瀬戸内のものづくりと物語に出会える場「Kitahama blue stories」

タグ: ,

香川県高松市の海辺の倉庫街、北浜アリーに『Kitahama blue stories』がオープンしました。光や香り、手触り、味わいなど五感に響く、瀬戸内の様々なものづくりをされている人々やその物語と出会える場所です。

New select shop “Kitahama blue stories” opened at Kitahama alley, Takamatsu city, Kagawa pref., Japan. Kitahama alley is new amusement area where used to be a warehouse town. Cafe & bar, restaurant, general store, and interior shop are gathered. 続きを読む 瀬戸内のものづくりと物語に出会える場「Kitahama blue stories」

金沢の伝統文化を未来につなぐリノベーションホテル KUMU 金沢 THE SHARE HOTELS」

タグ: ,

金沢の中心地にオープンしたホテル「KUMU(クム)金沢 THE SHARE HOTELS」。茶の湯や禅など「金沢の伝統を『くむ』場所」という意味が込められていて、金沢の伝統文化を未来につなぐ文化サロンとしてまちに開かれたシェアスペースを目指して「SHARE HOTELS」と名付けられています。

築45年の8階建てオフィスビルをリノベーションし、家族や友人と宿泊可能な個室、炉や水屋を備えお茶会ができる畳の部屋が用意されています。一階のカフェスペースは、地域住民も利用できるシェアスペースで、工芸作家やアーティストの作品展示やワークショップなどが開催されます。

I stay the hotel “KUMU” at Kanazawa city, Ishikawa pref., Japan. The hotel is located at central Kanazawa city. Situated in Kanazawa, this hotel is within a 10-minute walk of Oyama Shrine, Omicho Market, and Ashigaru Shiryokan Museum. Kanazawa Kutani Museum and Izumi Kyoka Museum are also within 10 minutes. Every visitor use “TEA SALON KISSA & Co.” at the ground floor. The concept is space for sharing traditional culture of Kanazawa city.
続きを読む 金沢の伝統文化を未来につなぐリノベーションホテル KUMU 金沢 THE SHARE HOTELS」

すこし大きなスズメが遊びにきたら話題に

タグ: , , ,

香川県高松市の仏生山温泉や、ローカル鉄道「ことでん」仏生山工場に、ちょっとだけ大きめのスズメが遊びにきたという投稿がネットで話題になっています。株式会社 鳥さんの6mのスズメ・バルーン「メガチュン」が仏生山にやってきました。

A slightly big bird came to Busshozan town, Takamtsu city, Kagawa pref., Japan.

続きを読む すこし大きなスズメが遊びにきたら話題に

三井造船進水式 Launching ceremony

タグ: , ,

岡山県のにある三井造船で瀬戸内海へ漕ぎ出る大型船の進水式があったので撮影させていただきました!
I went to take photographs of launching ceremony at Mitsui shipyard, Tamanocity, Okayama pref., Japan
続きを読む 三井造船進水式 Launching ceremony

世界を狙うフェンシング・グローブ Fencing gloves made in Higashi-kagawa

タグ: ,

手袋の産地、香川県東かがわ市へ。なんと日本の手袋の9割が、ここ東かがわでつくられています。今回は、東かがわで生まれた手袋ブランド『tet.(テト)』のご紹介で、フェンシング・グローブを手がける Scherma(スケルマ)の職人、細川勝弘さん・かずゑさんご夫妻の工房を訪ねました。
続きを読む 世界を狙うフェンシング・グローブ Fencing gloves made in Higashi-kagawa

中川政七商店『さんち』で陶芸家・田淵太郎さん

タグ: ,

中川政七商店さんが運営している全国の工芸産地をつなぐ旅のおともメディア『さんち』で、陶芸家・田淵太郎さんの登り窯の窯焚きを撮影させて頂きました。田淵さんの器は、白くて美しいのに土の風合いや力強さが残っています。その表面の白色の美しい揺らぎがこんな風につくられていくのかと、火に向かって一心不乱にシャッターを切りました。火の力って凄い。 続きを読む 中川政七商店『さんち』で陶芸家・田淵太郎さん

陶芸家の友人夫妻に会いに栃木県益子町へ

タグ: ,

陶芸家の友人夫妻に会いに栃木県益子町へ行ってきました。
本人は作品制作に集中したいのでSNSはしていないのだけど、陶器市で買ってくれた人などが、SNSで広めてくれているのだとか。「#鈴木宏美」でInstagramを検索すると800件以上の投稿をみることができます

伊吹島独特な形のしめ飾り「懸の魚(かけのいお)」

タグ: ,

しめ飾り研究家の森 須磨子さんの調査に同行させていただき瀬戸内海の中心に浮かぶ伊吹島(いぶきじま)へ行ってきました。讃岐うどんには欠かせないいりこの島です。
この島では、「懸の魚(かけのいお)」という独特な形のしめ飾りがつくられていました。いまでは島の中でもこのしめ飾りを作ることができる人はとても少なくなり、今回特別につくっていただきました。いりこの島と呼ばれる前は、鯛網漁が盛んだったので鯛を裏側につけて豊漁の願いを込めました。

湧き水がなく昔は井戸水中心だった漁業の島には、田んぼがなく稲わらが手にはいりません。コンバインでは稲わらが粉砕されたり、短くなってしまいしめ飾りづくりには向かないため、手刈りされた稲が必要となりとても貴重です。四国本土側の観音寺や多度津のご親戚、丸亀市沖の牛島など人のつながりを辿って稲わらを手に入れているそうです。人のつながりがこの島のしめ飾り文化を長い間支えてきたのですね。

PS:伊吹島にヘリポートを建設中でした。

森の香りを届ける手紙

タグ: ,

先日コンペの審査でご一緒した高知県・馬路村の村長さんからお手紙を頂きました。村の木で作ったうちわの手紙。私みたいな若輩者に対してもこうして手書きでお手紙をくださることに感謝です。

E-mailやLINEなど手軽に情報交換できる時代だからこそ、その反作用でこういうテマヒマをかけたコミュニケーションツールはこれからますます価値を増していくでしょう。

手紙を書く余裕のある暮らしをするのが最近の夢と目標です。

dsc_9929

dsc_9931

手袋の国内シェア90%の東かがわ市から新しいブランドが誕生!「tet.(テト)」

タグ: ,

うどんだけじゃない香川県!
実は香川県は、日本一の手袋の産地です。全国シェアはなんと9割。
寒さや乾燥から手を守ってくれるニットの手袋、
火の熱から手を守ってくれる消防用手袋、
果樹のトゲから手を守ってくれる農作業手袋。
様々なシーンで私たちの手を優しく包んでくれる手袋の90%を
香川県東かがわ市で生産しているのです。
83種類もの手袋が熟練の職人さんの手で生み出されています。

そんな香川県東かがわ市で、
地元産のものづくりにこだわったブランド「tet.(テト)」
が立ち上がります。ぜひ、この秋冬に身につける手袋をさがしてみてください。

tet-kagawa02

tet-kagawa01

tet-kagawa

tet.

私の生まれ育った、香川県の東かがわ市は、
国内の手袋生産90%のシェアを誇る日本一の手袋の産地です。
しかし、時代の流れの中で生産の拠点は海外へ移り、
国内に残る職人は高齢化が進んでいます。

tet.(テト)は、東かがわで作られる手袋を中心に、手にまつわる
オリジナル商品を展開していくとともに、産業の今を伝える活動に取り組み、
これからの地域について産地と一緒に考えていきたいと思っています。

手袋はとても繊細な手仕事を通じて生み出されています。
tet.というブランド名は、そんな様々なものを生み出す『手』に着目し、
『手と、』その先に広がる様々な物語を伝えていく、という想いを込めてつけました。
日本語の『手』が持つ、どこか温もりや優しさを感じるような、
そんな活動にしたいと思っています。

While “tet.”, a glove manufacturer based in Highashi-Kagawa, develops original products related to hands, they wish to communicate status quo of the industry and think about the future of the region with local people.

香川からあたたかい手袋? 職人技が集結し、MADE IN JAPAN の手袋が誕生です。 | Pen Online

香川県と言えば、うどん県として全国的に有名ですが、同県、東かがわ市は国内の手袋生産90%のシェアを誇る日本一の手袋の産地でもあります。

現在、生産の拠点が海外へ移り、国内の職人の高齢化が進む現状をなんとかできないかと、これまでも地場産業に焦点を当てたオリジナルブランドを手がけてきた株式会社エイトワンが、手にまつわる商品を扱う新ブランド「tet.」を立ち上げました。

「tet.(テト)」というブランド名は、さまざまなものを生み出す「手」に着目し、「手と、その先に広がる物語を伝えていく」という思いからつけられたそう。その思いの通り、ていねいにつくられた手袋からは確かな仕事と、ものに込められた背景、つくり手の姿が見えてくるようです。熟練の職人によってつくり出される手袋は、なんと83種類。色形ともにさまざまで、どれか一つを選ぼうにも目移りしてしまいます。なかなかお気に入りを見つけるのがむずかしい子ども用のサイズも充実。豊富なカラーバリエーションと培われたノウハウで、かわいらしい絵柄を再現しています。ほかにも、手袋に数滴垂らせばスマートフォンの操作が可能になるモバイルリキッドや、手のケア用品として、ネイルケアオイルやハンドソープも販売。これから寒さとともに、乾燥も気になる季節ですからこちらも見逃せません。一足早く、思いのこもったあたたかい手袋を手に入れてみませんか?(Pen編集部)