【小豆島 10月22日(日)】風が吹いてきたよ音楽祭2017

小豆島の人気音楽イベント、「風が吹いてきたよ」が小豆島肥土山(ひとやま)で開催されます。高木正勝さん、伊藤君子さん、切腹ピストルズさん、カルマンさんなど、豪華な出演者。小豆島に流れる心地よい風に吹かれながら、素敵な音楽を聴いてみませんか。
続きを読む 【小豆島 10月22日(日)】風が吹いてきたよ音楽祭2017

小豆島 こまめ食堂 Komame eating place, Shodoshima island

小豆島の中山という地域は文字通り、真ん中の山の中にあります。
島のなかでもとくにアクセスが良いとは言えないこの土地に
「こまめ食堂」というとても人気の食堂があります。

Nakayama is hilly and mountainous area which is located center of Shodoshima island.
The Komame eating place is there.
Although it isn’t easy to reach by public transport, Komame eating place and Nakayama area are popular destination for tourists.

続きを読む 小豆島 こまめ食堂 Komame eating place, Shodoshima island

【7月13日(木)】NHK「新日本風土記」 Shin Nihon Fudoki" will show featured Shodo island

日本各地に残された美しい風土や祭り、暮らしや人々の営みを描く
NHKの本格的な紀行ドキュメント「新日本風土記」で瀬戸内の島々が特集されます。
続きを読む 【7月13日(木)】NHK「新日本風土記」 Shin Nihon Fudoki" will show featured Shodo island

小豆島の自然放牧、鈴木さんの杜豚(もりぶた)

醤油ソムリエールの黒島慶子さんにご案内いただき、島で自然放牧をしている養豚家さんの杜へ。気持ちよさそうに森のなかで寝ていました。かわいくて、美味しそう。
心のこもった「食」の風景はどんなアートよりも美しい。

小豆島の素麺づくり

芋つるの塔を撮影していたら、近所のご夫婦が話しかけてきてくれてご親切にいろいろこの地域独特の風習や昔の農家について教えてくださいました。そのご夫婦は、35年も島で素麺づくりを営んでいるご夫婦でした。

『いいもの見せてあげるからよかったらおいで。』

素麺を箸わけ、天日干しにする様子を撮影させていただきました。朝2時に起きて、太陽がでてきたときに干せるように準備をする。太陽の光と寒風にあてると麺が白くなってコシがでます。段取りはすべて身体に染み込んでいる。夫婦でやっているといいのは、気が乗らなかったら今日はやめておこうと気兼ねなく言えること。ただし、朝一度始めてしまったら途中でやめることはできない。途中で放り投げるのは、親が死んだ時だけ。

こちらのスーパーに当たり前のようにならんでいる小豆島手延素麺協同組合の手延そうめん「島の光」。こんなにも手間ひまかけて作られているのを知ることができて、今度から頂きますとご馳走様にいままでよりずっと気持ちがはいります。
ちなみに、小豆島のお素麺は、「真砂喜之助製麺所」さんや「なかぶ庵」さんもオススメ。

小豆島土庄町伊喜末(いぎすえ)地区に伝わる独特のサツマイモ保存方法。小豆島、冬の風物詩のひとつ「つぼいけ」

食の風景を記録しています。今日は、島旅仲間と小豆島・伊喜末(いぎすえ)地区へ。島の中でこの地域だけに伝わる風習、「つぼいけ」と「芋づるの塔」を撮影しにいってきました。

南の国の食べ物であるサツマイモは寒さに弱く、秋に収穫した後、冷気に晒されると腐りやすくなってしまいます。土の中の温度と湿度が保存に適していて、砂地に埋めて年を越します。寝かすと芋の甘みがぐっと増し、比較的価格が高い時期に販売することができます。農家ごとにつぼいけの意匠が異なるのも面白い。農家の暮らしの知恵が、この地域の独特の文化をつくっています。

芋づるの塔は、耕作用の牛にサツマイモの蔓を餌として与えるために乾燥させるのが目的で塔にしていたもの。いまは、この地域に農耕牛はおらず町役場の職員さんが昔の風習を伝える目的で作っているもので、クリスマスくらいまでライトアップされています。芋づるのクリスマスツリーって日本でここだけなんじゃないだろうか。

小豆島にある海辺のログハウス「グラン シャリオ」さんの記事でみつけたのでメモ。
小豆島土庄町伊喜末地区に古くから伝わる「つぼいけ」という独特なサツマイモの貯蔵庫。
伊喜末(いぎすえ)は甘くて美味しいサツマイモ、「四海(しかい)の芋」の産地として有名で、
年末に収穫されたサツマイモをこうして保存し、年明けから出荷するのだそう。

続きを読む 小豆島土庄町伊喜末(いぎすえ)地区に伝わる独特のサツマイモ保存方法。小豆島、冬の風物詩のひとつ「つぼいけ」

島にいきる食の風景

2011年のVol.06で女木島のお祭りの撮影をさせていただいてからフォトグラファーとして参加させていただいている瀬戸内海の島の雑誌「せとうち暮らし」。5年目にしてはじめてレギュラーコーナーを頂くこととなりました。今号から、「せとうち 食のランドスケープ」と題して、瀬戸内海の島々の農業や漁業のある風景を写真と文章でお届けします。たった1ページのコーナーですが、手にとって読んで頂けたら嬉しいです。

今回の号では、小豆島カメラで活躍している黒島慶子さんに案内してもらって小豆島の中山地区の棚田を改めて撮影させて頂きました。

sg20

小豆島・豊島 秋祭りまとめ The autumn shrine festival at Shodoshima and Teshima island

この季節、瀬戸内の島々では豊作に感謝するお祭りが各地で行われます。
小豆島の葦田八幡では太鼓の前で清めの獅子舞が舞い、
内海八幡では「幟さし」と呼ばれる8mののぼりを使った技が披露され、
池田八幡では、海から太鼓台を舟で運び入れる「オシコミ」が行われます。

The festival in which messengers tell of the arrival of autumn in Shodoshima and Teshima island. It is for thanksgiving for a plentiful harvest at this time of the year.

秋祭り太鼓台奉納日程 – 小豆島旅ナビ

2016年10月
09日 中山春日神社奉納農村歌舞伎 小豆島町中山 春日神社
11日 秋祭り太鼓台奉納 [福田地区] 葺田八幡神社
13日 秋祭り太鼓台奉納 [四海地区] 伊喜末八幡神社
14日 秋祭り太鼓台奉納 [土庄地区] 土庄八幡神社
15日 秋祭り太鼓台奉納 [渕崎地区] 富丘八幡神社
15日 秋祭り太鼓台奉納 [内海地区] 内海八幡神社
16日 秋祭り太鼓台奉納 [池田地区] 池田亀山八幡宮
18日 秋祭り太鼓台奉納 [家浦地区] 家浦八幡神社
21日 秋祭り太鼓台奉納 [唐櫃地区] 唐櫃八幡神社
22-23日 オリーブ大収穫祭 道の駅 小豆島オリーブ公園
30日 豊島棚田の収穫祭 唐櫃 棚田

Schedule of autumn shrine festival at Shodoshima and Teshima island – Shodoshima navi

October 2016
09th Nakayama Rural Kabuki, Kasuga shrine
11st Autumn Festival [Fukuda area] Fukuda hachiman shrine
13rd Autumn Festival [Shikai area] Igisue hachiman shrine
14th Autumn Festival [Tonosho area] Tonosho hachiman shrine
15th Autumn Festival [Fuchizaki area ] Tomioka hachiman shrine
15th Autumn Festival [Uchinomi area] Uchinomi hachiman shrine
16th Autumn Festival [Ikeda area] Ikeda kameyama hachiman shrine
18th Autumn Festival [Ieura area] Teshima island, Ieura hachiman shrine
21st Autumn Festival [karato area] Teshima island, Karato hachiman shrine
22-23rd Olive Festival Shodoshima island Olive park


太鼓台を手こぎの和舟で宮入させる神事のことを「オシコミ」と言います。
写真は太鼓台を和舟にのせて帰るところ。


このオシコミ、約200年前から行われている神事だそうで、
木造六丁艪(ろ)の和舟「皇子丸」に太鼓台を乗せて亀山八幡宮の馬場先の浜辺まで運び、宮入します。
小豆島町の無形民俗文化財に指定。


祭りの会場、亀山八幡宮に向かう人達。
お祭りのはじまる前と、終わった後の路地の風景が結構好きです。


神社付近の路地裏にはいると、亀山八幡宮に向かう太鼓台でいっぱい。


太鼓台には龍神が掘られています。この地域でも雨乞いの神具としての意味があるようです。


亀山八幡宮までの道、各地から集まった太鼓台が列をなしています。


亀山八幡宮の鳥居。この先が上り坂になっています。


坂の上からみるとこんな感じ。1トン以上ある太鼓台をひっぱりあげるのは大変そう。


もうすぐ坂の頂上。よく見ると担ぎ手以外にも指示をだしたり塩をまいたりいろんな役割があるようです。


亀山八幡宮入り口。太鼓台はこの右側脇を通って本殿へ向かいます。
派手な首輪をした狛犬がお出迎え。


本殿前にも見物客がいっぱい。太鼓台奉納の儀式を見守っています。

虫送り、江戸時代から小豆島に伝わる行事 The torch procession at Shodoshima island

虫送り(むしおくり)とは日本の伝統行事のひとつ。
農作物の害虫を駆逐し、その年の豊作を祈願する目的で行われる日本の伝統行事です。
映画「八日目の蝉」にも登場する小豆島の虫送りは、
肥土山(ひとやま)と中山という棚田が美しい山間部にいまも伝えられています。

The torch procession to drive away crop-eating insects in Shodoshima island.
“Mushiokuri”(The torch procession to drive away crop-eating insects) is traditional event to prevent damage from insects in Shodoshima island.
In the two places (Hitoyama and Nakayama), the traditional events are left. It is also a day for celebrating the harvest. The events becomes widely known from one’s appearance on the movie “Yokame no Semi (Cicada on 8th day)”.


写真:映画「八日目の蝉」製作委員会

小豆島・肥土山地区虫送り
日程:2017年7月2日(日)
時間:18:00多聞寺で虫供養 19:00肥土山離宮八幡宮から虫送り
場所:小豆島 土庄町 肥土山(ひとやま)地区 多聞寺/肥土山離宮八幡宮
香川県小豆郡土庄町肥土山2151 [Google Maps]

小豆島・中山地区の虫送り
日程:2017年7月8日(土)
集合:殿川ダム下公園 17:30~18:00 ※順次マイクロバスで湯船山と荒神社へ移送
時間:18:45-祈祷 湯舟山/19:00-移し火(湯舟山・荒神社)/19:40-中山春日神社到着 解散
香川県小豆郡小豆島町中山1384 小豆島霊場第四十四番湯船山 [Google Maps]

Mushiokuri (The torch procession to drive away crop-eating insects) at Hitoyama, Shodo island
Date : 2nd July 2017
Time : 18:00-
Place : Tamonji temple, Hitoyama, Shodo island [Google Maps]
(2151 Hitoyama, Tonosho town, Shozugun, Kagawa pref., Japan)

Mushiokuri (The torch procession to drive away crop-eating insects) at Nakayama, Shodo island
Date : 8th July 2017
Time : 18:00-
Place : Mt. Yufune , Nakayama, Shodo island [Google Maps]
(1713 Nakayama, Shodoshima town, Shozugun, Kagawa pref., Japan)


中山地区の虫送りの様子です。
These photos are Mushiokuri in Nakayama regeon, Shodo island.


小豆島に約300年前から伝わる害虫退治の伝統行事。
Mushiokuri are the trasitional event to prevent damage from insects in Shodo island. This traditional usages have existed since the Edo period.


子供たちが「火手(ほて)」とよばれる松明を持って、田んぼのあぜ道にかざしながら、歩きます。
Children walk crossing a rice field on a narrow path, swinging large burning torches.


ちなみに、この虫送りの行事は日本各地に存在していて、
青森県五所川原市の「奥津軽 虫と火まつり」、
奈良県天理市の「てくてくてんり 夏 山田の虫送り」
愛媛県西予市の「実盛送り」などが有名です。


より大きな地図で 小豆島 虫送り を表示

八日目の蝉 [Blu-ray]