Serpentine Gallery Pavilion 2006 – Rem Koolhaas and Cecil Balmond


同じくロンドン。毎年恒例になったサーペンタインギャラリーの仮設パビリオン。
半透明素材でつくられた卵型のバルーン天蓋。
ぜんぜん別物だけど、横浜美術館でのしりあがり寿さんの空間、
「オレの王国、こんなにデカイよ。」を思い出します。
ザハ・ハディド(Zaha Hadid)、ダニエル・リベスキンド(Daniel Libeskind)とArup、
伊東豊雄とArup、オスカー・ニーマイヤー(Oscar Niemeyer)、
MVRDV、アルバロ・シザ(Álvaro Siza)ときて今年は、
レム・コールハース(OMA)とセシル・バルモンド(Arup / Cecil Balmond)のコラボレーション。
 日程:2006年7月13日~10月15日
 場所:サーペンタインギャラリー Serpentine Gallery Pavilion
 > The Serpentine Pavilion 2006 was co-designed by Pritzker
 > Prize-winning architect Rem Koolhaas
 > and innovative structural designer Cecil Balmond.
 > The centrepiece of the design was a spectacular ovoid-shaped inflatable canopy
 > that floated above the Gallery’s lawn. Made from translucent material,
 > the canopy was raised into the air or lowered
 > to cover the amphitheatre below according to the weather.
 > A frieze designed by Thomas Demand marked the first collaboration
 > between an artist and the designers of the Pavilion.
 > The walled enclosure below the canopy functioned both as a café
 > and forum for televised and recorded public programmes
 > including live talks and film screenings
 > in the Time Out Park Nights at the Serpentine Gallery programme.
参考:
Press Release (Serpentine Gallery) [Link]
Serpentine Gallery Pavilion 2002 (ToyoIto 伊東豊雄) [Link]
The Serpentine Gallery Pavilion 2003 (Oscar Niemeyer) [Link]
Serpentine Gallery Pavilion 2004 (MVRDV archiweb.cz) [Link]
Serpentine Gallery Pavilion 2005 (Alvaro Siza) [Link]

← Previous post

Next post →

3 Comments

  1. SANAAが設計した夏のパビリオン – Serpentine Gallery Pavilion 2009

    毎年、まだイギリス内では設計を行っていない建築家が設計するケンジントン・ガーデン…

  2. 「流木」という名のAAスクール 夏のパビリオン – Driftwood pavilion AA school 2009

    パビリオンつながりで毎年恒例のAA Schoolのパビリオン。 今年も完成してい…

  3. 子供が走り回る木製アスレチック。学校の庭にできたメビウスの輪 – Rochelle Street School

    Arnold Circus にある1895年に建設された公営住宅(Boundar…

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebook
Facebook
Google+
PINTEREST
INSTAGRAM