江戸時代に徳島城で愛でられていた「蜂須賀桜(ハチスカザクラ)」徳島・佐那河内村(さなごうちそん)

タグ: ,

佐那河内村の府能トンネル東に植わっている蜂須賀桜(ハチスカザクラ)が見頃を迎えています。蜂須賀桜は、江戸時代まで徳島城御殿にあった寒桜の仲間で、開花時期が早いのが特徴です。碑に「蜂須賀桜」という文字は、村で硬筆の「みどりな教室」を主宰している硬筆七段の植松里奈さんによる書です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です