香川県高松市庵治町にアトリエを構える世界的な彫刻家「流政之」 – Japanese sculptor Masayuki Nagare

香川県高松市庵治町にアトリエを構える世界的な彫刻家、流政之(ながれ・まさゆき)さんが95歳で亡くなられました。ご冥福お祈りいたします。四国村やJR高松駅周辺、百十四銀行など各地に流さんの作品があります。香川県高松市の庵治・牟礼エリアは、ジョージナカシマ記念館やイサム・ノグチ庭園美術館など世界的に活躍するアーティストの拠点が集まっており注目が集まっております。

Masayuki Nagare (流 政之 Nagare Masayuki, born February 14, 1923) is a modernist Japanese sculptor, nicknamed “Samurai Artist” for his commitment to traditional Japanese aesthetics. Nagare’s works include Cloud Fortress, which survived the 9/11 attacks at the World Trade Center (New York City) but was destroyed in the rescue and recovery efforts, Hamaritsurin Garden in Seto Ohashi Commemorative Park (Kagawa Prefecture, Japan).
続きを読む 香川県高松市庵治町にアトリエを構える世界的な彫刻家「流政之」 – Japanese sculptor Masayuki Nagare

【直島・写真レポート】日比野克彦さんと考える島づくりワークショップ

アーティスト日比野克彦さんと考える島づくりワークショップを、瀬戸内海の直島にて開催!小豆島の大塚一歩さん、男木島の福井大和さん、直島の山岸紗恵さんと共に、ワークショップのテーマリーダーを努めさせて頂きました。各地からたくさんの来場者が直島に集合し、個性豊かな4つの島がつくられました。お越し頂いた皆様、ありがとうございました! 続きを読む 【直島・写真レポート】日比野克彦さんと考える島づくりワークショップ

海の見ながらいただく島の味「粟島・民宿ぎんなん」 – Awashima island “Ginnan”

瀬戸内海の淡島にある、1日1組限定の贅沢な民宿。アーティストの藤井フミヤさんが、もう一度行きたい場所として、TV番組で紹介していたお宿としても知られています。粟島の島で獲れた野菜や魚料理、伝統料理の茶粥をいただくことができます。店主の宮崎由美子さんや、近所でブイブイガーデンという場所をつくっているえっちゃんのお二人の明るい雰囲気と目の前の瀬戸内の絶景に癒やされます。海の幸はもちろんのこと、ひじきや野菜も島で採れたもの。どの料理も手間暇がかかっていてとっても美味しかったです。ごちそうさまでした!!

You can eat delicious dishes at inn “Ginnan”. Ginnan is a private house providing bed and meals of Awashima island, Seto Inland Sea, Japan. 続きを読む 海の見ながらいただく島の味「粟島・民宿ぎんなん」 – Awashima island “Ginnan”

客船「guntû(ガンツウ)」が父母ヶ浜沖に漂泊!

客船「guntû(ガンツウ)」が、香川県三豊市仁尾町沖に現れました。日本のウユニ湖としてInstagramで爆発的な人気を誇る父母ヶ浜(ちちぶがはま)から、見ることができたのでご紹介します。父母ヶ浜には、この日も多くの観光客が朝から撮影に来ておりました。 続きを読む 客船「guntû(ガンツウ)」が父母ヶ浜沖に漂泊!

【香川・8/25(土)18時〜】伝統の盆踊り「仁尾踊り」が復活「櫓をかこむ仁尾の夏祭り」

櫓を囲んだ夏祭り!
日程:2018年8月25日(土)18:00~予定
場所:松賀屋(シェアビレッジ仁尾) [Google Maps]
(香川県三豊市仁尾町仁尾丁980)

盆踊りの練習
日程:2018年6月14日、7月12・26日、8月9・23日
時間:20:00~21:30 *どなたでも大歓迎、途中参加・退場可
場所:仁尾町文化会館 1階 多目的ホール [Google Maps]

Summer festival surrounding tower
Date : 25th August 2018
Time : 18:90- Free
Address : Matsugaya (980 Niocho, Nio town, Mitoyo city,
Kagawa pref., Japan) [Google Maps]
Tel : 0875-82-4525

かつては町民であれば誰でも踊ることができたという伝統の盆踊り「仁尾踊り」が復活。香川県三豊市仁尾町のシェアビレッジ仁尾・松賀屋の庭で、「櫓(やぐら)をかこむ仁尾の夏祭り」が開催されました。仁尾町には数多くの盆踊りが曲が伝わっており、18世紀(1700年代)から伝わる「やっとせ盆踊り唄」や、仁尾町からみえる島の風景を唄った「四季の蔦島」にあわせて踊りました。

松賀屋は、塩業営んでいた塩田忠左衛門さんの邸宅で、50年近く空き家になっていたのを一般社団法人「誇」が中心となりクラウドファンディングなどを活用して修繕し、2016年に「シェアビレッジ仁尾」として生まれ変わりました。

The bon festival dance was reestablished by local residents of Nio town, Mitoyo city, Kagawa pref., Japan. Nio Summer Festival surround a tower was held at the old house “Matsugaya”. There are many bon festival dance songs at Nio town. “Yattose bon dance song” is passed down from long ago (18th century).

The “Matsugaya” was a house of Mr. Chuzaemon Shiota who was salter. It had been empty house for 50 years. The house made a fresh start by general corporate judicial person “Hokori”. They raised small amounts of funds from many investors (crowdfunding) to repair house.

続きを読む 【香川・8/25(土)18時〜】伝統の盆踊り「仁尾踊り」が復活「櫓をかこむ仁尾の夏祭り」

瀬戸内漁船取材。梅雨明け、夜の海底を泳ぐ鱧(はも)を追う – Got in a fishing boat of Conger pikes at Seto Inland Sea

ハモ漁船に乗り込み12時間。雨が人の害になることもあれば、雨で潤う海もある。人は自然に生かされていると改めて感じます。

梅雨開けの夕暮れ時に徳島の漁港から船に乗り込み12時間。心地いい海風に吹かれながら、鱧漁の撮影をさせていただきました。梅雨の雨で山から栄養塩が流れ出すと、プランクトンも豊富になり、海の中の魚も活発になります。淡路島の南、紀伊水道の海底の泥の中に眠る鱧は、夜になると海底にでてきてエビ・カニ・イカ・タコを捕食します。この時期をめがけて夜の瀬戸内海の洋上は多くの船が漁をしています。今回は、鱧漁の漁船に加えて、京都の祇園祭や大阪の天神祭にあわせて新鮮な鱧を届ける技術をもった保冷トラックのドライバーさんにもお話を伺いました。鱧の生態を熟知しているからこそ、みなさんの食卓に新鮮な魚をお届けできます。

I got in a fishing boat and took photos of Conger pikes in the Kii Channel, Seto Inlnd Sea. After rainy season, nutritive salts flow into the sea from mountain. Therefore, after rainy season, they start to move about actively in search of food, and they prey on shellfish, squid and octopus. And you can see some fishing boats on the horizon in Seto Inland Sea, Japan.
Conger pike (Hamo) is a kind of fish classified in the Muraenesocidae family, order Anguilliformes. Conger pike is treated as a luxury foodstuff in Japan. Especially, it is eaten at Gion festival of Kyoto pref. and Tenjin festival of Osaka pref., Japan. It is said that its Japanese name ‘hamo’ stems from the word ‘hamu’, which means bite and eat, because it always attempts to bite. 続きを読む 瀬戸内漁船取材。梅雨明け、夜の海底を泳ぐ鱧(はも)を追う – Got in a fishing boat of Conger pikes at Seto Inland Sea

【西日本・平成30年7月豪雨】寄付金・義援金や支援窓口などまとめ。随時更新

「平成30年7月豪雨」に関してネット上に散見している寄付金などの情報をまとめておきます。西日本を中心に降り続いた豪雨災害に被災された皆さま、心よりお見舞いを申し上げますとともに、被災地の一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます。 続きを読む 【西日本・平成30年7月豪雨】寄付金・義援金や支援窓口などまとめ。随時更新

ハモのフリット 梅のタルタル添え』『ソーセージ入りポテトサラダ – Fritto of Common Japanese conger and tartar sauce of Japanese plum.

鱧のレシピを、日本料理家のDEILI主宰 河田真知子さんにつくっていただきました。『ハモのフリット 梅のタルタル添え』『ソーセージ入りポテトサラダ』。ふっくらとして、とっても美味しかったです!!ふっくら揚げる秘密は、ビール。

Fritto of Common Japanese conger and tartar sauce of Japanese plum. 続きを読む ハモのフリット 梅のタルタル添え』『ソーセージ入りポテトサラダ – Fritto of Common Japanese conger and tartar sauce of Japanese plum.

【伊吹島 7/15】伊吹いりこの伊吹島(いぶきじま)。大漁旗で彩られた船の「明神祭(みなとまつり)」

讃岐うどんに欠かせないいりこ出汁の伊吹いりこの産地として有名な伊吹島(いぶきじま)で、夏の恒例行事「港まつり(明神祭)」が開催されます!観音寺港発朝7:50発の定期船で伊吹島へ行き、伊吹島発13:30の定期船で観音寺港に戻ることができます。

伊吹島 港まつり(明神祭)
日程:2018年7月15日(日) 午前中
場所:伊吹島(香川県観音寺市)

Ibuki island Port Festival (Myōjin Festival)
Date : Sun 15th July 2018
Place : Ibuki island (Kanonji city, Kagawa pref.) 続きを読む 【伊吹島 7/15】伊吹いりこの伊吹島(いぶきじま)。大漁旗で彩られた船の「明神祭(みなとまつり)」

讃岐うどんに欠かせない伊吹島の「いりこ漁」 The Ibuki island is famous for dry sardins.

香川県の西、燧灘(ひうちなだ)では、全長300mもの網を2艘の船で引くカタクチイワシ漁が盛んです。このカタクチイワシを茹でて乾燥させたものが、讃岐うどんに欠かせない「いりこ」です。

“Hiuchinada” which is located at center of Seto Inland Sea, western Kagawa pref. boasts a fishing industry of sardine. Dry sardine is essential for soup of Sanuki Udon. 続きを読む 讃岐うどんに欠かせない伊吹島の「いりこ漁」 The Ibuki island is famous for dry sardins.

村の景色が国土交通省「四国八十八景」に認定!

東京オリンピック・パラリンピックにむけて国土交通省が認定している「四国八十八景」に徳島県唯一の村、佐那河内村(さなごうちそん)の大川原高原の風景が認定されました!

この認定にあたり、私は一般財団法人さなごうちの理事として応募資料の作成など対応させていただきました。財団の仕事は5月末で2年間の任期満了とし、引き続き季刊誌「さなのごちそう便り」の編集長として村の物語をお届けしていきたいと思います。

紫陽花も見頃。天気が心配ですが、今週末7月7日(土)・8日(日)は「さなごうちあじさい祭り」が開催され、産直市・阿波おどり・自然観察会など盛り上がります! 続きを読む 村の景色が国土交通省「四国八十八景」に認定!

【国交省・四国八十八景に認定】最後の村、大川原高原3万本の紫陽花(あじさい) – 30,000 hydrangeas at Okawara plateau, Sanagochi Village

2018年6月14日、徳島県唯一の村、佐那河内村(さなごうちそん)の大川原高原からの景色が、国土交通省・四国地方整備局などがすすめる「四国八十八景」に認定されました

徳島県唯一の村、佐那河内村(さなごうちそん)に標高1,013mの大川原高原で、3万本の紫陽花(あじさい)が植えられており、6月末頃~7月中旬に見頃を迎えます。徳島市内からも近く、高原で涼しいので、避暑地として多くの観光客に楽しまれています。

There are 30,000 Japanese hydrangeas (紫陽花/Ajisai) at Sanagochi village which is the last village of Tokushima pref., Japan. The Okawara plateau of Sanagochi village is located 1,013 meters above sea level. It is famous for its hydrangeas, and many people come there from Tokushima city. The hydrangea garden in which over 30,000 of the flowers can be seen is open from end of June to July. 続きを読む 【国交省・四国八十八景に認定】最後の村、大川原高原3万本の紫陽花(あじさい) – 30,000 hydrangeas at Okawara plateau, Sanagochi Village

【6/29〜7/12 仙台】リトルプレス展にさなのごちそう便りを展示

仙台の1TO2(イチトニ)さんで開催中のリトルプレス展にて、徳島県最後の村、佐那河内村(さなごうちそん)も展示していただいております。

村内全戸配布と一部のふるさと納税の返礼品として配布している以外はあまり外部にでることのない希少な冊子ですので、仙台近くにお住まいの方はぜひ足を運んでみてください。 続きを読む 【6/29〜7/12 仙台】リトルプレス展にさなのごちそう便りを展示

木造校舎から眺める絶景の瀬戸内「ネコノシマホステル」 – Neconoshima hostel & cafe in sanagijima island

窓辺から見える風景がとっても気持ちのいい木造校舎のホテル&カフェが、瀬戸内海の佐柳島(さなぎじま)にあります。香川県多度津港からフェリーで1時間。人口わずか80人ほどの島は、猫の島として知られていて、多くの観光客が来ています。そんな小さな島にかつて子どもたちが通っていた木造校舎が、ホステルとカフェとして生まれ変わりました。ロケーションも最高で店主のご夫婦もとても素敵なのでとてもオススメです。

Neconoshima hostel and cafe is located at Sanagijima island of Seto Inland Sea. The sanagijima island is well known as a “Cats’ island”. Although it is small island, many people come to see cats of island. The hostel is great old wooden school building at special location. You wake up with a sunrise view out of the window. You have a good view of the sea from the window. In all, highly recommended place. 続きを読む 木造校舎から眺める絶景の瀬戸内「ネコノシマホステル」 – Neconoshima hostel & cafe in sanagijima island

虫送り、江戸時代から小豆島に伝わる行事 – The torch procession at Shodoshima island

虫送り(むしおくり)とは日本の伝統行事のひとつ。農作物の害虫を駆逐し、その年の豊作を祈願する目的で行われる日本の伝統行事です。映画「八日目の蝉」にも登場する小豆島の虫送りは、肥土山(ひとやま)と中山という棚田が美しい山間部にいまも伝えられています。

The torch procession to drive away crop-eating insects in Shodoshima island.
“Mushiokuri”(The torch procession to drive away crop-eating insects) is traditional event to prevent damage from insects in Shodoshima island.
In the two places (Hitoyama and Nakayama), the traditional events are left. It is also a day for celebrating the harvest. The events becomes widely known from one’s appearance on the movie “Yokame no Semi (Cicada on 8th day)”.

小豆島・肥土山虫送り
日程:2018年7月2日(月) ※毎年同日
時間:18:00~ 祈祷→虫供養→虫送り
場所:離宮八幡宮(肥土山農村歌舞伎舞台)

小豆島・中山虫送り
日程:2018年7月7日(土)
時間:18:45-祈祷 19:00-移し火 湯舟山 19:40解散
場所:集合:殿川ダム下公園 17:00~18:00 ※順次マイクロバスで湯船山と荒神社へ移送 続きを読む 虫送り、江戸時代から小豆島に伝わる行事 – The torch procession at Shodoshima island

【全国初!?】移動式のハッシュタグ・モニュメント「#upTAK」が完成! – The hashtag momument of Takamatsu city

香川県高松市の高松港・屋島・高松空港で開催されたハッシュタグ・モニュメント「#upTAK」が完成しました!香川県高松市の様々なイベント等で登場する予定です。皆様ぜひ、高松市の美しい風景や美味しいご飯などをSNSにアップする際にはハッシュタグ「#upTAK」をご使用ください。私は、高松市創造都市推進懇談会(U40)の副会長としてこのプロジェクトに参加し、#upTAKのロゴデザイン及びハッシュタグ・モニュメントの設計をさせていただきました。

We (U40 round‐table conference for creative city) proposed “#upTAK” as a symbolic hashtag of Takamatsu city, Kagawa pref.. I designed the hashtag logo and monument for city promotion of Takamatsu city. 続きを読む 【全国初!?】移動式のハッシュタグ・モニュメント「#upTAK」が完成! – The hashtag momument of Takamatsu city

【香川・宇多津】暮らすように旅ができる宿「古街の家」 – co-machi-no-ie, a traditional townhouse stay

江戸末期から昭和初期の古い町並みが残る、香川県宇多津町。かつては日本一の塩の街として、塩田の風景が広がっていました。現在も旧街道を中心に、塩の取引などで栄えた商人の町家などが100軒以上も点在しています。ここに、徳島・祖谷や長崎・五島列島などでも活躍する東洋文化人類学者のアレックス・カーさん監修の宿があります。

築146年の旧粟井邸が「臨水(りんすい)」築 84年の旧藤川邸が「背山(せざん)」に生まれ変わりました。町が計930万円で購入し、7700万円かけて改修。ヒノキ風呂やオール電化を導入し、古民家でありながら快適に過ごせる宿を提案しているようです。楽しみです。

“The co-machi-no-ie”, a traditional townhouse stay which is produced by Mr. Alex Kerr is located at Utazu town, Kagawa pref., Japan. Utazu town buy and renovated the Japanese old folk house. The names of inn are “Rinsui” and “Sezan”.There are cypress bath and electric home appliance. 続きを読む 【香川・宇多津】暮らすように旅ができる宿「古街の家」 – co-machi-no-ie, a traditional townhouse stay

【写真レポート】好評につき今年も開催!香川県高松市移住イベント

大西市長と移住応援隊リーダーの徳倉さん、桑村さんとともに、東京で開催した香川県高松市の移住イベント「<高松 首都圏交流会>高松での働き方、仕事のつくり方、地域での関係のつくり方」。大盛況で終了しました!お越しいただいた皆様ありがとうございました😊
これから男木島に移住される予定のご夫婦。東京の大手企業の研究所のサテライトを地方に置くことで少子高齢化などの課題先進事例を事業につなげていきたいと考えている方。明治時代に欧米諸国に渡った日本美術のルートを探るうちに瀬戸内海航路に出会ったり、欧米諸国の美術関係者からNAOSHIMAの話を聞いたりして、香川県のアートシーンに興味をもったといいう方。イベントを運営して頂いた「四国若者会議」さんのおかげで、とても熱量の高いユニークな視点を持った働き方をされている方たちと出会えました。皆様と今後とも繋がっていけたら嬉しいです。 続きを読む 【写真レポート】好評につき今年も開催!香川県高松市移住イベント

新香川県立体育館の設計、SANAAに決定! – Kagawa pref. arena designed by SANAA

香川県高松市のサンポート高松に2023年度建設予定の新香川県立体育館の設計が、妹島和世(せじまかずよ)さんと西沢立衛(にしざわりゅうえ)さんによる建築家ユニット「SANAA(サナア/Sejima and Nishizawa and Associates)」に決定しました。

瀬戸内には、直島港ターミナル・海の駅なおしま(直島 SANAA)、Junko Fukutake Terrace / Hall(岡山 SANAA)、豊島美術館(豊島 西沢立衛) 、家プロジェクト(犬島 妹島和世)など、二人の設計した建築が多くあります。世界的に注目される新しい高松市のシンボルが誕生しそうでいまから楽しみです。

A new Kagawa pref. arena is going to be built in Sunport Takamatsu near Takamatsu port, Kagawa pref., Japan. The arena will be designed by SANAA. SANAA (Sejima and Nishizawa and Associates) is a multiple award-winning architectural firm based in Tokyo, Japan. 続きを読む 新香川県立体育館の設計、SANAAに決定! – Kagawa pref. arena designed by SANAA

20種・1500株のあじさい。花の寺「勝名寺」 – Flowery Shōmyōji temple

雨でも楽しめる香川県高松市のスポットを紹介します。香川県高松市の南部に、紫陽花(あじさい)をはじめとして花を楽しむことができるお寺「勝名寺(しょうみょうじ)」があります。20種、約1500株の紫陽花(あじさい)のほか、萩(はぎ)、菖蒲(しょうぶ)、睡蓮(すいれん)が植えられているので、四季折々の花を楽しむことができるので「花の寺」としても知られています。駐車場も整備されているので、ぜひ雨の多いこの季節にドライブで香川県内を巡られる予定の方は足を運んでみてください。

The hydrangea garden in which about 1,500 of the flowers can be seen is open in June and July at Shomyoji temple, Kagawa pref., Japan. It is famous for its some kinds of flowers (hydrangeas / lotus / sweet-flags) and is also known as ‘Hana no tera’ (The Temple of flowers). 続きを読む 20種・1500株のあじさい。花の寺「勝名寺」 – Flowery Shōmyōji temple

魁夷の想いがこもった景色を眺める「東山魁夷せとうち美術館」 – HIGASHIYAMA KAII SETOUCHI ART MUSEUM

瀬戸大橋の色を「ライトグレー」と指定したのは昭和を代表する日本画家の一人、東山魁夷さんってご存知ですか。お祖父様が、瀬戸大橋のかかる櫃石島(ひついしじま)出身ということで、島がよく見える場所に「東山魁夷せとうち美術館」があり、美術館のカフェ・ラウンジからは瀬戸内の多島美を楽しむことができます。美術館のある沙弥島は、香川県側から陸続きになっており車で行くことのできる島で、瀬戸内国際芸術祭の開催島でもあるのでとても人気のスポットです。

Kaii Higashiyama (1908-1999) is a celebrated Japanese landscape painter. After he passed away, his family generously donated more than 270 lithographs to Kagawa Prefecture, since the painter’s grandfather was from Hitsuishijima Island in Sakaide, Kagawa pref., Japan. It was Higashiyama who proposed that light gray color would suit the Seto Ohashi Bridge. Visitors can enjoy a splendid view of the Seto Inland Sea from the Lounge, which is a good resting place. Refreshments are available at Cafe at the Lounge.
続きを読む 魁夷の想いがこもった景色を眺める「東山魁夷せとうち美術館」 – HIGASHIYAMA KAII SETOUCHI ART MUSEUM

雨だって退屈しない、梅雨の見所まとめ travel of rainy season at Shikoku

四国が梅雨入りしました。オフシーズンと言われる梅雨にも、自然豊かな四国・瀬戸内にはいっぱい遊べる場所があります。まずは、高松から日帰りでいけそうなところを自分用にまとめてみました。Google Mapsにまとめたので地図をどうぞ。少しづつ追加していきたいとおもいますので、オススメがあれば教えてください。
あじさい祭りなどのイベントはカレンダーをご覧ください。

In the rainy seasonw which is called “low season”, there are many places where you can enjoy in Shikoku and Seto Inland Sea. I put together Google Map and list of information. If you want to go some events, please check the event calendar. 続きを読む 雨だって退屈しない、梅雨の見所まとめ travel of rainy season at Shikoku

徳島・大川原高原の景色が、国土交通省「四国八十八景」に認定!

2018年6月14日、徳島県唯一の村、佐那河内村(さなごうちそん)の大川原高原からの景色が、国土交通省・四国地方整備局などがすすめる「四国八十八景」に認定されました

Ōkawara Plateau of Sanagochi village, Tokushima pref. was designated as “Shikoku 88-kei (四国八十八景 / Shikoku 88 lanscapes)”. 30,000 hydrangeas reach in full bloom in the beginning of July. We can overlook Tokushima plains, Kii water supply, Asan (Tokushima-Kagawa) Mountains. 続きを読む 徳島・大川原高原の景色が、国土交通省「四国八十八景」に認定!

あじさい神社に映える3000株の紫陽花。観音寺・粟井(あわい)神社 – The Hydrangeas shrine

あじさい神社として有名な観音寺市の粟井神社。傘に当たる雨音を想像しながら静かな気持ちでご覧ください。あじさいの見頃は6月中旬頃です。

Awai shrine has a reputation as a hydrangea shrine. Please see photos, imagining sound of rain. Their blooming season lasts from middle of June. 続きを読む あじさい神社に映える3000株の紫陽花。観音寺・粟井(あわい)神社 – The Hydrangeas shrine

【愛媛・6/24(日)】約2万株のあじさい!四国の山里 「あじさいの里」 – The Hydrangea Village at Shikoku

愛媛県の四国中央市の新宮という山里にある「あじさいの里」 。梅雨の終わり6月末頃になると2万株の紫陽花が咲き誇ります。

The Hydrangea Village at Shikokuchuo city, Ehime pref., Japan. You can see twenty thousand hydrangeas there. 続きを読む 【愛媛・6/24(日)】約2万株のあじさい!四国の山里 「あじさいの里」 – The Hydrangea Village at Shikoku

エレベーターで上陸する岩黒島で瀬戸内の海の幸をいただく「民宿岩黒」 –

瀬戸内の海の幸をお腹いっぱいに頂くことのできる民宿があります。瀬戸大橋の橋脚が立つ岩黒島でたっぷりの瀬戸内の海の幸に出会う旅をしてきました。瀬戸大橋の与島PA(パーキングエリア)から路線バスにのり、瀬戸大橋の上にある岩黒島のバス停で下車。その後、エレベーターで島に上陸することができる島です。島の民宿岩黒さんで豪華な海鮮料理をいただきました!

I went to Iwakuro-jima island of Seto Great Bridge, Seto Inland Sea. You can go there by bus from Parking Area of Yoshima island and make landing by elevator from Seto Great Bridge. I could eat the fresh fish and shellfish, and it was so delicious!! 続きを読む エレベーターで上陸する岩黒島で瀬戸内の海の幸をいただく「民宿岩黒」 –

【写真レポート】切腹ピストルズが瀬戸内の島々に参上! – Seppuku Pistols

男木島・高松・櫃石島と「切腹ピストルズ」が瀬戸内の島々に参上。のぼり旗を作るワークショップをし、参加者みんなで島の石積みの細い路地を練り歩きました。太鼓と鐘の音が響き渡る!

Seppuku Pistols will come to islands of Seto Inland Sea and Takamatsu city, Kagawa pref., Japan. They are the Japanese anti-modernism punk band which uses Japanese traditional instrumentals and costumes. 続きを読む 【写真レポート】切腹ピストルズが瀬戸内の島々に参上! – Seppuku Pistols

暗闇を泳ぐタコ・タイ・アナゴ!瀬戸内国際芸術祭2019メインビジュアルが発表! – Setouchi Triennale 2019 Main Visual

瀬戸内国際芸術祭2019のメインビジュアルが発表されました!暗闇を泳ぐ蛸(タコ)、鯛(タイ)、穴子(アナゴ)が印象的でかっこいい。テーマは「海中の生物」、デザインは、原研哉さん

せっかくなので、瀬戸内の海の幸としては欠かせない、飯蛸(イイダコ)、海老(エビ)、ハマチ、鰆(サワラ)、イカナゴ、マナガツオ、牡蠣、海苔も追加シリーズで撮影してほしいところです。

The Main Visuals of Setouchi Triennale 2019 were announced. Octopus, sea bream and conger swim in the dark sea. 続きを読む 暗闇を泳ぐタコ・タイ・アナゴ!瀬戸内国際芸術祭2019メインビジュアルが発表! – Setouchi Triennale 2019 Main Visual

【香川6/22(金)まで】親子ときどき同級生「高松私立おやこ小学校」 – OYAKO School

あの人気企画が帰ってきました!香川県高松市仏生山(ぶっしょうざん)で行われていた大人気企画「おやこ小学校」の展覧会が行われています。

高松私立おやこ小学校 おやこ小展示
日程:2018年6月2日(土)〜22日(金)
時間:平日15:00〜20:00、土日祝13:00〜18:00 木曜定休
料金:入場無料
会場:THE SHOWER GALLERY
(香川県高松市 塩上町1丁目2-7-5F) [Google Maps] 続きを読む 【香川6/22(金)まで】親子ときどき同級生「高松私立おやこ小学校」 – OYAKO School

【写真レポート】オリンピックパラリンピックフラッグ公開パレード

2020年の東京五輪とパラリンピックの旗が全国を巡回しており、5月29日〜6月26日まで香川県内5箇所で展示されております。それにあわせて、香川県高松市の丸亀町商店街にてパレードやトークショー、公開デモンストレーションが開催されました。ゲストはオリンピアンの山口衛里さん、パラリンピアンの陸上競技の鈴木徹さん、車いす陸上競技の永尾嘉章さんです。

Olympic and Paralympic Flag tour parede was held at Marugamemachi Shopping Street, Takamatsu city, Kagawa pref., Japan. We could see the racing with wheelchair by Mr. Yoshifumi Nagao and running with an artificial leg by Mr. Toru Suzuki as demonstration by paralympians. It was so exciting!! 続きを読む 【写真レポート】オリンピックパラリンピックフラッグ公開パレード

【メディア掲載】自分らしく働くを考えるメディア「SELFTURN(セルフターン)」

「自分らしく働く」を考えるメディア「SELFTURN(セルフターン)」に、私が2010年に四国に移住してきた経緯や、「物語を届けるしごと」というライフワークをする理由などについて取材していただきました。ありがとうございます! 続きを読む 【メディア掲載】自分らしく働くを考えるメディア「SELFTURN(セルフターン)」

銭湯が生まれ変わって地域の交流拠点に「藝術喫茶 清水温泉」

香川県多度津町本通で大正時代末期から1980年頃まで住民に親しまれていた銭湯が、2018年5月26日(風呂の日)に「藝術(げいじゅつ)喫茶 清水温泉」として生まれ変わりました。かつて多くの人の体を温めてきた銭湯が、今度は憩いの場として皆さんの心を温める場所になっていくといいですね。

Shimizu hotspring that had closed were remodeled into cafe and modern art galleries after their interiors were renovated at Tadotsu town, Kagawa pref., Japan. This coffee shop is cozy. 続きを読む 銭湯が生まれ変わって地域の交流拠点に「藝術喫茶 清水温泉」

ドラクエは淡路島から生まれた!5月27日が「ドラゴンクエストの日」として認定

5月27日が「ドラゴンクエストの日」として日本記念日協会に認定されました。

人気ゲーム「ドラゴンクエスト(ドラクエ)」の生みの親であるゲームデザイナー・堀井雄二さんは、淡路島(兵庫県洲本市)出身です。2018年2月に洲本名誉市民に選ばれています。授賞式の際に堀井さんは、「(子供時代に)野を駆け、山を駆けて育ったことがドラクエの元になった」「海も山も川もあるミニチュアのような場所で育ったことが、ドラクエを作る際に役に立った。たくさんの人に助けられ、ここまで来ることができた」と語っています。ぜひ、ドラクエのBGMを流しながら淡路島ドライブしてみてください。海も山も川もある淡路島には冒険が溢れています。 続きを読む ドラクエは淡路島から生まれた!5月27日が「ドラゴンクエストの日」として認定

いい香り、港の小さな薔薇園 – Small rose garden at Takamatsu port.

毎年この季節になると高松港に素敵なバラ園ができあがります。
心地いい港の風に乗っていい香りが漂います。
ぜひ、高松港によることがあれば足を運んでみてください。
There is a small little-known rose garden at Takamatsu port, Kagawa pref., Japan. I felt a good scent riding the pleasant breeze of the port. 続きを読む いい香り、港の小さな薔薇園 – Small rose garden at Takamatsu port.

【香川・2019年夏】高松港に10万トン超級の大型クルーズ船が初寄港

2019年夏、高松港に10万トン超級の大型クルーズ船が初めて寄港予定。これまで入港していた大きな客船でも中・小型船。貨物用岸壁を活用して初めて受け入れます。楽しみ。

まち歩き演劇「パラダイス仏生山」の映画上映会とトーク・イベント

2014年・2015年・2016年に開催されたまち歩き演劇「パラダイス仏生山」の映画上映会とトーク・イベント。お越し頂いた皆さま、ありがとうございました。 続きを読む まち歩き演劇「パラダイス仏生山」の映画上映会とトーク・イベント

いい街にはいい本屋がある「本屋 ルヌガンガ」 – lunuganga books

「ここはいい街だな」と思うのは、いい本屋さんや映画館があることが多いです。おそらくそうしたお店が運んでくる文化的な香りが街の印象を強くつくっているのだと思います。香川県高松市の町中にある「本屋ルヌガンガ」は、取次による配本に頼らずに店主・中村勇亮さんの目利きで本を選んでいる小さな新刊書店です。 ドリンク片手にゆっくり本を選ぶことができ、イベントやワークショップも開催しています。

The “lunuganga books” is a new bookshop at Takamatsu city, Kagawa pref., Japan. Events and workshops take place at the shop. You can select books slowly with drink. 続きを読む いい街にはいい本屋がある「本屋 ルヌガンガ」 – lunuganga books

【徳島9/23・24】徳島発の日本一泣けるコミックバンド 四星球が佐那河内村でライブ!「四星中学校文化祭」

徳島県出身の日本一泣けるコミックバンド「四星球」が、徳島県最後の村、佐那河内村(さなごうちそん)にて、2018年9月23日・24日とライブイベント「四星中学校文化祭」を開催。ふるさと納税をコラボすることが発表されました。 続きを読む 【徳島9/23・24】徳島発の日本一泣けるコミックバンド 四星球が佐那河内村でライブ!「四星中学校文化祭」

【香川6/24まで】LOCAL STUDIES~郷土を愛した人が残したもの~

高松市歴史資料館で開催されている展示会がとてもいいのでメモ。 続きを読む 【香川6/24まで】LOCAL STUDIES~郷土を愛した人が残したもの~

アスパラの花って見たことありますか? – Flowers of Asparagus

今日は、香川県高松市の観光サイト「Experience Takamatsu」の取材で、同じU40のメンバーでもある河田薫さんのアスパラ農園を撮影させていただきました!

「さぬきのめざめ」は、四国に移住して来て出会い最も感激した食材のひとつです。高松に観光で来た外国人旅行客にこの感動を味わってほしい。記事は、地域おこし協力隊の小瀧さん、写真は南川カメラマンです。お楽しみに。

ユリ科のアスパガスはこんなに可愛らしい花を咲かせます。そしてこんな大きな木になります。実はアスパラ産地の香川県では、こんなハウスをみかけます。県内でも食べられるお店が増えてきているのでぜひ、香川県にきたら「さぬきのめざめ」を食べられるお店をチェックしてみてください。

The climate in Takamatsu City, Kawaga, is warm with long hours of sunlight throughout the year. Vegetables are grown in a great environment, some of which boast leading rich harvests, such as lettuce, onions, garlic, and broccoli. Original prefectural varieties have also been developed, such as asparagus “Sanuki no mezame” and field mustard “Seto no haru.” 続きを読む アスパラの花って見たことありますか? – Flowers of Asparagus

島を望む小さな美術館と喫茶「ヴェランダ」 – Small musee and cafe “Veranda”

日曜と祝日のみ営業している香川県三豊市仁尾町のカフェ。ヨーロッパのどこかの庭に迷い込んだような世界観に浸ってお茶をいただくことができます。ここだけゆったりとした時間が流れています。近くには、日本のウユニ湖と名高い「父母ヶ浜(ちちぶがはま)」、ここにはフランスの庭園美術館。香川県仁尾町では世界中を旅できるようです。

I could relax in the garden. There are a quiet garden and musse at Nio town, Mitoyo city, Kagawa pref., Japan.
続きを読む 島を望む小さな美術館と喫茶「ヴェランダ」 – Small musee and cafe “Veranda”

高松市創造都市推進懇談会U40公開プレゼンテーション

香川県高松市の40歳未満の市民等でつくっている「高松市創造都市推進懇談会U40」の公開プレゼンテーションが開催されました。今年度からU40メンバーによって実施される事業、「パラ陸上事業」「情報発信事業」「工芸ウィーク事業」「仕事PJ事業」について各プロジェクトのリーダーからプレゼンテーションを行いました。今後とも、高松で起こっている新しい動きをチェックしてください。 続きを読む 高松市創造都市推進懇談会U40公開プレゼンテーション

春のいい香り。いちご狩り スカイファーム – Strawberry Picking

ハウスに入るとする甘いいちごの香りは春の香り。この季節、いちごの産地でもある瀬戸内にて人気のアクティビティがいちご狩り。香川県高松市のスカイファームさんには世界中各地からいちご狩りに多くの人が訪れます。完全予約制なので、安心して旅の予定を組むことができます。いちご狩り体験だけではなく、摘みたてのいちごやクレープなども買うことができるのでふらっと寄りたい香川県の車旅の方にもオススメです。

Go strawberry picking to eat as many fully, ripe strawberries as you can. A popular activity during the winter and spring is strawberry picking, which allows you to pick and eat strawberries on your own. There are several strawberry farms in Takamatsu. From January to early June, these farms bustle with many people trying to enjoy the spring delicacy ahead of others. 続きを読む 春のいい香り。いちご狩り スカイファーム – Strawberry Picking

【3月下旬~5月末迄】鯉のぼり 秘境大歩危峡を泳ぐ The carp streamers of Iya valley

吉野川中流域に位置する渓谷、秘境大歩危峡にて鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいました。

The carp streamers were flying in the wind in the blue sky at Iya valley, Oboke and Koboke, Tokushima pref., Japan.

The Oboke Ravine Pleasure Boat travels down and then back the Yoshino River in about 30 minutes, offering the passengers scenic vistas of the grandeur of nature’s handiwork as they glide through the ravine. Crystalline schist resembling marble sculptures rises above the boat on both sides, giving tourists an awesome sight. You will enjoy the changing season through fresh green in summer, coloured leaves in autumn and even snow in winter. (OBOKE/IYA TOURIST NAVIGATION)

続きを読む 【3月下旬~5月末迄】鯉のぼり 秘境大歩危峡を泳ぐ The carp streamers of Iya valley

阿波藩のお殿様への献上米。村の棚田米 – Beautiful terraced rice-fields at Sanagochi village

阿波藩のお殿様への献上米を産出していた佐那河内村の棚田に水が張られ始めました。高いところから眺めているとジオラマのように見えてきます。

There are beautiful terraced rice-fields at Sanagochi village, Tokushima pref., Japan. It was like miniature scale landscape. In Edo period, rice offered as a tribute for the lord of Awa Province (Tokushima Domain) had been produced. 続きを読む 阿波藩のお殿様への献上米。村の棚田米 – Beautiful terraced rice-fields at Sanagochi village

徳島の柏餅は柏の葉ではなくサルトリイバラの葉。村に残る旧暦の文化

端午の節句。四国のあちこちでも鯉のぼりがあがっているのをよくみかけます。端午の節句の供物としてつくられる柏餅(かしわもち)は柏の葉にお餅が巻かれているのが名前の通り一般的ですが、徳島県内でみかける柏餅を巻いている葉っぱは、サルトリイバラ(別名:山帰来/さんきらい)という植物の葉です。旅行で徳島県にいかれる際にはぜひ、道の駅で柏餅を探してみてください。 続きを読む 徳島の柏餅は柏の葉ではなくサルトリイバラの葉。村に残る旧暦の文化

江戸時代から残る小豆島の地芝居「肥土山農村歌舞伎」「中山農村歌舞伎」The village kabuki performance at Shodoshima island

小豆島の肥土山(ひとやま)地区に江戸時代から伝わる農村歌舞伎が開催されます。GWで小豆島に島旅を予定されている方はぜひこの機会に島の文化触れてみてはいかがでしょうか。小豆島の肥土山(ひとやま)農村歌舞伎は、330年ほど前、江戸時代・貞享3年(1686年)に蛙子池の完成を祝って芝居をしたのが、はじまりだと言われています。

小豆島 肥土山農村歌舞伎
日程:2018年5月3日(木)
時間:15:00~20:00
場所:肥土山離宮八幡神社(小豆郡土庄町肥土山)
料金:全席無料、自由席 続きを読む 江戸時代から残る小豆島の地芝居「肥土山農村歌舞伎」「中山農村歌舞伎」The village kabuki performance at Shodoshima island

【TV出演・毎週月曜夜22時頃〜】瀬戸内の魅力を再発見&世界に発信するOHK岡山放送

2018年4月から毎週月曜夜に瀬戸内海の島々や町をご案内する番組「瀬戸内日和(せとうちびより)」のナビゲーターを務めさせていただくことになりました。一週間のはじまりに瀬戸内の風景に癒され、そこで暮らす島人に元気づいて頂けたら嬉しいです!

テレビ放送は岡山県・香川県のみですが、YoutubeInstagramにて配信予定ですので、ぜひ御覧ください。全世界に瀬戸内の魅力を発信します!

[Every Monday night at 22 PM] the TV show ” Setouchi Biyori ” on the Fuji Television series of OHK (Okayama pref. and Kagawa pref.). Yu Sakaguchi is program navigator. Please look at it if you like.

May 14th 8CH OHK (Okayama and Kagawa)
“Nanshon” live in about 16:00-
“Setouchi biyori” 21:54- Shodoshima island
続きを読む 【TV出演・毎週月曜夜22時頃〜】瀬戸内の魅力を再発見&世界に発信するOHK岡山放送

Panasonic 徳島・新体操篇 やわらかく、しなやかに

鳴門海峡の南に位置する徳島県阿南市。阿南市立羽ノ浦中学校新体操部。足先から指先ま­で美しい演技で、日本一の5人を目指す。だから、365日、努力を怠らない。一人ひと­りのしなやかな動きと、ぴたりと合う5人の呼吸が、この美しさを作り出す。オリンピッ­クへの想いを胸に、一段ずつ着実に高みへと上ってゆく。大鳴門橋、阿南市の街並み、淡­島海岸の夕景などの美しい風景。撮影:2015年11月 徳島県阿南市、徳島県鳴門市。

At the Hanoura Civic Junior High School rhythmic gymnastics club in Anan City, Tokushima Prefecture located in the South of Naruto Strait
The girls aim to be the best rhythmic gymnastics 5 in Japan, so they train hard all year round. Their individual supple movements working in harmony creates this beauty.
They are focused on the Olympic Games and steadily improving step by step.
Reported along with beautiful scenes of Onarutokyo, Anan City sights and the Awashima seashore at night. Filmed: November 2015 in Anan City and Naruto City Tokushima Prefecture 続きを読む Panasonic 徳島・新体操篇 やわらかく、しなやかに

瀬戸内の多島美。鷲羽山(わしゅうざん)からの眺め – The Island Beauty of the Seto Inland Sea from Mt. Washuzan

鷲羽山(わしゅうざん)は、岡山県倉敷市下津井田ノ浦にある山で、1934年3月16日、日本初の国立公園として指定された「瀬戸内海国立公園」の代表的な景勝地です。山の名前は、山の形が鷲(ワシ)が翼を広げた姿に見えることに由来しているといわれています。

春に瀬戸大橋を渡ると、本州・岡山県側の付け根に、赤紫色のツツジが岩肌の間に目立つのですが、そのあたりに展望台が点在しており歩いていくことができます。山道は整備された尾根線沿いの遊歩道なのでとても歩きやすいので、散策にオススメです。鷲羽山から見た瀬戸内海に沈む夕陽は日本の夕陽百選に選ばれています。

Mt. Washu (Washuzan) is located in Kurashiki city, Okayama pref., Japan. It is also part of the Setonaikai National Park, Japan’s first national park. The name of the 133m Mount Washu came from the shape of the mountain which looks like an eagle’s wings. Viewing the sunset from Mount Washu has been chosen as one of the “100 Best Sunsets in Japan” and a special place of scenic beauty by the Japanese government. 続きを読む 瀬戸内の多島美。鷲羽山(わしゅうざん)からの眺め – The Island Beauty of the Seto Inland Sea from Mt. Washuzan