Trencadis トレンカディス

トレンカディス(カタルーニャ語)というのは、
ガウディ作品の曲面を覆う、破砕タイル仕上げのことです。
近年の流行といえる、三次曲面をもった建築のいくつかは
継ぎ目のない滑らかな曲面仕上げをほどこしたものがあります。
去年、父親ととある三次曲面を屋根にもつ建築を見に行きました。
父が言うには、その滑らかな曲面をめざした建築は、
遠目でみているぶんには美しくみえるものの、
近くで見たときにはその曲面が破綻しているらしいのです。
僕の父親は、車のエクステリアデザインや陶芸の経験から、
普通の人より曲面にたいする意識は強いのだと思います。
おそらく図面やCGにおいては綺麗にみえる建築も、
その巨大さゆえに完成品の精度はせいぜい数ミリ。
コンマ数ミリの精度を求められる車のものさしで測ると、
建築のそれはあまりに粗末なのかもしれません。
その時、話してたのは、ガウディのトレンカディスについて。
プロダクトデザインで求められる精度で建築をつくるのが不可能であれば、
それを前提に建築を設計する必要があって、
それでも三次曲面の建築をつくる場合、
その曲面の破綻を回避する方法を建築家は考えなくてはいけない。
そのひとつの答えが、ガウディのトレンカディス
なんじゃないかっていう話をしていました。
つまり、破砕したタイルという、ディテールの集合によって覆うことで、
曲面の精度はそれほど気にならなくなる。
きっとこういう、提案→評価→問題点の発見→解決策の検討
を繰り返してようやく、後に傑作と呼ばれる建築作品は生まれてくるのだろな。
ガウディのつくった山に登って、その肌理の勾配を見たとき、
そんな想像を膨らましていました。

Gaudi: Complete Works 1852-1900/Das Gesamte Werk/L'Oeuvre Complete (Evergreen Series)
Isabel Artigas
Taschen America Llc
売り上げランキング: 19,022
Gaudí
Gaudí

posted with amazlet at 17.02.05
Parkstone International (2014-01-07)

参考:
【建築家】ガウディ研究:田中裕也のバルセロナ便り]
ガウディコレクション
L’església -Cripta- de la Colònia Güell
バルセロナ、ガイド。カタルーニャ地方の有名人のご紹介

天井画 カサ・ミラ アントニ・ガウディ – Ceiling painting of Casa Milà, Antoni Gaudi

そして、カサ・ミラの内観。La Pedrera。
山がテーマだけあって、内部は洞窟のよう。赤と緑の色彩がつくる天井画が綺麗。
以下は、カサ・ミラに影響を受けたといわれる有機的な曲線をもつ建築。

 Casa Milà was a predecessor of some buildings
 with a similar biomorphic appearance:
 “Einstein Tower” in Potsdam, Erich Mendelsohn
 “Solomon R. Guggenheim Museum” in New York, Frank Lloyd Wright
 “Chapelle Notre Dame du Haut, Ronchamp” in France, Le Corbusier
 “Hundertwasserhaus” in Austria, Friedensreich Hundertwasser
 “Disney Concert Hall” in Los Angeles, Frank Gehry
 Wikipediaより

参考:
カサ・ミラ – Wikipedia
カサ・ミラ[バルセロナ編]
一般住居なのに世界遺産!「カサ・ミラ」 – [セカンドライフ]All About
ガウディ~カサ・ミラ (ラ・ペドレラ)

ムデハル様式 アルカサル – estilo mudejar, Reales Alcazares

レコンキスタ後にキリスト教徒の王たちが改築した城。
キリスト教徒の王なのに、宮廷内ではイスラムの服装を着て、
アラビア語を使うほどイスラム文化に心酔していたそうです。
スペインの各地からイスラム職人を呼び寄せ、
漆喰細工の「乙女のパティオ」やヒマラヤ杉の円形天井「大使の間」をつくる。
いずれも、ムデハル様式の傑作ということができるでしょう。
敵であるはずのイスラム文化に心酔し
それを生活のなかに積極的に取り込もうとする
当時の人々の心情はどんな様相だったのだろうかとやはり疑問が残る。
なんで、キリスト教の王にあたる人間がそんなことできたのだろか。
日本における神道と仏教の関係とはまた違った歴史的な文脈がありそうですが、
いまの僕には勉強不足でわかりません。世界ふしぎ発見。

 ムデハル様式 (estilo mudejar)
 > スペインの建築様式で、
 > レコンキスタの後、残留イスラム教徒(mudajjan)の
 > 建築様式とキリスト教建築様式が融合したスタイル。
 アルカサル (Alcázar of Seville)
 > スペインのセビリアにあるスペイン王室の宮殿である。
 > 14世紀、ペドロ1世の命により、
 > イスラム時代の宮殿の跡地にムデハル様式で建設が始められた。
 > グラナダのアルハンブラ宮殿を意識した構造になっている。
 > 15世紀から16世紀にも増築されため、
 > ゴシックやルネサンスなどの様式も混じっている。

参考:
アルカサル (セビリア) – Wikipedia
ムデハル様式 – Wikipedia
アラゴンのムデハル様式の建築物 – Wikipedia
ビッグツアー:スペイン アンダルシアの旅: ムデハル様式建築

スペインの屋上

ヒラルダの塔からみえたスペインの家々。
一軒一軒、観察していたら屋上をバルコニーにして
植栽を置いている家が多いように感じました。
かわいらしい、屋上の家をみつけたのでメモ。

参考:
建築+街並探訪・スペイン [Link]
Category:スペインの建築家 – Wikipedia [Link]
Category:スペインの建築 – Wikipedia [Link]

トルコ・ランプ – turkish lamp

こちらも、同じくカサ・アンダルシ(Casa Andalusi)より。イスラム寺院などにも見られる様式のランプ。
こういうデザインのランプは、日本ではトルコ・ランプが有名ですね。
トルコは、国民の99%がイスラム教で、モスクにいくとやはりこの種類のランプが天井から吊るされているので、
どちらがオリジナルかは不明ですが、スペイン南部にのこるこうした様式が
イスラム教文化と同じ文脈で伝播してきたんだろうと思われます。
まだまだ、知りたいことがいっぱいあるなぁ。

 トルコ 宗教構成
 > 宗教構成は、宗教の帰属が身分証明書の記載事項
 > でもあることからかなり正確な調査結果が存在する。
 > それによると、人口の99%以上がムスリム(イスラム教徒)である。
 > 一方、各宗派に関しては、身分証明書にその記載事項がないことから、
 > 宗教のように詳細な宗派区分の把握ができておらず不明な点も多い。
 > その結果、一般的にはムスリムを信奉する
 > トルコ国民の大半はスンナ派に属するといわれているが、
 > 一方で同じイスラム教の中でマイノリティであるアレヴィー派
 > の信奉者がトルコ国内にも相当数存在しているとの主張もあり、
 > 一説には20%を越えるとも言われている。

参考:
イスラムという視点から見たヨーロッパ [Link]
Turkish Lamps | Rustic Chandeliers | Large Chandeliers [Link]
トルコ – Wikipedia [Link]
トルコ=イスラーム文化 – Wikipedia [Link]

スペイン陶器

もうひとつ、アラベスクではないですが、
飾ってあったお皿の柄が気に入ったのでメモ。
スペインにも日本で言う、「益子焼」や「有田焼」のように
その地域の土や焼き方を指す陶器の名前があります。
タラベラ・デ・ラ・レイナの伝統工芸品、タラベラ焼きが有名。
その土地の土からつくられる粘土や
植物の灰や溶岩からつくられる釉薬など、
地域特性を色濃く残す陶芸の文化は、
建築の地域特性、バナキュラー(土着的)建築を考える上で興味深いです。
ところで、話はかわりますが、
アルハンブラの装飾をみていても気がついたのですが、
アラベスク(arabesque)模様には、二種類ある気がします。
ひとつは、下の写真のような
三角形や四角形をつかった直線的な幾何学。
もうひとつは、アルハンブラ宮殿でメモしたような
植物や動物の形を反復することでつくる曲線的な幾何学。
とおもって調べていたら、Wikipediaに以下の説明。
さすが、ウィッキーさん。

 ふたつのモード
 > アラベスク美術には2つのモードがある。
 > 第一は世界の秩序を支配する原理を表現している。
 > これらの原理は、物体を構造的にしっかりとしたものにし、
 > さらに拡張することによって美しくする根本原理(つまり、
 > 角度そのものや、角度が作り出す静的なかたち、
 > とくに三角形をつなぎ合わせたトラス構造)が含まれる。
 > 第一モードにおいては、いずれの反復する幾何学形式も、
 > それぞれに固有の象徴性を有している。たとえば、
 > 四角形は四つの等辺を持っているところから 、
 > 自然界の等しく重要な要素と考えられていた、
 > 「土」「空気」「火」「水」の四大元素を象徴する。
 > 四大元素のどの一つを欠いても、
 > 物質的世界(四角形に円を重ねることで表現される)は崩壊し、滅亡してしまう。
 > 第二のモードは、植物の動的な性格に基づている。
 > このモードは、生命を与える母性(女性性)を表現する。
 > 加えて、アラベスク美術の例を多く検証し、
 > 第三のモード、すなわちアラビア書道に基づくモードの存在を主張する者もいる。

参考:
スペイン・タラベラの陶器販売 ~Estudio de ceramica~ [Link]
アラベスク – Wikipedia [Link]
アラベスクとは – はてなダイアリー [Link]
スペインの陶器の街タラベラ Talavera [Link]

アラベスク プレート – arabesque plate

カサ・アンダルシの壁にかけてあったアラベスク模様のお皿。

アラベスク

アラベスク(arabesque)は、モスクの壁面装飾に通常見られるイスラム美術の一様式で、幾何学的文様(しばしば植物や動物の形をもととする)を反復して作られている。幾何学的文様の選択と整形・配列の方法は、イスラム的世界観に基づいている。

ムスリムにとって、これらの文様は、可視的物質世界を超えて広がる無限のパターンを構成している。イスラム世界の多くの人々にとって、これらの文様はまさに無限の(したがって遍在する)、唯一神アラーの創造のありのままを象徴するのである。さらに言うなら、イスラムのアラベスク芸術家は、キリスト教美術の主要な技法であるイコンを用いずに、明確な精神性を表現しているとも言えよう。

参考:
アラベスク – Wikipedia [Link]
アラビア書道 – Wikipedia [Link]

パコ・デ・ルシア – Paco de Lucia, Entre dos aguas (1976)

Paco de Lucia
Entre dos aguas (1976)

パコ・デ・ルシア(Paco De Lucía、1947年12月21日-)はスペインのギタリスト。フラメンコやジャズの分野で活躍している。1977年、フラメンコの分野で活躍してきたパコに転機が訪れた。元リターン・トゥ・フォーエヴァーのフュージョン・ギタリスト、アル・ディ・メオラのアルバム『エレガント・ジプシー』に参加し、ジャズ/フュージョンのファンからも認知を得る。1979年には、ジョン・マクラフリン、ラリー・コリエルとの3人で、アコースティック・ギター3本だけのツアーを行う。その後ラリーに代わってアルが加入し、『Friday Night In San Francisco』(1981年)、 『Passion, Grace & Fire』(1983年)を発表。この3人は、スーパー・ギター・トリオという愛称で親しまれ、1996年には再び活動を共にしている。1990年には、チック・コリアがゲスト参加した『Zyryab』を発表。なおもフラメンコの枠にとどまらぬ活躍を続ける。

  
参考:
パコ・デ・ルシア – Wikipedia [Link]
esflamenco Paco de Lucía (パコ・デ・ルシア) [Link]
試聴:Paco de Lucia (ぱこ・で・るしあ)(パコ・デ・ルシア) [Link]

パコ・デルシア × ジョン・マクラフリン × アル・ディ・メオラ – Paco de Lucia × John McLaughlin × Al di Meola

パコ・デルシア × ジョン・マクラフリン × アル・ディ・メオラ [Link]
Paco de Lucia × John McLaughlin × Al di Meola

演じ手の方に目を向けると、
20世紀後半にギター、カンテ、舞踊の各分野で技術革新を行う人物が次々に登場した。
ギターの分野では1960年代末に登場したパコ・デ・ルシアが最も重要な革新者とされる。
フラメンコの演奏家として出発したギタリストである
パコ・デ・ルシアがジャズやクラシック・ギターの要素を大胆に取り入れ、
ギターの奏法に革命的な変化をもたらす。彼の奏法には賛否両論あるが、
ビセンテ・アミーゴやトマティートなどその系譜を
嗣ぐ若手・中堅のギタリストは現在非常に多い。
カンテの分野ではパコ・デ・ルシアやトマティートとともに
活動した男性歌手カマロン・デ・ラ・イスラが名高い。
舞踊の分野ではアントニオ・ガデス、ホアキン・コルテス、
アントニオ・カナーレス、ファルーコなどの名が挙げられる。

  

参考:
パコ・デ・ルシア – Wikipedia
ジョン・マクラフリン – Wikipedia
アル・ディ・メオラ – Wikipedia

ミゲル・ポベーダ – Miguel Poveda

ミゲル・ポベダは力強いスタートを切った。1993年にラス・ミナス全国カンテ・コンクール(ラ・ウニオン、ムルシア、スペイン)で圧勝、重要な4つの賞を獲得したが、その中でもランパラ・ミネーラ賞は待望の受賞だった。1956年にアントニオ・フェルナンデス・ディアス・フォスリートが達成した以外、このような偉業を成し遂げた者はいなかった。その上パージョ(非ジプシー)でカタルーニャ人、これまでアーティストのいなかった家系の出身ということで、いっそうの驚きであった。だが当時のミゲル・ポベダは駆け出しのアーティストではなく、少なくとも1988年から観客の前で、バイラオーラの姉、ソニア・ポベダのために歌い始めていた。ラス・ミナスでの受賞以降、彼は常に注目を浴びている。瞬く間に熟練し、伝統的かつ正統派の期待される若手カンタオールの1人であるが、新しい提案にも目を向けている。

  

参考:
Web oficial Miguel Poveda [Link]
esflamenco Miguel Poveda (ミゲル・ポベダ) [Link]
HMV Miguel Poveda(ミゲル ポベーダ) [Link]
HIROのフラメンコ公演レポート(β): ミゲル・ポベーダ [Link]
ミゲル・ポベーダ/静かなる大地 【パセオフラメンコショップ】 [Link]

マリア様をのせた神輿(みこし) パソ – Paso

これがパソというマリア像をのせた神輿。
これをコスタレロという選ばれた屈強の若人が担ぎ、
聖週間の7日間、昼夜を問わず行進が続けられます。
とにかく、音楽がかっこよくて、心震えるものがありました。
映像が、Youtubeにあったのではっておきます。

 > パソ
 > 山車のようなものと紹介されていた。
 > 確かに台の上は山車そのものだ。しかし、山車と大きく違うのは、
 > 車輪がついているのでなく、下から1.5ttほどの重量物を担ぐ。
 > その点から言えば、神輿みたいなものといったほうがよさそう。
 > ただし、神輿と違って、キリスト像またはマリア像を載せ、
 > 太く長い多数の蝋燭をあしらい、
 > 銀細工を随所に施した白と銀とに色調を統一した荘厳なもので、
 > 摺り足でしずしずと運ぶ。
 > 信徒会はパソを美しく華やかにものにしたいと心を砕く。
 > 熱狂する様はまさしくキリスト教国の本場のそれだった。

 マリア信仰
 > 紀元4世紀頃盛んになったという。
 > その後、イスラムの支配を受けるが、マリア様への信仰はひそかに続けられていた。
 > そして、13世紀に国土回復運動に成功し、
 > ロシオからはイスラムの支配にも耐えて残ったマリア像が発見されたという。
 > 本当にスペイン人のマリア信仰は強烈なように思う。

参考:
セビージャのパティオにて こうして今年もセマナ・サンタがやって来た。
スペイン・セビリアの聖週間

アルハンブラの森 Forest of Alhambra


アルハンブラ宮殿に行くまでの道。
丘の上の、パラドールに泊まったので、
この坂を何度も何度も上り下りした。
大量の水を丘の上に引っ張っているので、
森の中に水の音が響いている。
参考:
Pena El Gallo: ゴメレス坂 [Link]
www.mosaico.jp ナホミンとモザイクperモザイコ55!:アルハンブラ [Link]
spain-granada-city [Link]
平面幾何学式庭園 – Wikipedia [Link]

古城や宮殿や修道院に泊まことができるスペイン国営の宿 パラドール – parador

古城や宮殿や修道院など歴史的建築物を改装した国営の宿泊施設。
1928年に第一号が完成し、現在はスペイン国内に90箇所以上あります。
宿泊は高いので、朝食だけここで食べる人も多いようです。

  

参考:
スペイン・パラドール [Link]
パラドールの魅力| スペイン旅行・ポルトガル旅行なら「イベロジャパン」 [Link]
パラドール情報 – [スペイン]All About [Link]
スペインのパラドールを楽しむ5つの方法 [Link]
Paradores de Turismo [Link]
Parador – Wikipedia, the free encyclopedia [Link]

色鮮やかなスペイン・タイル – Tile of Spain

アルハンブラ宮殿の壁や床を覆うタイル。色の組み合わせが絶妙。
雨や水を象徴して描かれているそうです。砂漠文化でもあるイスラムにおいては、
特に水にたいする意識が強く、建築内に水を積極的に取り込んでいる。
これだけの高い丘の上に水を引く、水利システムはかなりの高度技術。

 > 宮殿内に敷き詰められたタイルは一枚一枚当時の職人によって作られたものである。
 > 円、四角形、複数の線を組み合わせて造形された
 > 独特な八角形のタイルは互いにぴったりと敷き詰めることができる精巧な作りであった。
 > 一方、柱に描かれた鮮やかなタイルアートは一枚一枚のタイルが全て異なる形、
 > 大きさになっており、違う場所にはめ込むことはできない。
 > 複数ぴったりと合わさる八角形のタイルとは正反対だ。
 > これらのアートは雨や水を象徴して描かれたものだ。
 > 劣化が見られる箇所は現在修復作業が行われている。

参考:
NHK 世界遺産の旅 【水の庭園 アルハンブラ宮殿/蘇州の古典庭園 [Link]
世界遺産を巡る旅|アルハンブラ宮殿-MSNトラベル [Link]
建築マップ・アルハンブラ宮殿 [Link]
スペインの最高級磁器::サルガデロス【Sargadelos】 [Link]
アルハンブラ宮殿 – Wikipedia [Link]

イスラムの精神を表現する幾何学的文様。 アラベスク – arabesque

時に植物や動物の形をモチーフとした幾何学模様(Afghan)を反復し、
キリスト教のようなイコンを用いることなく、
唯一神アラーの創造とムスリムの精神性を表現している。

 アラベスク
 > アラベスク(arabesque)は、モスクの壁面装飾に
 > 通常見られるイスラム美術の一様式で、
 > 幾何学的文様(しばしば植物や動物の形をもととする)を反復して作られている。
 > 幾何学的文様の選択と整形・配列の方法は、イスラム的世界観に基づいている。
 > ムスリムにとって、これらの文様は、
 > 可視的物質世界を超えて広がる無限のパターンを構成している。
 > イスラム世界の多くの人々にとって、これらの文様はまさに無限の(したがって遍在する)、
 > 唯一神アラーの創造のありのままを象徴するのである。さらに言うなら、
 > イスラムのアラベスク芸術家は、キリスト教美術の主要な技法であるイコンを用いずに、
 > 明確な精神性を表現しているとも言えよう。

 役割
 > アラベスクは、一部の主張に拠れば、美術と科学のいずれとも見なしうる。
 > なぜなら、アラベスクは数学的に正確であり、美的に目を悦ばせるものであり、
 > そして象徴的であるからだ。
 > そして、この二面性ゆえに、アラベスクの芸術的側面は、
 > さらに世俗性と宗教性へ細分して考えることができるとされる。
 > ただし、多くのムスリムにとってはこのような区別は意味をなさない。
 > あらゆる芸術も自然界も、もちろん数学も科学もすべて唯一神の創造であり、
 > 同一のものの反映だからだ。言い換えれば、
 > アラベスクを構成するかたちを人は発見したが、
 > これらは常にそれ以前から神の創造の一部として存在していたのである。

 アルハンブラ宮殿
 > アルハンブラ宮殿は現在スペイン屈指の世界遺産であり
 > 世界中からの観光客が訪れる名所となっているが、
 > これが元はスペインに屈服させられたイスラム教徒の 宮殿である
 > ということは象徴的な意味を持っている。
 > 即ち、現在のスペイン国家は公式にはレコンキスタの
 > 過程でそれまでのイスラム的な文化を払拭(カトリック教会側から見れば浄化。)
 > して建てられたカトリック教国であるが、
 > 現実にはスペインをスペインたらしめる数多くの文化が
 > イスラムにその多くを負っているということである。
 > スペインを訪れるイスラム教徒たちは、
 > このアルハンブラを他の誰にも増して特別な気持ちで見るという。
 > 彼等にとってアルハンブラはイスラム=スペイン(アル=アンダルス)の象徴であり、
 > イスラムの支配と信仰が砕かれてもなおスペインに残った輝かしい遺産なのである。

参考:
アルハンブラ宮殿 – Wikipedia
アラベスク – Wikipedia

アルバイシンにあるコカコーラの看板 – Coca Cola

景観保護地区のアルバイシンのコカコーラの看板。
スペインは宮殿の装飾からもわかるように、タイルや陶器が有名。
宮殿の装飾から職人の技術が高くなったのかな。

参考:
コカ・コーラ – Wikipedia
アルハンブラ宮殿 – Wikipedia
バレンシア (スペイン) – Wikipedia

ピカソの出身地 マラガ – Malaga


ロンドンからスペイン南部の都市マラガへ。
空港からでるとまったくロンドンと日差しが違う。
空港周辺の風景はスペインというより、アリゾナ。乾いた土に乾いた空気。
空港から電車にのって中心街へ行く。マラガはピカソの出身地としても有名。
椰子の木が街路樹なのも手伝ってか南国の雰囲気。
そして、イースターのお祭りで、昼間からにぎわっております。

 > 紀元前1000年頃、フェニキア人が現在のマラガの位置に
 > 「マラカ」(Malaka)という都市を建てた。
 > 「マラカ」の名はおそらくフェニキア語の「塩」から来ており、
 > 港で魚が塩漬けにされたことによる。その6世紀ほどのち、
 > カルタゴの領土だったイベリア半島のほかの地域とともに、
 > ローマ人により征服された。5世紀からは西ゴート王国の支配下に入った。
 > 8世紀にイベリア半島はイスラム教徒に征服され、
 > マラガは重要な貿易の中心地となった。
 > マラガは後ウマイヤ朝に領有されたのち、
 > タイファ時代にはグラナダとは独立した王国の首都となった。
 > この時期、マラガは「マラカー」(アラビア語:مالقة)と呼ばれていた。
 > レコンキスタの最終期になってから1487年にスペイン王国に征服された。
 > 1936年、スペイン内戦においてフランコの反乱軍と
 > イタリア軍により激しい空爆にさらされた。
 > 1960年代以降、コスタ・デ・ソルの観光業によってマラガの経済は大きく発展した。

参考:
マラガ – Wikipedia [Link]
Malaga マラガ市のサイト(スペイン語) [Link]
マラガ 観光 徹底旅行ガイド – フォートラベル [Link]
マラガガイド情報 – goo 旅行 [Link]
マラガ行きの格安便 [Link]