室戸の海と土佐の赤牛


高知県室戸市で活躍するむろっとの蜂谷潤くんに
改めて室戸を案内してもらいました。

ジオパークセンター買った旬のフルーツジュースを飲みながら見る
瀬戸内海とはまた違った太平洋の力強い青、赤牛の育つ風の谷。
大自然に囲まれてとても気持ちのいい一日でした。


室戸の海


高知県室戸市の海。世界ジオパークに認定されている室戸は、
世界で最も詳しい地質研究がされています。
プレートテクトニクス理論を陸上で初めて実証した四万十帯付加体地質、
更新世(約258万年前〜約1万年前)の氷河性海水準変動と地震隆起によって形成された海成段丘、
完新世(約1万年前〜現在)の巨大地震によって離水した海岸地形、
日本三大崩壊地の一つである「加奈木崩れ(加奈木の潰・つえ)」(1707年)などの地質遺産を見ることができます。


徳島県東洋町 白浜海水浴場


土佐の赤牛。とても気持ちよさそうです。


大昔の土砂崩れでできたという谷戸。
切り立った山に囲まれたとても気持ちのいい風の吹く場所で
土佐の赤牛がのびのびと育っています。

参考:加奈木の潰(つえ)


とても綺麗な山並み


室戸のジオパークセンターのカフェでいただける
旬のフルーツを使った搾りたてのジュースがオススメ!
この日は、スイカと梨とバレンシアオレンジのジュースを頂きました。
海を見ながらの一杯。最高です。
「真夏に梨!?」と思うかもしれませんが室戸の旬は、
普通の感覚より2ヶ月近く早く来るそうです。すごいぞ室戸。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です