ステンドグラス – stained glass


スペインは太陽の光が強いので、
ステンドグラスの映り込みもより鮮やかです。
イスラム教寺院のなかに埋め込まれた、ルネサンス様式。

 > ステンドグラス(stained glass)は、
 > エ字形の断面を持つ鉛のリムを用いて着色ガラスの小片を結合し、
 > 絵や模様を表現したもの。
 > ガラスに金属酸化物を混入することで着色している。
 > 教会堂や西洋館の窓の装飾に多く用いられる。
 > 装飾を否定するモダニズム建築全盛の時期になるとあまり用いられなくなったが、
 > 今日では再びステンドグラスが見直され、公共建築、住宅、教会などに採用されている。

参考:
レコンキスタ – Wikipedia [Link]
ステンドグラス – Wikipedia [Link]
日本照明情報サービス-あかり・Lighting コルドバの大聖堂 (旧メスキータ) [Link]
スペイン: ステンドグラス [Link]
共存する建築・メスキータ~内部編 木と建築への旅~高橋正勝のブログ [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です