神山の食と農を次世代に繋ぐ『かま屋 』『かまパン&ストア』


徳島県神山町で『フード・ハブ・プロジェクト(Food Hub Project)』という
神山の農業と食文化を次の世代に繋いでいく活動を軸にした食堂に行ってきました。
地元の食材たっぷりのとっても美味しいランチ、ごちそうさまでした。

I went to local restaurant “Kamaya” at Kamiyama town, Tokushima pref., Japan. I ate delicious lunch dishes with local food. The restaurant, Kamaya, offers an abundant variety of seasonal dishes using Kamiyama’s local fare. The rice grown on the Food Hub Project Farm is exceptional, thanks to Kamiyama’s climate with its drastic temperature differences. This rice is cooked with spring water from the local mountains on our kamado (traditional Japanese-style earthen stove), the centerpiece of the Kamaya. We aim to serve the community as their local respite. (Food Hub Project | Farm Local, Eat Local)


今日のランチ。


その1) お米は、特別栽培で自分たちで育てました。
その2) 野菜は、できるかぎり神山の「里山の会」の皆さんから仕入れているものと、自社農園で有機栽培で育てているものを使用しています。
その3) 割り箸、トレイ、机、椅子は、神山町産の杉を使って作りました。(机の天板は大工の大家さん)
その4) 取り皿は、釉薬(藁灰・紺屋灰)から神山出身の東尾さんと大谷焼の「森陶器」さんとつくりました。
その5) 汁椀は、地域の人達にご協力いただき集めました。 まだまだ道はつづきます。

お店の名前の由来:その昔、神山では自宅の土間に薪でご飯を炊く竈(かまど)があり、そこに近所の人が気軽に立ち寄り、お茶を呑みながら世間話をしていたそうです。その土間を神山では、「かまや」とよんでいたそうです。地域の人が気軽に立ち寄れる、神山の食材をふんだんに使った台所を目指し、「かま屋」と名前をつけました。


腹八分目 プレート  850円(町内)/1,150円(町外)


福寿醤油さんのお醤油


神山の杉でつくられた椅子


テーブルの下にコンセント


日本各地のこだわりの調味料も販売しています。


Landscape Productsの日めくりカレンダー


城西高校加工品プロジェクト


かまパン&ストア。

2017年6月24日


かまパン&ストア


神山に伝わる郷土料理と食文化の本 『神山の味』


ハーブでつくられた食べられるキッチンブーケ。


すだち鶏のパリパリ揚げ
キュウリと茄子の挙げだし
新じゃがとゆでたまごのサラダ
ズッキーニとひじきの白和え
農園サラダごまドレッシング


野菜は自社つなぐ農園、里山の会のものを使用。


「神山の食と農を次世代に繋ぐ『かま屋 』『かまパン&ストア』」への2件のフィードバック

  1. お友達から食パンを頂きました☺
    パン好きで、色々な美味しいパンを食べていますが、あまりの美味しさで感動しました⤴⤴
    生地がモチモチでビックリしました⤴⤴
    耳も美味しく、頂きました。
    明日は、トーストをして食べてみます✨
    ご馳走さまでした☺

    1. 竹村さま。ありがとうございます。美味しい食べ物があると幸せな気持ちになりますよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です