かつて讃岐平野は白糖の生産が日本一でした。砂糖の〆小屋 The Sugar Mills at Kagawa pref.



四国村という古い建物を保存している野外博物館が高松市屋島にあります。
Shikoku Mura is an open-air architectural park in Takamatsu, Kagawa Prefecture, Japan.


江戸時代から四国や瀬戸内の古い建物が移築・展示されています。
国指定の重要文化財建造物2棟、重要有形民俗文化財の建物6棟。
It houses over twenty buildings from around Shikoku dating from the Edo period through to the Meiji period, eight of which have been designated Important Cultural Properties.


ここに残されている「砂糖の〆小屋」が個人的に好きなので写真に撮って来ました。
I like the Sugar Mills here. Thus I took photographs of it.


「砂糖の〆小屋」はその名前のとおり、砂糖をつくるためにサトウキビから搾汁していた小屋のことです。
なぜ、讃岐平野に砂糖づくりの小屋がたくさんあったのかというと、
実は、江戸時代後期には、砂糖は讃岐(いまの香川県)の特産品でした。
香川や徳島で伝統的に生産されてきた砂糖の一種「和三盆」は、和菓子に使われ今も人気のお土産です。
江戸時代、薩摩の黒糖に対して、讃岐は白糖の生産で日本一を誇っていました。

During the Edo-period (1600-1867), sugaramaking beame a specialty of the Sanuki region (present-day Kagawa Prefecture).
While the Satsuma region in southern Kyushu had previously been known for its brown sugar, the white sugar produced in Sanuki soon came to be considered the finest in Japan.
Wasanbon is a fine-grained Japanese sugar, traditionally made in the Shikoku prefectures Tokushima and Kagawa.
The sugar is often used for Japanese sweets (wagashi).
The sugar is made from thin sugarcane plants grown locally in Shikoku, called taketo (竹糖) or chikusha (竹蔗).


円錐形の屋根や垂木の組み方、局面の大壁などが特徴です。
The center building was constructed around 1865, and the one on the left in the early Meiji period (post-1867).


この時代、讃岐平野にサトウキビ畑が広がり、搾汁のための砂糖〆小屋が点在していました。
As sugar-cane cultivation spread through the the flat plains of Sanuki, sugar mills or presses for extracting the syrup became widespread in the area.


この小屋はもともと、香川県坂出市青海町北山にあったものだそうです。
円形の砂糖〆小屋は珍しく、四国に香川県 四国村にあるこの二棟しか現存しません。
Only two such round sugarcane presses remain from that era, with characteristic conical roofs supported by suspended rafters and strong curved walls.


扉のつがい部分。
Wodden hinge of the door.


屋根と立派な梁。複雑な梁の材を立体的に組み上げるにはとても技術が必要です。
Roof and timber beam.
The carpentry skill seemed to be high to construct curved wodden beams.


竹小舞の格子窓。
Lattice window of bamboo lath.


屋根の組み上げも見事。
The roof structure is a work of art.


搾汁につかうための木桶。
内部には三個の石臼があり、牛が腕木を引いて回していました。
Inside are three stone mortars, driven by oxen pulling a long crossbeam (udegi) and constantly walking round and round the inner circumference of the building.


湾曲する壁。牛は一日中間断なく回り、柱にはその腹でこすられた跡が見られます。
建物が円形なのは牛の回転にあわせたものだとか。
The round shape of such buildings was designed to accommodate the circular movement of the oxen, and their pillars show the marks where the bellies of the oxen rubbed repeatedly against the walls. Sugar cane was fed between the tjree round millstones and crushed.


釜屋では絞られた砂糖生汁を煮沸し、アクを取って純度を高めていきます。
In buildings known asa Kamaya, the natural sugar syrup was boiled to remove impurities and refine the sugar.


これらの砂糖精製に使われていた建物はとても希少です。
ぜひ、四国に来られた際には足を運んでみてください。
Very few such sugar refineries remain in existence.
When you come to Shikoku, please take a trip there.


大きな地図で見る

和三盆 花ごよみ
和三盆 花ごよみ

posted with amazlet at 13.04.22
㈱マルシン
売り上げランキング: 66,340
金陵 白下糖梅酒 720ml
金陵 白下糖梅酒 720ml

posted with amazlet at 13.04.22
【香川県 西野金陵】
売り上げランキング: 192,832

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です