客船「guntû(ガンツウ)」が父母ヶ浜沖に漂泊!

客船「guntû(ガンツウ)」が、香川県三豊市仁尾町沖に現れました。日本のウユニ湖としてInstagramで爆発的な人気を誇る父母ヶ浜(ちちぶがはま)から、見ることができたのでご紹介します。父母ヶ浜には、この日も多くの観光客が朝から撮影に来ておりました。

2018年7月15日


釣り


潮干狩り


洋上に浮かぶホテル。そのシルエットは他の船とは明らかに違うのでとても目立ちます。

2017年1月13日
広島県尾道市にあるベラビスタマリーナを出発し、瀬戸内海の景勝地を周遊する新造船「ガンツウ(guntu)」が2017年9月に就航しました。広島県の宮島、愛媛県の松山・しまなみ海道の大三島・香川県の丸亀などの寄港地により、各地ならではのアクティビティが用意されております。

guntu(ガンツウ) | まだ、どこにもない旅へ。

それは、せとうちの海に浮かぶ、ちいさな宿。

地産地消にこだわり、
瀬戸内海の旬の食材を
心ゆくまでご堪能いただく食事。
きめ細やかなおもてなしから、
インテリア、アメニティ、美術品にいたるまで。
隅々まで趣向を凝らした清謐(せいひつ)な空間で、
「ただ、過ぎゆく時を愉しむ」という贅沢。

船旅だからこそ味わうことのできる、
島の文化、景観の美しさ、
そして、その土地ならではのアクティビティ。

人、暮らし、自然と寄り添い、
変化する風景を心に焼き付けながら、
島々を巡る旅へ。

せとうち、漂泊

お問い合わせは、こちら

瀬戸内の新しい旅を提案する「ガンツウ」の船上クルー募集
ツネイシLR株式会社(所在地:広島県福山市沼隈町常石1083番地、代表取締役社長 神原秀忠/以下、ツネイシLR)は、株式会社せとうちホールディングス(所在地:広島県尾道市浦崎町1364番地6、代表取締役会長 神原勝成)が、2017年9月に運航事業を開始する新造船「ガンツウ(*)」の乗客サービスを担うことにともない、接客サービスや、観光・アクティビティを提案するアクティビティコンシェルジュなど、船上クルーの募集を10月より開始します。

ツネイシLRは「ガンツウ」の乗客サービスの提案を通じて、瀬戸内を巡る新しい旅を提案する、せとうちホールディングスの新たな価値創造に貢献していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください