【レポート】寿ぎ百様(ことほぎひゃくよう)~森須磨子しめ飾りコレクション展~


写真レポートはこちら。この展示かなりオススメです。
グラフィックデザイナーでしめ飾り研究家でもある森須磨子さんの
しめ飾りコレクションがずらっと、
香川県高松市の古民家博物館「四国村」のギャラリーに登場します。
四国村ギャラリーは、四国村内にある安藤忠雄さん設計の美術館です。

This exhibition seems to be quite interesting. I strongly recommend. “Shime-kazari” is the decoration of straw rope. The collection of Ms. Sumako Mori who is graphic designers will appear in “Shikoku-mura village gallery” which is the old houses museum at Takamatsu city, Kagawa Pref., Japan. Shikoku-mura gallery was designed by architect Mr. Tadao Ando.

寿ぎ百様(ことほぎひゃくよう)~森須磨子しめ飾りコレクション展~
日程:2015年12月12日(土)~2016年2月14日(日) 
   期間中無休(年末年始も無休)
場所:四国村ギャラリー(香川県高松市屋島中町) [Google Maps]
料金:大人1,200円・高校生700円・小中学生500円
   四国村入村+ギャラリー入館セット券(企画展特別料金)
電話:087-843-3111(公益財団法人 四国民家博物館)

安藤忠雄氏設計の「四国村ギャラリー」で開催する企画展で、今回は全国の様々な「しめ飾り」を展示いたします。1年の平安を願って作られる「しめ飾り」は、地域ごとに様々な伝承や作り手の創意工夫が感じられ、目と心で楽しめる機知に富んだ形にそれぞれの暮らしや文化と密接に関わる願いや思いが込められています。本展では、香川県生まれのしめ飾り研究家である森須磨子氏が所蔵するコレクションの中から初公開を含む約100点のしめ飾りを公開して、心あらたまる年の初めを晴れやかに彩ります。

Kotohogi Hyakuyo ~Sumako Mori collection of straw rope decoration~
Date : 12th December 2015 – 14th February 2016 / open all day
Place : Shikoku-Mura gallery (Yashima, Takamatsu city, Kagawa pref., Japan) [Google Maps]
Fee : ¥1,200 (fee of entry and gallery)
Tel : 087-843-3111

Shimenawa (“enclosing rope”) are lengths of laid rice straw rope used for ritual purification in the Shinto religion. They can vary in diameter from a few centimetres to several metres, and are often seen festooned with shide. A space bound by shimenawa often indicates a sacred or pure space, such as that of a Shinto shrine.

Shimenawa are believed to act as a ward against evil spirits and are often set up at a ground-breaking ceremony before construction begins on a new building. They are often found at Shinto shrines, torii gates, and sacred landmarks.

They are also used around yorishiro (objects capable of attracting spirits, hence inhabited by spirits). These notably include certain trees, in which case the inhabiting spirits are called kodama, and cutting down these trees is thought to bring misfortune. In cases of stones, the stones are known as iwakura.

A variation of the shimenawa is used in sumo wrestling by yokozuna (grand champions) during their entrance ceremonies to denote their rank. This is because the yokozuna is seen as a living yorishiro (formally shintai), and as such is inhabited by a spirit.(Shimenawa – Wikipedia

展示会レポート

香川県高松市の古民家博物館「四国村」にある
安藤忠雄さん設計のギャラリーで開催している
森須磨子さんのしめ飾りコレクション展に行ってきました。
これほど多くの日本全国のしめ飾りが一堂に会する機会はめったに無いので、
ぜひ、この機会をお見逃しなく。
東京の皆さんもこの展示を目指してこの機会にぜひ四国へ!


四国のしめ飾り。圧巻のコレクション。


手前の荒々しいものは、イリコ漁で有名な伊吹島(いぶきじま)のしめ飾り。


関東中部地方


沖縄・九州地方


北海道・東北地方


ディテールも凄い迫力。
普通はガラスケースのなかでしか見ることできない展示品を
有り難いことに直接みることができます。なんという贅沢。


香川県


日本各地巡っているしめ飾り研究家、グラフィックデザイナーの森さんの軌跡。
年末年始は大忙しで日本各地を巡っているそうです。


ちょろけん
京都で流行した「門付け」(大道芸の一種)が名前の由来。
ちょろけんは、大きな顔にユニークな目鼻を描いて芸を披露したそうです。
その姿かたちをしめ飾りで表現しています。

The name originates in “Kadozuke”, a kind of street peforming, was popular in Kyoto. It is said that Choroken, drew unique eyes and nose on his large face, gave performance. The figure is expressed in Shimekazari.


しめ飾りカルタ


写真も美しい。森さんはデザイナーでもあるので、
こうしたグラフィックひとつひとつが美しいのも見どころ。


ここから四国のしめ飾りの紹介です。(一部)


香川県


宝船
福を呼ぶ七福神たちが乗る船。米俵などを乗せた宝の船には、五穀豊穣の祈りが込められており、香川県あたりに多い形。

Ship, The Seven Deities of God Fortune, bring good luck, ride on. Treasure ship, has straw rice bag aboard, is with a prayer of bumper harvest and the shape is popular mostly in Kagawa prefecture.



イリコ漁で有名な伊吹島(いぶきじま)。裏側に鯛をつけます。


俵。香川県


しめ飾りと一言でいっても、本当にいろんな造形があります。


エビ・メガネ。香川県


神棚用。香川県


三社。香川県


香川県


ゴボウ。香川県


輪〆(わじめ)。香川県高松市


エヒメスダレ。愛媛県


愛媛県西予市


杓子
1年の福を杓子ですくいとるという願いが込められている。愛媛県松山市では、上部に橙(だいだい)を2個飾り付ける家もある。この橙は、正月におりてくる神様の目だという説がある。

With a prayer to scoop up good luck with a dipper. Some families decorate two bitter oranges on the upper side in Matsuyama City, Ehime pref.. There is a theory that this bitter orange is eyes of God, comes down at New Year’s Day.


愛媛県


愛媛県


房飾り。愛媛県


輪〆(わじめ)。高知県


高知県幡多郡


高知県高知市


エビ。徳島県


稲穂

しめかざり (たくさんのふしぎ傑作集)
森須 磨子
福音館書店
売り上げランキング: 62,273


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です