樹齢800年の孔雀藤。香川県高松市の岩田神社 – Peacock Wistaria at Iwata shrine

香川県高松市飯田町の岩田神社で藤(フジ)の花が見頃を迎えています。樹齢800年と言われている岩田神社の藤は「孔雀藤」と呼ばれており、1本の幹から左右に広がる見た目が豪華です。毎年恒例の「藤まつり」が開催されており、多くの人たちが訪れております。藤の見ごろは4月末、藤まつりは5月3日までコンサートやバザーなど開かれています。

There are a lot of wisteria flowers growing at Iwata shrine, Kagawa pref., Japan. And the wistaria is called Kujyaku Fuji (Peacock Wistaria), because the flowers are look like beautiful peacock plumes.

住所:香川県高松市飯田町字宮ノ窪493-1 [Google Maps]
Address : 493-1 Miyakubo, Iida town, Takamatsu city, Kagawa pref., Japan [Google Maps]


岩田神社


狛犬。桃太郎伝説のある鬼無が近いからか狛犬に角が生えています。


子どもたちの遊び場でもある神社


立派なしめ縄




藤棚


甘い香り


金刀比羅神社


「孔雀藤」と書かれた法被(はっぴ)がかっこいい

岩田神社の藤 – じゃらんnet

住所:香川県高松市飯田町字宮ノ窪493-1 [Google Maps]

神社の前に170平方mにわたって広がっているもの。根元の太さは3mもある。花期は4月末から5月初旬で、花は1mも垂れ下がり、「孔雀藤」と呼ばれている。この美観は類例のない情緒をただよわせている。

藤まつり:孔雀藤見ごろ 高松・岩田神社 /香川 – 毎日新聞

高松市飯田町の岩田神社でフジの花が見ごろを迎えている。同神社では21日、毎年恒例の「藤まつり」が始まり、多くの見物客が訪れた。

 岩田神社のフジは樹齢約800年と言われ、1本の幹から左右に大きく広がる見た目から「孔雀藤」と呼ばれる。高さ約2メートルの棚から垂れ下がり、紫や白の花びらが境内を彩っている。この日は地元の音楽グループ「ピアニシモ」によるギターとマンドリンの演奏が境内であり、訪れた人たちを楽しませた。

 近くから来た歯科助手の大山幸代さん(28)は「初めて来たが、きれいで驚いた。天気も良くて気持ちいい」と笑顔で話した。

 フジの見ごろは28日ごろまで。藤まつりは来月3日までで、コンサートやバザーなどが予定されている。【潟見雄大】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です