豊島の風と金の胡麻 Sesame seeds at Tehima island


島キッチンの藤崎恵実さんに案内していただき、豊島でつくられているゴマの風景を撮影させていただきました。
小豆島土庄港にいくと香ばしい香りがするかどやのごま油工場にも納品していました。小豆島の素麺づくりにも欠かせないごま油。今は、家で使うぶんだけ、ゴマを蒔いて秋に収穫しています。
「日照りゴマに不作なし」というほど乾燥に強い作物で近縁種の少ない珍しい農作物です。いいゴマができるには、いい風が吹くことが大切とお父さん。適度にいい風が吹かないと、乾燥が足りずいいゴマになりません。オリーブは風によって花粉が飛び受粉する風媒花ですし、醤油づくりや塩づくりにも風が欠かせません。瀬戸内海の舞台やイベントに「風」をテーマにした作品が多いのもうなずけます。



2015年10月15日

豊島を歩いていたら家の玄関の軒先にゴマを干している光景に遭遇しました。
ゴマってこうやってつくるのかと驚いたのでメモ。
「日照りゴマに不作なし」という格言があるくらいゴマは乾燥につよいので
雨の少ない香川県や瀬戸内の離島ではゴマ栽培はむいているのかもしれません。

I saw the scene somebody dried sesame at the entrance of house, Teshima island. I was surprised how to make sesame seeds and took photographs. Sesame is strong in the dry whether. Perhaps Kagawa pref. and islands of Seto Inland Sea is suitable for the cultivation of sesame.


ゴマ – Wikipedia

歴史
アフリカのサバンナに約30種の野生種が生育しており、ゴマの起源地はサバンナ地帯、スーダン東部であろうというのが有力である。ナイル川流域では5000年以上前から栽培された記録がある。古代エジプトでは、ゴマは体に良い食べ物とされ、薬用利用などしていたことが、医薬書に象形文字で紹介されている。
日本では縄文時代の遺跡からゴマ種子の出土事例がある。奈良時代には畑で栽培し、ゴマを圧搾しゴマ油を作り食用油として調理したり、燈油として用いた。平安時代の『延喜式』では、ゴマの菓子や薬用利用について記されている。

Japan is the world’s largest sesame importer. Sesame oil, particularly from roasted seed, is an important component of Japanese cooking and traditionally the principal use of the seed. China is the second-largest importer of sesame, mostly oil-grade.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です