愛媛県大洲の原木椎茸 Raw shiitake mushroom farm


本日は、四国食べる通信12月号のために愛媛県大洲の原木椎茸農家さんを取材撮影させてもらっています。

江戸時代に茶の湯炭の生産のために植えられたクヌギ林が、時代とともに需要が変化し、今は原木椎茸畑になっています。

愛媛県大洲、原木椎茸農園。1月、2月の肱川(ひじかわ)おろしと呼ばれる濃い霧の湿気を吸い、3月にニョキニョキ生えてくるとのこと。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です