人参や、里芋や、青のりなどはいっています。

In Japan, we have rice cakes boiled with vegetables (Zouni) on New Year’s Day. Anmochi zouni, sweet rice-cake and white miso soup is Kagawa’s local food for new year. Rice cake (Mochi) covered in red bean jam, sweet carrot, taros, green dried seaweed are in the white sweet miso soup. 続きを読む 香川の雑煮は、白味噌にあん餅が入った「あん餅雑煮」 “Anmochi zoni”, local food of Kagawa pref.

香川県高松市の海外発信サイト「Experience Takamatsu」公開しました!

香川県高松市の訪日外国人向け観光情報サイト「Experience Takamatsu」が公開されました!高松市を「堪能する、体験する、五感で感じる」ことをコンセプトとしたサイトで、和三盆体験や、栗林公園(りつりんこうえん)の和船体験男木島女木島の散策など、高松市内で体験できることを中心に紹介しております。日本語、英語、中国語(簡体語・繁体語)、韓国語(ハングル)の5ヶ国語対応です。バスの乗り方やレンタサイクルやコインロッカーの使い方などの情報も充実させていきますので、ぜひ海外からのお客様がこられた際にはこちらのサイトをご活用いただければ幸いです。

私は、高松市役所様株式会社ゴーフィールド様と一緒に、サイトのコンセプトづくりや取材先の選定、メインビジュアルや記事の写真を担当させていただきました。文章は、高松市地域おこし協力隊の小瀧恵理さんと雑誌「IKUNAS(イクナス)」のチーム、動画は南川昌輝さん。高松市のゲストハウス若葉屋さんKinco.さんにも外国人旅行者に必要な情報などをアドバイスしていただきました。ありがとうございます!

Art City Takamatsu Reopens as Experience Takamatsu -Sense of Wonder-. Here, we deliver information on seasonal events and festivals, and other useful information for your trip. I
took photographs of main visual and articles of website. Experience Takamatsu opened its Official Instagram Account. 続きを読む 香川県高松市の海外発信サイト「Experience Takamatsu」公開しました!

これぞ一歩一景!大名庭園・栗林公園を景観の視点で歩いてみる

2016年1月19日
石積み学校で有名な、東京工業大学の真田純子先生と香川県高松市の大名庭園、栗林公園(りつりんこうえん)を歩いてきました。栗林公園は、「一歩一景を誇る大名庭園」を売りにしており、文字通り、一歩一歩あるくごとに様々な仕掛けが用意され、次々に展開する風景を楽しむことができます。ではこの「一歩一景」になぞって、作庭した人の目線に立って今一度、新しい栗林公園の楽しみ方を紐解こうという試みです。詳細は、マップやガイドブックなどでお知らせすることになりますのでお楽しみに。

During the Edo period, Shogun (Head of the lords) or Daimyos (feudal lords) often constructed a landscape garden in the go round style within their castles and residences in Edo where they could walk around (Daimyo gardens are typical in ponds and Tsukiyama (artificial hill in the garden) and promenades in the garden and they were called Chisen-Kaiyu-shiki-teien (go around the pond style garden). 続きを読む これぞ一歩一景!大名庭園・栗林公園を景観の視点で歩いてみる