EATBEAT! 女木島フィールドワーク


今日は、8月9日に開催予定の音楽と食のライブパフォーマンス
「EATBEAT! in 高松」のフィールドワークのために、
高松港からフェリーで20分女木島(めぎじま)に行ってきました。

最初に女木島に訪れたのは4年前、せとうち暮らし6号の取材で女木島のお祭りを撮影に行った時でした。
その時に大変お世話になった mareo / 海の家つるやの橋本さんのお話をしていたら、
なんとその橋本さんが後ろから声をかけてくれました!奇跡!

鬼旬さんでとっても美味しいマナガツオのランチをいただいてから、

島に移住された方の畑を見学させていただき、

橋本さんの車にのせてもらって島をぐるっと一周。
今回も多くの方にお世話になりました。ありがとうございます。
イベントまであとすこし、メンバー一同、高松や島の魅力をお届けできるよう頑張ります!


マナガツオ


サザエ


マナガツオの骨の素揚げ。
瀬戸内の魚は小さいのでこうした工夫をして食べるのだとか。
鯛意外は大体の魚が素揚げして骨ごと食べられるそうです。


オクラ


トマト


スイカ


食用ほおずき。味の濃い甘いトマトのような味でした。


女木島からみえる高松の街



鬼ヶ島

参考:EATBEAT!がアート・シティ高松に上陸!! | EATBEAT!
参考:EATBEAT! in 高松 | 物語を届けるしごと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です