瀬戸内が育んだ香川の海苔

タグ: ,

冬に瀬戸内を島旅するとフェリーから、海面上に浮かぶ四角い枠をよくみかけます。旅行者によく「あれは何ですか?」と聞かれるのですが、あれは、海苔養殖の網やハマチや牡蠣の養殖いかだです。ちなみに写真の船は、香川県で海苔の収穫に使われている通称「潜り船」。網の下に潜り込んで海苔を刈り取る仕組みになっており、県外でもみられる構造なのですが、発祥は直島なのだとか。

今日は朝から香川県高松市浜ノ町の海苔漁師、地濱水産の地濱秀生さんの取材・撮影にいってきました。瀬戸内海に面している香川県は海苔の生産が盛んです。

香川県高松市の訪日外国人向けサイト「Experience Takamatsu」では、香川県の美味しい魅力を海外に発信予定です。お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です