【樹齢300年・国指定天然記念物・西日本最大の群落】船窪のオンツツジ


吉野川から南に車を走らせ、
阿波富士とも言われる高越山や奥野々山の峰を進むと
「船窪(ふなくぼ)」と呼ばれる窪地にオンツツジなど約1200株が群生しています。
1つの株から20本以上も幹が延びる巨大なものも多く、西日本でこの規模に匹敵する群落は存在しません。
樹齢は300年以上のものがあり、
1985年(昭和60年)に国の天然記念物に指定されました。

船窪つつじ公園
住所:徳島県吉野川市山川町奥野井 [Google Maps]
電話:0883-22-2226

新緑に映える朱色の花
高越寺より東南3kmの地点。尾根の北側3.5haに、推定樹齢300年のつつじが自然群生している。標高1050mのこの高原は春も初夏も、下界と季節がずれる。4月中旬平地では葉ザクラとなった頃、やっとこの船窪は長い冬から目をさます。春の陽光に輝く樹々からはトサノミツバツツジ・コバノミツバツツジが船窪の第一花期で、5月中旬から下旬にかけて第二花期、巨大な株のオンツツジの燃えるようなレンガ色の花が咲き乱れる。
(昭和60年10月26日 国指定天然記念物)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です