瀬戸内を眺める絶景のかんきつ農園。岡村島

瀬戸内海の岡村島の柑橘農園を撮影させて頂きました。広島県呉市のとびしま海道の終着点でありながら、みかんの国、愛媛県今治市に所属する島ということもあり柑橘の種類が豊富。甘平、せとか、はるか、文旦、不知火、ぽんかん、ネーブル、清見、甘夏。多種多様な色の柑橘が島を彩っています。

島根県隠岐諸島の海士町で知り合った佐野佐知さんが結婚・出産して故郷の瀬戸内海の岡村島(愛媛県今治市)に帰っているとのことで数年ぶりにお会いでき、お母さまに島の農園を丁寧に案内していただきました。(以下取材メモ。)

対岸に大崎上島や呉市街が見える島の北側の柑橘農園。お母さんが子どもの頃は、早朝、まだ暗い時間から農園に父親と行き、火を焚いて日の出を待ち、農作業を手伝っていたのだそう。今は農道が整備されて車で荷運びができるけど、それまでは人力で収穫した柑橘を斜面にぽつんと建つみかん小屋に運び熟成させそれを出荷していました。

索道(さくどう/ロープウェイのような運搬用ケーブル)やモノラック(モノレールのような農業機械)が導入されて農作業はだいぶ楽になりましたが、その苦労は想像に容易いです。しかし、それでも赤土の畑と潮風のお陰で昔からこの地域の柑橘は特別に美味しいと知られていたそうです。

島内の狭く湾曲した道は、昔は半分は小川が流れていて、子どもたちの遊び場でした。その道を大八車(だいはちぐるま)にみかんをいっぱい乗せて運んだのもいい思い出。若い頃は島から出ていきたいという気持ちもあったとか。この農園を案内したある方に「こんなに綺麗な景色は他に見たことない」と絶賛されてとても嬉しかったと、お母さん。

映画『この世界の片隅に』で主人公のすずが、白波が立っている瀬戸内の風景を跳ねるうさぎに見立てて描く絵が印象的です。この日は寒波がやってきて、映画の舞台の呉の街を望む瀬戸内には「波のうさぎ」が飛び跳ねていました。お父さまと寒い冬に火を焚いた朝、子どもの頃のお母さんの瞳には飛び跳ねる白いうさぎが映っていたかもしれません。

地域おこし協力隊で島に入られたご夫婦が独立して『まるせきカフェ』を運営しながらロバのボーノのいる農園でケーキの柑橘などをつくられています。カフェは島人の憩いの場所になっており、この日も島のお母さん達が楽しそうにお話していました。案内してくださった佐知ちゃんのお母さんは島の音楽の先生だったこともあり、定期的に『うたごえサロン』を開催。楽器なしで懐かしい音楽や、「関前みかん小唄」「岡村島音頭」などの島唄をみんなで歌う大人気の企画になっているのだそう。
この日は毎年2月11日に行われる『姫子島神社弓祈祷』の前日。雪が降る中、多くの人が忙しなくお祭りの準備に追われていました。この祭りには、もう10年近くニューヨークから参加しにこられる方がいらっしゃるのだそう。

岡村音頭と関前みかん小唄♪♪|茜色のブログ まるせきカフェ

関前みかん小唄

①関前よいとこ みかんのでどこ
山に黄金の 山に黄金のひがはえる
ソレ チョッキリ チョッキリ チョッキリサ

②沖の千里も みかんの香り
流れ雲さえ 流れ雲さえ ふりかえる
ソレ チョッキリ チョッキリ チョッキリサ

③月もおぼろの 観音崎は
忍ぶ恋路の 忍ぶ恋路の 花みかん
ソレ チョッキリ チョッキリ チョッキリサ

④小大下石山 真白い肌と
みかん摘む娘の みかん摘む娘の 玉の肌
ソレ チョッキリ チョッキリ チョッキリサ

⑤男度胸の 船出の唄は
あれは丸関 あれは丸関 みかん船
ソレ チョッキリ チョッキリ チョッキリサ

⑥灘の苦労も しばしの程よ
やがて嬉しい やがて嬉しい みかん島
ソレ チョッキリ チョッキリ チョッキリサ

⑦丸くおさめて みかんのように
晴れて楽しい 晴れて楽しい 新世帯
ソレ チョッキリ チョッキリ チョッキリサ

関前諸島 – Wikipedia

関前諸島(せきぜんしょとう)は、岡村島、大下島、小大下島の3島からなる、瀬戸内海中部の諸島。芸予諸島の一部をなし、愛媛県今治市に属する。2005年1月の市町村合併までは3島で越智郡関前村を構成していた。

今治港の北西約17kmにある。北に広島県の大崎上島、西に大崎下島があり、地理的に広島県に近い。岡村島が中心的な島で、今治市関前支所(旧・関前村役場)がある。岡村島はクロツバメシジミの生息地が存在することで知られる。
岡村港、小大下港、大下港には、フェリー発着可能な乗り場が整備されている。岡村島は安芸灘とびしま海道にて、本州と陸路でつながっている。愛媛県へは直接つながってないため、夜間や荒天時は実に17本もの海上架橋を通過する必要がある。他の2島は離島である。広島県の大崎上島や、愛媛県の大三島への架橋構想がある。

まこも茶、農家がつくる本気のブルーベリージャム、森の神様

真菰(まこも)の郷、愛媛県今治市玉川町龍岡。マコモタケは、茎の部分がアクのないタケノコのようでシャキシャキととても美味しいのですが、上に2m以上延びる葉の部分はお茶や入浴剤としても使える優秀な食材です。
マコモタケ農家の森のともだち農園の森さんは、ブルーベリー農家でもあります。その名も「極(きわみ)」。ブルーベリーに限らず柑橘でも、通常傷がついたり形がよくない果実を加工してジャムやジュースにします。しかし、このブルーベリージャム「極」は、生食でもいける高品質のジャムを砂糖を少なめにして、ブルーベリーの香りや旨味を大切につくられたジャムです。
この地域は、名字が森さん多いそうで、山の上の森のなかには、森さんの神様が祀られています。そこから、龍岡の集落を撮影させていただきました。

dsc_9441

dsc_9468

dsc_9480

dsc_9397

dsc_9330

dsc_9296

dsc_9476

dsc_9359

dsc_9469

dsc_9129

dsc_9416

dsc_9475

dsc_9457

dsc_9463

【10月24日(土)より、全国ロードショー】愛媛県今治市 栄福寺 映画「ボクは坊さん。」

愛媛県今治市にある四国八十八カ所霊場の第57番礼所 栄福寺
住職・白川密成さんの物語が映画になります!
「ほぼ日刊イトイ新聞」で連載された実話エピソードが映画化されます。

参考:クリエイティブなお坊さんが考える「情報発信」 白川密成 (しらかわ・みっせい) さん 栄福寺住職 – 四国びと

bosan

ボクは坊さん。
公開:2015年10月
スタッフ:監督 真壁幸紀、原作 白川密成、脚本 平田研也、製作統括 加太孝明 志賀司
キャスト:伊藤淳史、白川光円、山本美月、溝端淳平、渡辺大知、遠藤雄弥

四国第57番札所 栄福寺
愛媛県今治市玉川町八幡甲200 [Google Maps]

ボクは坊さん。
ボクは坊さん。

posted with amazlet at 15.07.02
白川密成
ミシマ社
売り上げランキング: 8,815

お供馬の走り込み(菊間祭) Kikuma Otomouma festival

500年前から行われていた祭事「お供馬の走り込み(菊間祭)」。愛媛県今治市菊間町のお祭りです。「お供馬の走り込み」は、馬を使った祭事として全国的に見ても珍しいお祭りで、この地域から選ばれた少年たちが乗子(のりこ)となり、着飾った姿で「ホイヤー、ホイヤー!」と馬場を疾走するお祭りです。男の子たち学校でモテるだろうなぁ!格好良かった!

Kikuma Otomouma festival is horse running at Kamo Shrine, Kikuma town, Imabari city, Ehime pref., Japan. Only in the autumn festival of Kamo-jinja Shrine at Kikuma-cho, Imabari City, appears Ushioni in the Toyo region.


鳥居から神社までの参道が馬場になっています。


馬も美しい。


乗り子の男の子の衣装


凛々しい。


走りこみがはじまりました。


「ホイヤー、ホイヤー!」


驚くほど速い!!


太鼓台や牛鬼


獅子舞もあります。


収穫の秋。


とても気持ちのいい風が吹いていました。

愛媛県今治市で生まれたB級グルメ 「焼豚卵飯」 Fried rice with eggs and barbecued pork

焼豚卵飯(やきぶたたまごめし)は、
愛媛県今治市で生まれたB級グルメ。
ご飯の上に薄く切った叉焼(煮豚)と半熟の目玉焼きをのせて
焼豚のタレで味付けした丼ぶりです。
これ以上の説明は不要です。うまい。

“Yakibuta tamago meshi (Fried rice with eggs and barbecued pork)” is a concoction of seasoned pork with lightly fried eggs on rice, with a sweet peppery sauce. It is known as a local food of Imabari city, Ehime pref., Japan. Need no explanation. yum-yum.

今治 焼豚玉子飯 世界普及委員会 公式サイト | 愛媛 今治 B級ご当地グルメ

Shigematsu Hanten in Imabari | Japan Tourist, by Rod Walters

On a trip to Imabari, I fell into conversation with a young Japanese man I met. He worked at the Kurhaus onsen and swimming pool complex where I had a morning swim. Having graduated from an American university, he was keen to give his English a run. I asked him to recommend a place for lunch. Without hesitation, he suggested I try yaki-buta-tamago-meshi, a specialty of Imabari featuring seasoned pork (yaki-buta) on a bowl of rice (meshi), topped with two soft fried eggs (tamago), with sauce (tare). Since I was half starving after my swim, I thought the yaki-buta-tamago-meshi sounded very good indeed.

絶品!大人のB級グルメ 永久保存版

【B-1グランプリ公認】伊藤本舗 今治焼豚玉子飯のタレ 200ml

白龍
場所:愛媛県今治市郷本町1-3-41 [Google Maps]
電話:0898-32-8797
時間:11:00~21:00
定休:木曜日

白楽天
場所:愛媛県今治市常盤町4-1-19 [Google Maps]
電話:0898-23-7292
時間:11:00~15:00/17:00~22:00
定休:火曜日

Hakuryu
Place : 1-3-41 Gohon town, Imabari city, Ehime pref., Japan [Google Maps]
Tel : 0898-32-8797
Time : 11:00-21:00
Close : Thursday

Hakurakuten
Place : 4-1-19 Tokiwa town, Imabari city, Ehime pref., Japan [Google Maps]
Tel : 0898-23-7292
Time : 11:00-15:00/17:00~22:00
Close : Tuesday

産直市で食べられるフルーツたっぷりケーキ 「さいさいきて屋」 Fruit cakes of the market “Saisai kiteya”

愛媛県今治市にある国内最大級の産直市「さいさいきて屋」
いつきても季節の野菜やフルーツ、海産物などがずらっと並んでいる元気な産直市です。
個人的に楽しみにしているのが、
ここのカフェで食べることができるフルーツケーキ。
イチジクやマスカットなど季節のフルーツがたっぷり乗っています。

I love these fruit cakes of the market “Saisai kiteya” at Imabari city, Ehime pref., Japan. You can enjoy fresh vegetables, fruits and fish as well as the cafe.


ショーケースの中には美味しそうなケーキがずらり。
みているだけでヨダレがでます。


スライスしたイチゴが表面を覆っているケーキです。


アップで撮るとこんなかんじ。


コーヒーとあわせて美味しくいただきます。


こちらはチーズケーキ。
イチゴの酸味とチーズがよく会います。


秋にはイチジクやマスカットのケーキが食べられます。


愛媛県今治市にある国内最大級の産直市
冬はさすがみかんの国というだけあって産直市には、
ずらっと様々な種類のみかんが並んでいます。


こちらは瀬戸内海の島々でとれたみかん。潮風があたるほうが甘くなるのだとか。


もちろん、みかん以外の柑橘類もたくさん揃っています。
瀬戸内海の気候が柑橘類にぴったりなんですね。


アスパラガス


大根、ナス、みつば。様々な季節の野菜や果物が並びます。

さいさいきて屋 SAISAICAFE
時間:9:00~18:00
場所:〒794-0840 愛媛県今治市中寺279-1
電話:0898-35-3671 / FAX:0898-35-3672
定休:年中無休(お正月の1.2.3を除く)

SAISAICAFE

Time : 9:00-18:00
Place : 279-1 Imabari city, Ehime pref., Japan
Tel : 0898-35-3671 / FAX : 0898-35-3672
Close : 1/1st,2nd,3rd

2015年3月26日放送 さいさいグループ代表 西坂 文秀(にしさか ふみひで)氏|カンブリア宮殿:テレビ東京

愛媛・今治市にある農産物直売所「さいさいきて屋」。地元の言葉で「何度も来て」という店名の通り、客を圧倒する豊かな品揃えを目当てに、今や年間120万人が訪れる全国最大級の直売所として知られる。地元客だけでなく、わざわざ泊りがけで買いに来る客もいるほどの人気だ。一体なぜこれほど活況の直売所が、タオルと造船の町に生まれたのか。そこには高齢化する農業を逆手に取った独自の仕組みと直売所が地域社会をつなぐ核になろうという「規格外」の発想があった。

売上高27億円!工業の町で人気の農産物直売所
瀬戸内海に面したタオルと造船の町、愛媛県今治市。地域は山と島々で平地は狭く、15年ほど前まで農業は農家の高齢化とともに衰退する一方だった。そこに今、日本最大級の農産物直売所「さいさいきて屋」がある。商圏人口は、たった10万人だが、年120万人が訪れ、売上高は27億円に上る。旬の野菜や名産品の柑橘類から瀬戸内海の魚まで地元の食材が圧倒的な量で並び、併設カフェでは、アンバランスなほど巨大イチゴが山盛りのケーキが飛ぶように売れていた。今治のイチゴをおいしく食べてもらおうというデザートで、あくまでも主役は地元のフルーツなのだ。

原動力は高齢農家のやる気!
出荷農家1300人のほとんどは、兼業、小規模、高齢などの「農業弱者」。この農産物直売所を企画したJAおちいまばりの西坂文秀さんは、1999年ごろ高齢化と共に地域の農業が衰退し《農協に農家が来なくなっている》ことに愕然とする。大量に生産する専業農家が減っていたからだ。その現実を見て「これから地域の食と農を支えてゆくには兼業農家に活躍してもらう場が必要だ」と考える。そして、少量しか生産しない兼業農家に「きゅうり一本でも出してほしい」と呼びかけ、2000年に小さな直売所を始めた。すると、栽培した野菜を自分で値付けし自身の名前を付けて売る喜びに、農家が目覚めた。店には、少しでも良い売り場を確保しようと早朝から農家の行列ができるほどだ。高齢農家の「やる気パワー」が、直売所の豊かな店頭を生み出していた。さらに、そうした高齢農家の姿を見た若者が農業に参入するケースも増えている。

目指すは「日本一売れ残りの少ない直売所」!
出荷農家は、夕方売れ残ったものを持ち帰るルール。西坂はある日、出荷農家でもある母親からこんなことを言われた。「出荷する時に運ぶホウレンソウ70束より、売れ残った4束の方が重い」。それまで売り上げを上げることばかりに集中していた西坂は、「売れ残りゼロを目指す」ことに方針を転換する。そして、売れ残りの野菜をパウダーにする工房を建設するなど、出来る限り売り切る方法を模索した。さらに、幼稚園や小学校などに料理や食材を提供し販路も拡大している。

農産物直売所が「小さな経済圏」を作る!
「さいさいきて屋」は、高齢の農家に販売の道を開いただけでなく、買い物に不便な島などに暮らす高齢者、いわゆる「買い物難民」を手助けしようと、ネット通販も始めた。農家と消費者を結ぶために、さらに一歩踏み出した農産物直売所。目指すは、地域社会をつなぐ核となり地産地消を究めて、小さな今治の経済の中でお金が回るようにしていくことだという。


大きな地図で見る

愛媛・今治、登泉堂。いちごミルクのかき氷 Tosendo’s shaved ice with strawberry syrup

愛媛県今治市の地元でも有名なかき氷のお店「登泉堂」。
昔からいちごミルクのかき氷が有名です。

My frend told me this famous shop “Tosendo” in Imabari city. The shop has been famous for strawberry shaved ice since olden days.

それが、「秘密のケンミンSHOW」の愛媛特集の際に取り上げられて
さらに人気に火がついてしまったんだとか。
さっそくいってみるとこの行列。これは期待が高まります。
After taking up by TV program, the shop was hot-wired. Queuing up in front of a shop is proof that the shop serves delicious food.

並ぶこと30分。。
After waiting 30 min…

「いちごミルク金時」
本物のいちごを使い熟成させたシロップを使っているので、
いちごの甘い香りと爽やかな酸味が口の中いっぱいに広がります。
美味しい!
This is the shaved ice with Strawberry milk. With the shaved ice, the fresh acidity and sweet perfume of strawberry spreads inside your mouth.

一緒でてくる熱いお茶もかき氷を食べながら飲むと最高です。
Hot green tea and shaved ice are good combination.

【和菓子・甘味処】登泉堂

場所:〒794-0041愛媛県今治市松本町3-2-28
電話:0898-22-5735
時間:9:00~19:00 ※かき氷は12:00~18:00
定休日:日曜日

12月末~1月初旬 お正月用の和菓子、15~20種類作っております。
1月~4月末 春物の和菓子と桜餅・柏餅などを作っております。
5月~9月末 かき氷と夏物の和菓子、錦玉・わらび餅などを作っております。
9月末~11月末 秋物の和菓子、栗饅頭・どら焼きなどの焼き物も作っております。
11月末~12月中旬 冬物の和菓子を作ってます。12月末は、お正月の和菓子とお餅を作っております。
*秋から春にかけては和菓子の他に数種類ケーキも作っております。

Tosendo (Japanese confectionery and cafe)

Place : 3-2-28 Matsumoto town, Imabari city, Ehime pref., Japan
Tel : 0898-22-5735
Time : 9:00-19:00 *Shaved ice 12:00-18:00
Closed : Sunday

Dec – Jan : Japanese confectioneries for new year
Jan – Apr : Cherry flavored soft sweet rice cake etc.
May – Sep : Shaved ice / warabi rice cake etc.
Sep – Nov : Steamed breadsweet of chestnut etc.
Nov – Dec : Winter Japanese confectioneries etc.


大きな地図で見る

今日もかき氷 (CASA BOOKS)
今日もかき氷 (CASA BOOKS)

posted with amazlet at 12.09.24
蒼井 優
マガジンハウス
売り上げランキング: 23930