イワシやサヨリの天日干し Dry in the sun of fishes


六口島(むぐちじま)でみかけたイワシやサヨリの天日干しの風景です。
寒くなってくると瀬戸内海沿岸や島々では、
天日干しの風景を見かけるようになります。
天日干しは、魚のうまみが増す昔ながらのつくり方です。

This is the scenery of dry in the sun of sardines and halfbeak. When the winter is coming at Seto Inland Sea coast and islands, you can see the landscape of dry in the sun. This method of food preparation is the old style to increase the fish flavor.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です