香川県高松市庵治町にアトリエを構える世界的な彫刻家、流政之(ながれ・まさゆき)さんが95歳で亡くなられました。ご冥福お祈りいたします。四国村やJR高松駅周辺、百十四銀行など各地に流さんの作品があります。香川県高松市の庵治・牟礼エリアは、ジョージナカシマ記念館やイサム・ノグチ庭園美術館など世界的に活躍するアーティストの拠点が集まっており注目が集まっております。

Masayuki Nagare (流 政之 Nagare Masayuki, born February 14, 1923) is a modernist Japanese sculptor, nicknamed “Samurai Artist” for his commitment to traditional Japanese aesthetics. Nagare’s works include Cloud Fortress, which survived the 9/11 attacks at the World Trade Center (New York City) but was destroyed in the rescue and recovery efforts, Hamaritsurin Garden in Seto Ohashi Commemorative Park (Kagawa Prefecture, Japan).

2019年3月26日 – 香川県
公益財団法人流財団によりナガレスタジオ「流政之美術館」の博物館登録の申請があり登録されました。
Nagare studio (Masayuki Nagare Museum) of Nagare Foundation was registered by Kagawa pref.

ナガレスタジオ「流政之美術館」
連絡:087-871-3011(公益財団法人流財団)
開館:毎週火・木・土曜日 予約制
住所:香川県高松市庵治町3183-1 [Google Map]

Nagare Studio “Masayuki Nagare Museum”
Tel : +81-(0)87-871-3011 (Nagare Foundation)
Open : Every Tuesday/Thursday/Saturday *subscription basis
Address : 3183-1,Aji-cho, Takamatsu City, Kagawa Pref. Japan [Google Map]
E-mail : info@nagarefound.jp

主な作品
・「雲の砦」1975年 世界貿易センタービル(ニューヨーク)
・「どだま獅子」1988年 瀬戸大橋(橋の守護神として)
・「ながれバチ」1988年 高松市立美術館
・「浜栗林」1989年 瀬戸大橋
・「神戸海援隊」1991年 兵庫県神戸市中央区波止場町・メリケンパーク
・「KURASHIKIMON」 岡山県倉敷市本町・倉敷公民館
・「してんまい」1999年 高松中央高等学校
・「だいてんまい」2001年 JR高松駅
・「MATAKITENO」2006年 サンポート高松


「染が滝」 四国村
“Somega-taki (Water fall)” at Shikoku village


「流れ坂」 四国村
“Nagarezaka” at Shikoku village


「雨乞い獅子」 香川国際交流会館 アイパル香川(旧香川県立図書館) 芦原義信設計。
“AMAGOI SHISHI (Rainmaking Lion)” at International exchange halls, I-Pal deigned by Yoshinobu Ashihara


「おいでまぁーせ」 香川県文化会館 漆芸研究所 大江宏設計
“Oidema-se” Kagawa pref. Cultural Hall, Institute for lacquer art, designed by Hiroshi Ooe


「ナガレバチ」 高松市美術館
“NAGAREBACHI” Takamatsu city museum


百十四銀行 本店 114 Bank


「草壁画」 百十四銀行 本店。12種類の蔦が使われており、散水には井戸水が使われています。壁の高さは10m、幅は44.5mもあります。
“KUSAHEKIGA (Green Wall Paint)” 114 Bank


百十四銀行 本店


1階ピロティ部分の庵治石のモザイク張りの床。「さざ波」をイメージ。百十四銀行 本店
Mosaic tile flooring of Aji stone


「またきまい」 大崎山園地 五色台。金子政則知事の言葉が刻まれています。「政治と芸術は一つのものである。ともに人の心を豊かにするために捧げられねばならない」
“Matakimai” Mt. Osaki Park, Goshiki-dai


サンポート高松 「MATAKITENO」
“MATAKITENO” Sunport Takamatsu


サンポート高松
Takamatsu port


高松市を拠点に国際的に活躍した彫刻家、流政之さんが今月7日、老衰のため亡くなっていたことがわかりました。
95歳でした。流さんは長崎県出身。太平洋戦争中は戦闘機のパイロットを経験し、その後、昭和37年に現在の高松市庵治町で、地元の石工職人とともに彫刻活動を始めました。

特産の庵治石などの質感をそのまま生かす独自の技法で知られ、1967年(昭和42年)には県の文化功労者に選ばれました。流さんの作品は、JR高松駅や高松市の野外博物館「四国村」など県内にも数多く展示されているほか、アメリカ・ニューヨークの同時多発テロ事件で崩壊した世界貿易センターの広場にも置かれるなど国際的に活躍してきました。流さんが設立した財団によりますと流さんは今月7日、老衰のため亡くなったということです。95歳でした。(NHK News)

流政之 – Wikipedia

流 政之(ながれ まさゆき、1923年2月14日 – 2018年7月7日)は、日本の彫刻家、作庭家。

1923年長崎県に生まれ、幼少時代は東京で過ごす。1936年京都に移り、1942年立命館大学法文学部へ進学。その後中退し、海軍予備学生出身の零戦搭乗員として終戦を迎える。その後、世界各地を放浪、独学で彫刻を学び現在に至る。1964年にニューヨーク世界博覧会で壁画「ストーンクレージー」(日本から2500個、600tの石を運んだ。)を展示し話題を呼ぶ。1975年には、ニューヨーク世界貿易センターのシンボルとして約250トンの巨大彫刻『雲の砦』をつくり国際的評価を得る。また、作品『受』はニューヨーク近代美術館の永久保存作品(パーマネントコレクション)として収蔵されており、彼の国際的評価の高さを裏付けている。1967年には、TIMEが選ぶ日本を代表する文化人の一人に選ばれた。

彫刻家として活躍するかたわら、庭園の作品も残す。代表作に東京天理教館庭園、皆生温泉東光園庭園などがある。

1987年に日本経済新聞「私の履歴書」に自伝を掲載する。

最近の作品に、関西学院大学理学部(現理工学部)の兵庫県三田市への移転を記念して制作された『月わたり』(2001年、黒御影石)、立命館慶祥中学校・同高等学校に寄贈された『NANDABE』(2004年)などがある。

2005年11月8日、JapanStoneFairにおいて「こころわけ」を発表。

2013年、高松市郊外の庵治半島の北端近くにアトリエを構え住む。

2018年7月7日、老衰のため死去。

Nagare Foundation

Greeting
On the east coast of Aji, Takamatsu City, Kagawa Prefecture, there is a large studio where world-renowned sculptor, Masayuki Nagare, has been producing artwork since the late 1960s. Nagare Studio is not only the museum holding through the hundreds of sculptures, but it is also his residence. The building itself can be considered a work of art. While overlooking the Seto Inland Sea, it has a fort-like appearance that makes it stand out from the scenery.

We have established the Nagare Foundation to promote art and culture and to contribute to revitalizing the community. Through Nagare’s research and honor of creative and artistic activities, we hope to continue to preserve Nagare Studio indefinitely and to open it to the public. With your great cooperation, the Nagare Foundation received public authorization on April 7, 2009.

While devoting ourselves to the preservation and public opening of Nagare Studio, we hope to reconsider the meaning of Nagare’s existence in the world of Japanese modern sculpture. Nagare’s Samurai Spirit continue to send out the Japanese creativity to the Postwar United States. He continues to make great strides in community promotion with his sculptures, acknowledging himself as a Chiho no suketto (task force for communities).

We would sincerely hope for your continuous support and guidance in the future.

Sachiko Okada, Chief Director, Nagare Foundation

Masayuki Nagare – Wikipedia

Masayuki Nagare (February 14, 1923 – July 7, 2018) was a modernist Japanese sculptor, nicknamed “Samurai Artist” for his commitment to traditional Japanese aesthetics. He was born in 1923 in Nagasaki to Kojuro Nakagawa, the founder and president of Ritsumeikan University in Kyoto. As a teenager, he received training in the martial arts of a samurai, particularly swordsmanship, and lived in several temples in Kyoto, where he observed the patterns of rocks, plants, and water created by traditional landscape artists. In 1942, he enrolled at Ritsumeikan University, where he studied Shintoism and was apprenticed to a master swordsmith. He left university in 1943 to join the Imperial Japanese Navy and did not return to complete his studies. Nagare served as a Zero Fighter pilot in the Pacific War. After the War, he traveled all over Honshu Island until the mid-1950s, witnessing the desolation of the ruined countryside, developing a thorough understanding of the Japanese landscape, and becoming interested in local crafts such as pottery. His fascination with graveyard tombstones that had survived wartime bombing led to his longtime choice of stone as his preferred medium.

Nagare’s art is strongly influenced by Shintoism, Zen Buddhism, and traditional Japanese martial arts. His principal stone-carving techniques include warehada (“cracked skin” or “broken texture”), in which the surface is left rough, with visible chisel marks, and shinogi awase (“ridges joined together”), which describes the meeting of two highly polished surfaces. Some of his works exhibit the contrast between the two techniques. His sculptures’ clean lines often follow the subtle curvature of Japanese swords.

Nagare’s works include Cloud Fortress, which survived the 9/11 attacks at the World Trade Center (New York City) but was destroyed in the rescue and recovery efforts, Sakimori (Frontier Guardian) installed in the Honolulu Museum of Art, Hamaritsurin Garden in Seto Ohashi Commemorative Park (Kagawa Prefecture, Japan), Receiving stored at the Museum of Modern Art in New York City, and Transcendence (informally called The Banker’s Heart by locals) installed in A.P. Giannini Plaza at 555 California Street (formerly the Bank of America building) in San Francisco, California. He died in July 2018 at the age of 95.

流政之作品論集
流政之作品論集

posted with amazlet at 18.07.17
村田慶之輔 森村泰昌 中ザワヒデキ 五十嵐太郎
美術出版社
売り上げランキング: 20,414
政治とはデザインなり―金子正則独白録
金子 正則 名誉県民金子正則先生記念出版会
丸山学芸図書
売り上げランキング: 1,601,729