モネが愛した庭を日本に… 孤高の庭師が魂を込める絶景
庭師・川上裕さん – 情熱大陸 Tver
10月3日(日) 22:59 終了予定

1961年、高知県生まれ。農業を営む両親の元、幼い頃から植物に親しみ、5歳の時には庭に小さなマイガーデンを持っていた。いつしか農家を継ぎたいと思うようになるが、両親から「公務員など安定した仕事に就いた方がいい」と諭され、大学受験に挑戦するも3度失敗、地元の銀行に就職する。それでも植物への思いは絶ちがたく、30歳で造園会社に転職。樹木だけでなく、花を扱いたいという思いで『北川村「モネの庭」マルモッタン』の庭園管理責任者に就いたのは42歳の時。モネの世界観を理解するために、フランス・ジヴェルニーの「モネの庭」を度々訪れ、モネの絵画にある色彩・光・空気感、その全てを庭づくりのインスピレーションとして日々の仕事に取り組んでいる。2015年には、フランスの芸術文化勲章「シュヴァリエ」を受章。「私は、モネに雇われた庭師のつもりで仕事をしています。」と語るその風貌は、どこかモネを思わせる。
印象派の画家クロード・モネが後半生を捧げて描き続けた睡蓮。数多の傑作は、モネが43歳の時に移り住んだフランス・ジヴェルニーの「自宅庭園」に咲く睡蓮をモデルにしている。今では多くの観光客が訪れるその庭を、もし日本でも見られるとしたら…高知県にある『北川村「モネの庭」マルモッタン』は、フランスのモネ財団から、世界で唯一モネの名を冠することを許された庭園だ。全体で3ヘクタールに及ぶ庭の管理を担っているのが、川上裕59歳。10人ほどのスタッフたちとともに、本家ジヴェルニーの「モネの庭」を手本としながら、モネの絵画に学び、円形に整えられた睡蓮、水面に映り込む木々の植栽、ナチュラルさを感じさせる花の配置と色彩感、モネが愛した光景を繊細に再現し、守り続けている。存命中のモネが咲かせたいと願いながら、ジヴェルニーの気候が適さず叶わなかった熱帯性の「青い睡蓮」が見られるのは、高知ならではだ。庭づくりと聞くと優雅なイメージを持つが、その実態は驚くほど過酷だった。取材に訪れた8月上旬、通過したばかりの台風の爪痕が庭のいたるところに残り、川上は復旧作業に追われていた。さらに、その後の長雨による日照不足で睡蓮の花数も激減。「ジヴェルニーと高知では気候が大きく異なる、庭づくりの条件としてはとても厳しい…」そんな中、ジヴェルニーの「モネの庭」で長年責任者を務めてきた庭師、ジルベール・ヴァエ氏による視察が行われることになった。昨年4月に来日予定だったがコロナ禍により叶わず、今回はリモートでカメラを通して庭の現状を見てもらうという。モネの名を冠するからには、どんな悪条件が重なろうと、その名に恥じない庭を維持しなくてはいけない。「庭の状態が悪ければ、いつモネの名を取られてもおかしくない」川上は、強風で枝が折れた柳を剪定し、無数の倒れた花の茎を支柱に巻きつけ、雨にうたれながら池で睡蓮の葉を整える。モネの愛した光景を取り戻そうと一心不乱に植物と向き合う様は、まるでモネに雇われた庭師のようだった。モネ、ジヴェルニー、北川村…3つの点を結ぶ、庭師のひと夏の奮闘を追った。

北川村「モネの庭」マルモッタン
時間:9:00~17:00(最終入園 16:30)
休園:6月~10月の第1水曜日
料金:一般1,000円、小中学生500円、小学生未満無料
住所:高知県安芸郡北川村野友甲1100番地 [Google Map]

Monet’s Garden Marmottan in Kitagawa Village
Time : 9:00-17:00(-16:30)
Closed : 1st Wednesday of June – Octber
Fee : Adults 1,000 yen / Students 500 yen / Child Free
Address : 1100 Notomokou, Kitagawa village, Kochi pref., Japan [Google Map]

2021年4月撮影 – April 2021


ボート


ボルディゲラの庭
Garden of Bordighera

北川村「モネの庭」マルモッタン
時間:9:00~17:00(最終入園 16:30)
休園:6月~10月の第1水曜日
料金:一般1,000円、小中学生500円、小学生未満無料
住所:高知県安芸郡北川村野友甲1100番地 [Google Map]

Monet’s Garden Marmottan in Kitagawa Village
Time : 9:00-17:00(-16:30)
Closed : 1st Wednesday of June – Octber
Fee : Adults 1,000 yen / Students 500 yen / Child Free
Address : 1100 Notomokou, Kitagawa village, Kochi pref., Japan [Google Map]

Monet’s Garden Marmottan in Kitagawa Village | 北川村「モネの庭」マルモッタン

All the way from France, Claude Monet’s only garden outside his home country has now been replicated in Kitagawa Village, Kochi, Japan. Impressionist artist Claude Monet devoted his heart and soul into planting attractive and exquisite plants and flowers. And he created many impressionistic style paintings, using his garden as a living canvas.

THREE GARDENS
It is well-known that Claude Monet loved and treasured Japan’s ukiyo-e wood-block prints produced in the Edo period. Monet’ Garden in Kitagawa Village consists of three gardens of Flower Garden, Water Garden and Garden of Bordighera. Strolling Flower Garden and Water Garden makes you understand Monet’s deep interest in Japanese artworks and culture. Garden of Bordighera was created by the inspiration through the works painted by Monet fascinated by the lignt and colors at the Mediterranean.

The Flower Garden brings together a large selection of attractive and colorful flowers that creates an impression of an artist’s palette. The ambience of the flower garden changes throughout the seasons as do the flowers, capturing a new and vibrant atmosphere all year round. These flowers are arranged at varying heights, and are color coordinated to the changing of the four seasons, making them highly appealing to the eye.

Water Garden
The Water Garden is influenced by Monet’s fascination for Japanese gardens and collection of Japanese hand-prints mounted on woodblocks called ukiyo-e. The garden features a taiko bridge arched over a pond, Japanese wisteria trellis, willow tress, bamboo and a selection of water lilies. This is identical to the Japanese taiko bridge over a pond in a Japanese garden that he built in Giverny in 1883. The ponds give a sense of tranquility, when you view the reflections of the sunlight and garden plants on the water. Several replicas of Monet’s artworks surrounding the ponds and bridges can also be viewed freely. The most memorable artwork of Monet’s life, the water lilies (Les Nymphéas), is also featured in replica form around the ponds, a site not to be missed.

The period from July to October is a very special time, when you can view the lush blue water lilies, which cannot be viewed at the Monet’s Garden in France.

Garden of Bordighera
The Garden of Bordighera is based on Monet’s expedition to the Mediterranean Sea at the age of 43 with a fellow artist Renoir Pierre-Auguste. The aim of his expedition to the Mediterranean Sea was to create numerous artworks that capture the beautiful Mediterranean Sea and its surroundings. Utilizing the lush and diverse landscape of the Kitagawa area, palms trees, olive trees and other exotic flowers and plants were planted to give the impression of a Mediterranean style garden. You can enjoy viewing beautiful surrounding landscapes of mountains, forests and ocean from the site of the garden. This is an experience that can only be offered at Monet’s Garden in Kitagawa Village.

モネの庭とは | 北川村「モネの庭」マルモッタン

この庭は、モネがこよなく愛したフランス・ジヴェルニーの庭をモデルに創られています。色とりどりの睡蓮とゆらめく水面、太鼓橋や藤棚、バラのアーチ、混ざり合う光と花の色…庭を散策すると、彼が描いていた風景をかいまみることができます。水鏡に映る木々や草花の美しい様子は、北川村のまぶしい光と青い山海を背景に四季折々の自然模様を描きだし、草木の成長とともにその姿を変えていきます。

“光の画家”モネが描いた理想の庭
印象派の巨匠クロード・モネは、列車の窓から見たジヴェルニーの景色の美しさに心奪われ、43歳でフランス北部にあるジヴェルニーに移り住みました。そして、セーヌ渓谷の肥沃な土地に、理想の家と庭を作りあげました。 ジヴェルニーの庭は彼の創造の源泉となり、「睡蓮」などの多くの名作を生み出す舞台となりました。 北川村「モネの庭」マルモッタンは、この庭と家をクロード・モネ財団の指導を仰ぎながら、彼の精神と共に再現したものです。

モネの生涯
クロード・モネ(1840〜1926)

印象派の巨匠クロード・モネは、1840年11月14日パリのラフィット街に生れます。少年時代はノルマンディの片田舎で過ごし、その恵まれた自然によって風景画に対する情熱を得ますが、経済的理由により、セーヌ河口の港町ル・アーブルへ移住。1859年パリの自由画塾アカデミーシュイスとシャルルグレルの画塾に入ります。1874年ルノワール、シスレーらと「画家・彫刻家・版画家・無名芸術家協会」を結成、新しい画風による製作を試み1880年に官展入選、初めての個展を開きます。日本の浮世絵に興味を持ち、コレクションを始めたのもこのころです。この仲間達との展覧会に出品した「印象・日の出」というモネの作品名から「印象派」といわれるようになりました。

1883年にジヴェルニーに居を定めて、庭づくりと創作活動に励み晩年には名声を得て裕福な生活を送ります。白内障に苦しみながらも、死ぬ間際までオランジュリー美術館に展示されている大連作の「睡蓮」を制作し、1926年12月5日86歳でこの世を去ります。