高松市役所職員向けの情報発信研修 Takamatsu information transmission

今日は、高松市役所職員向けの研修で情報発信についてお話しさせて頂きました。1時間の枠の中に、講義とワークショップを入れ込むのはなかなかハードでしたが、なんとかおさめることができました。参加してくださった皆さま、ありがとうございました😊引き続き、広報アドバイザーや創造都市高松U40などで、よろしくお願い致します。

#uptakamatsu

瀬戸内海の豊島で船舶免許を取りました!

豊島のウサギニンゲン夫妻の呼びかけで、全国から集まったおじさん5人。3泊4日の合宿を経て、無事に全員『二級小型船舶操縦士』の資格を取得できました!
20t未満の船で、平水区域(湖、川、港湾など)と、沿岸から5海里(9.26km)を航行することができます。瀬戸内海ならほぼ全域カバー。
瀬戸内海や四国各地の食にまつわる風景を撮影•記録しているのですが、これからさらに物語を届ける旅の幅が広がります!

I got SMALL VESSEL OPERATOR LICENSE at Teshima island, Seto Inland Sea, Japan.

マツコとキムタク 千葉の思い出

小学校3・4年の2年間を朝日ヶ丘小学校のある、千葉県稲毛・検見川周辺で過ごしました。どうやら同じ頃、マツコ・デラックスさんと木村拓哉さんもこの町で暮らしていたそうで、テレ朝の番組でこの土地の話を2人がしていて、懐かしい風景が蘇りました。

私の空間認知能力が鍛えられ、地形好きになったのは、間違いなくこの2年間があったからです。街中や野山を駆け回り、道脇の側溝でミニ四駆を走らせていた記憶は、ストリートビューで見ていても思っていたより公園や街全体の大きさが小さいなと感じるくらいで、道の一本一本、生えている街路樹の種類までほとんど一致します。

写真を撮る時に、対象をどの角度からどう撮るとベストかどうか考える癖があるので、子どもの頃のこうした経験はすべて財産になり得ますね。

Google Maps

実は、曽祖父は高松の農家

2010年に四国には知り合いゼロで移住してきた私ですが、その後、祖母が愛媛県愛南町のお寺の出身ということを知り、さらに祖母の父、つまり私の曽祖父は高松の農家の子として生まれ、讃岐木田郡の平井佐四郎家の三男であった高幢龍暢大僧正(たかはたしゅうちょう)さんの弟子として出家し、愛媛県愛南町の四国40番札所、観自在寺(かんじざいじ)の養子として僧侶になったそうです。

つまり、曽祖父は香川県高松生まれ、祖母は愛媛県愛南町生まれ。ということで、私には四国の血が流れているようで、無意識にも自分のルーツを辿って四国にやってきたのかもしれません。

I・J・Uターンにつづいて、自分のROOTSを辿る『Rターン』です。とはいえ、まだ高松のどのあたりの農家だったのかなどは良くわかっていないので、引き続き調査しております。奇遇にもひ孫の私は、食とか農業に関わる仕事をしているので、曾祖父ちゃんがどこでどんな農作物をつくっていたのか気になります。木田郡の平井さんってまだいらっしゃるのかな。探偵ナイトスクープにでも依頼しようかな。

雑誌Wedge(ウェッジ)に高知県室戸の蜂谷くんが登場

ちょっと前の誌面ですが。雑誌Wedge(ウェッジ)に高知県室戸市で海藻の陸上養殖などを手がける蜂谷くんの活動が紹介されています。
先日、神山のトークイベントの時にお礼にと献本いただいたのですが。聞くと、昔の私の講演会で、「四国にはこんな面白いことしている若者がいますよ!」っえ蜂谷くんの活動を熱弁していたのを、聞いてくださった方が編集部に推薦してくださったそう。こまめに四国の魅力を発信していると、どこでなにが繋がるかわかりませんね。
四国経済産業局の四国びとで取材させて頂き、四国食べる通信でお世話になってから数年経ち、新たな事業が広がりつつある蜂谷くんの活動。ぜひ、書店でバックナンバーを手にとってみてください。

インタビュー記事 四国びと 四国経済産業局

雑誌『瀬戸内スタイル』創刊しました!

瀬戸内スタイル。まもなく完成。私も、瀬戸内の『食のランドスケープ』について連載しております。最新号は、岡村島よりお届けします。

せとうちスタイルvol.1
せとうちスタイルvol.1

posted with amazlet at 17.05.21
瀬戸内人 (2017-04-25)
売り上げランキング: 25,266

日本農業新聞 2017年3月5日(日) 

日本農業新聞に、徳島県佐那河内村(さなごうちそん)の季節の広報誌『さなのごちそう便り』と、食材を届ける情報誌『四国食べる通信』について掲載していただきました。ありがとうございます。‬


日本農業新聞(2017年3月5日(日) )

価値ある「物語」の発信を
共感を生み出すローカルメディア
ふるさと回帰支援センター 副事務局長 嵩和雄さん

高松市創造都市推進懇談会 U40 2017

今夜は、創造都市高松について考える40歳以下の集まり『高松市創造都市推進懇談会 U40』
委員の皆さんから出た90ものアイディアを整理整頓。できない理由より、できる方法を。
次回は、3月2日瓦町FLAG8Fで開催します。どなたでも見学できます。

【第3回U40(3期)】
日時:2017年3月2日(木)18:30~20:30
場所:瓦町FLAG8階 IKODE瓦町 多目的スタジオ