HATCHi 金沢 THE SHARE HOTELS

金沢で宿泊した『THE SHARE HOTELS KUMU(クム)金沢』の系列のリノベーションホテルがあると聞いて足を運びました。中古マンションのリノベーションなどを手がけるリビタがプロデュースする『THE SHARE HOTELS HATCHi(ハッチ)金沢』。1号店のHACHIはドミトリーが主体で、2号店のKUMUは個室のみという仕様が異なるので旅のスタイルや価格によって選び分けることができます。
続きを読む HATCHi 金沢 THE SHARE HOTELS

金沢の伝統文化を未来につなぐリノベーションホテル KUMU 金沢 THE SHARE HOTELS」

金沢の中心地にオープンしたホテル「KUMU(クム)金沢 THE SHARE HOTELS」。茶の湯や禅など「金沢の伝統を『くむ』場所」という意味が込められていて、金沢の伝統文化を未来につなぐ文化サロンとしてまちに開かれたシェアスペースを目指して「SHARE HOTELS」と名付けられています。

築45年の8階建てオフィスビルをリノベーションし、家族や友人と宿泊可能な個室、炉や水屋を備えお茶会ができる畳の部屋が用意されています。一階のカフェスペースは、地域住民も利用できるシェアスペースで、工芸作家やアーティストの作品展示やワークショップなどが開催されます。

I stay the hotel “KUMU” at Kanazawa city, Ishikawa pref., Japan. The hotel is located at central Kanazawa city. Situated in Kanazawa, this hotel is within a 10-minute walk of Oyama Shrine, Omicho Market, and Ashigaru Shiryokan Museum. Kanazawa Kutani Museum and Izumi Kyoka Museum are also within 10 minutes. Every visitor use “TEA SALON KISSA & Co.” at the ground floor. The concept is space for sharing traditional culture of Kanazawa city.
続きを読む 金沢の伝統文化を未来につなぐリノベーションホテル KUMU 金沢 THE SHARE HOTELS」

海とともにある京都の暮らし「伊根の舟屋」Funaya old houses stand at Ine bay, Kyoto

伊根の舟屋(いねのふなや)。京都盆地を抜けて日本海へでると、伊根町の湾内に1階に船の収納庫を備えた舟屋の立ち並ぶ独特な景観が広がっています。船を引き上げるための斜面が設けられ、船や漁具の手入れ、魚干物の乾場などに利用されています。国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

Funaya is traditional house style for fisherman. The first floor of Funaya is a combined boat garage and workspace for fisherman, and the second floor is used as a living area. The unique Ine buildings have existed since the 1700s. Now, you can see 230 funaya standing in a row in Ine town, Kyoto pref., Japan. They are Groups of Traditional Buildings.
続きを読む 海とともにある京都の暮らし「伊根の舟屋」Funaya old houses stand at Ine bay, Kyoto

【香川 9/13オープン】セトウチ海街ステイ SUNNY DAY HOSTEL

香川県高松市の高松城のお掘り跡の近く、かつての「のし屋」をリノベーションしたホステル『SUNNY DAY HOSTEL(サニーデイ ホステル)』が2017年9月13日(水)にオープンします。高松港からも街からもとても近い距離にあるので瀬戸内国際芸術祭などの島旅の際にもとても便利な立地にあります。
続きを読む 【香川 9/13オープン】セトウチ海街ステイ SUNNY DAY HOSTEL

松賀屋 シェアビレッジ仁尾 Matsugaya, Share Village Nio

松賀屋は、塩業営んでいた塩田忠左衛門さんの邸宅で、50年近く空き家になっていたのを一般社団法人「誇」が中心となりクラウドファンディングなどを活用して修繕し、2016年に「シェアビレッジ仁尾」として生まれ変わりました。

The “Matsugaya” was a house of Mr. Chuzaemon Shiota who was salter. It had been empty house for 50 years. The house made a fresh start by general corporate judicial person “Hokori”. They raised small amounts of funds from many investors by crowdfunding of “Share Village” to repair house.
続きを読む 松賀屋 シェアビレッジ仁尾 Matsugaya, Share Village Nio

伝統の盆踊り「仁尾踊り」が復活「櫓をかこむ仁尾の夏祭り」

かつては町民であれば誰でも踊ることができたという伝統の盆踊り「仁尾踊り」が復活。香川県三豊市仁尾町のシェアビレッジ仁尾・松賀屋の庭で、「櫓(やぐら)をかこむ仁尾の夏祭り」が開催されました。仁尾町には数多くの盆踊りが曲が伝わっており、18世紀(1700年代)から伝わる「やっとせ盆踊り唄」や、仁尾町からみえる島の風景を唄った「四季の蔦島」にあわせて踊りました。

松賀屋は、塩業営んでいた塩田忠左衛門さんの邸宅で、50年近く空き家になっていたのを一般社団法人「誇」が中心となりクラウドファンディングなどを活用して修繕し、2016年に「シェアビレッジ仁尾」として生まれ変わりました。

The bon festival dance was reestablished by local residents of Nio town, Mitoyo city, Kagawa pref., Japan. Nio Summer Festival surround a tower was held at the old house “Matsugaya”. There are many bon festival dance songs at Nio town. “Yattose bon dance song” is passed down from long ago (18th century).

The “Matsugaya” was a house of Mr. Chuzaemon Shiota who was salter. It had been empty house for 50 years. The house made a fresh start  by general corporate judicial person “Hokori”. They raised small amounts of funds from many investors (crowdfunding) to repair house.

続きを読む 伝統の盆踊り「仁尾踊り」が復活「櫓をかこむ仁尾の夏祭り」

BOOK AND BED TOKYO

今日の宿。何事も自分で体験することが大切。

BOOK AND BED TOKYO

ふかふかなマットレスも無ければ、
低反発の枕も無ければ、
軽く暖かな羽毛の布団も無い。
最高な環境での良い寝心地は、
ここにはありません。
あるのは、
読書をしてたら(マンガでも良いですよ)
いつの間にか夜中2時になってて、
もうあとちょっとだけって
まぶたが重くてたまんない中も読み続けてたら、
いつの間にか寝てしまった。
そんな、誰もが一度は経験した事があるであろう
最高に幸せな「寝る瞬間」の体験です。
だから、コンセプトは泊まれる本屋。
(あ、本は売らないです。言うなればってやつです。)
「映画を観てたら寝ちゃった」とか
「友達とLINEしてたら寝ちゃった」とか、
とにかく「好きなことをしてたら、うっかり寝ちゃった」って
最高の「寝る瞬間」の体験じゃないですか?
そんな「寝る瞬間」に至福の体験を用意してくれるホステルを、
本をテーマに自分たちで作る事にしました。

【2017年9月就航予定】瀬戸内の新しい旅を提案する新造船「ガンツウ(guntu)」

広島県尾道市にあるベラビスタマリーナを出発し、
瀬戸内海の景勝地を周遊する新造船「ガンツウ(guntu)」が2017年9月に就航予定です。
広島県の宮島、愛媛県の松山・しまなみ海道の大三島・香川県の丸亀などの寄港地により、
各地ならではのアクティビティが用意されるそうです。楽しみです。

guntu(ガンツウ) | まだ、どこにもない旅へ。

それは、せとうちの海に浮かぶ、ちいさな宿。

地産地消にこだわり、
瀬戸内海の旬の食材を
心ゆくまでご堪能いただく食事。
きめ細やかなおもてなしから、
インテリア、アメニティ、美術品にいたるまで。
隅々まで趣向を凝らした清謐(せいひつ)な空間で、
「ただ、過ぎゆく時を愉しむ」という贅沢。

船旅だからこそ味わうことのできる、
島の文化、景観の美しさ、
そして、その土地ならではのアクティビティ。

人、暮らし、自然と寄り添い、
変化する風景を心に焼き付けながら、
島々を巡る旅へ。

せとうち、漂泊

お問い合わせは、こちら

瀬戸内の新しい旅を提案する「ガンツウ」の船上クルー募集
ツネイシLR株式会社(所在地:広島県福山市沼隈町常石1083番地、代表取締役社長 神原秀忠/以下、ツネイシLR)は、株式会社せとうちホールディングス(所在地:広島県尾道市浦崎町1364番地6、代表取締役会長 神原勝成)が、2017年9月に運航事業を開始する新造船「ガンツウ(*)」の乗客サービスを担うことにともない、接客サービスや、観光・アクティビティを提案するアクティビティコンシェルジュなど、船上クルーの募集を10月より開始します。

ツネイシLRは「ガンツウ」の乗客サービスの提案を通じて、瀬戸内を巡る新しい旅を提案する、せとうちホールディングスの新たな価値創造に貢献していきます。

フランス人観光客が訪れる瀬戸内の島、真鍋島 Manabeshima Island Japan

今日は、せとうち暮らしのメンバーと真鍋島へ来ております。外国人観光客に人気の島といえば「Naoshima」ですが、実はこの真鍋島にも多くの外国人観光客が訪れます。そのきっかけとなったのは一冊の本。フランス人画家フロラン・シャヴエ(Florent Chavouet)さんが真鍋島に描き上げ作成した『Manab Shima』はルーブル美術館にも置かれています。

参考:『Manab Shima』

DSC_8449

DSC_8480

DSC_8258

DSC_8434

DSC_8403

DSC_8439

DSC_8293

DSC_8460

DSC_8468

DSC_8162

DSC_8513

DSC_8526

DSC_8492

DSC_8464

DSC_8193

DSC_8333

三虎
住所:岡山県笠岡市真鍋島2224 [Google Maps]
電話:0865-68-3515

SANTORA
Address : 2224 Manabe island, Kasaoka city, Okayama pref., Japan [Google Maps]
Tel : 0865-68-3515

Manabeshima Island Japan
Manabeshima Island Japan

posted with amazlet at 16.03.23
フロラン・シャヴエ Florent Chavouet
チャールズ・イ・タトル出版
売り上げランキング: 216,474
瀬戸内三部作メモリアルDVDBOX
ポニーキャニオン (2007-09-05)
売り上げランキング: 53,028

いつもの仕事を、ちがう場所で「WEEK神山」 WEEK Kamiyama


眺めのいい鮎喰川沿いにWEEK神山があります。


橋をわたり木のサインに導かれて宿に向かいます。


湯たんぽの貸出し。ありがたい



築70年の古民家を再生


キッチン


部屋


水回りも綺麗


川を見ながら寝られるベッド


夜ご飯はみんなと食べます。お品書き

WEEK 神山
場所:徳島県名西郡神山町下分字地野57 [Google Maps]
電話:050-2024-4956
宿泊:全8室・24名収容(ツイン4室、ダブル2室、グループルーム2室)
食堂棟:地野の食堂、築70年の古民家を再生した

旅行ではなく、仕事を持ち運ぶような暮らし方もあるとおもいます。 一年中同じ場所で仕事をしているのではなく、ときどき外に出てみませんか。 仕事と暮らしはどんどん近づいてきています。 仕事と一緒に移動することによって新しい楽しみも見つかるかもしれません。 今の生活をガラリと変えることなく普通に暮らしているけど場所だけが違うという感覚、 それをできれば少し長く、そう、1週間くらい滞在できる環境にしたい。 その思いを形にしたら、この宿ができました。 神山の住人になったような時間を過ごしていただけたらと願っています。

神山プロジェクト 未来の働き方を実験する
篠原 匡
日経BP社
売り上げランキング: 26,705