国の重要文化財の木造小学校「八幡浜市立日土小学校」 The Hizuchi Elementary School in Ehime pref.


愛媛県八幡浜市、ミカンの段々畑がつづく山の中に世界的に注目される木造小学校があります。四国や瀬戸内でであった建築の中で一番好きな建築です。ほんとに居心地のいい明るい空間。モダンでシンプルな近代建築が多い中で、絶妙に木や人の温もりが感じられる素晴らしい建築です。1956年~1958年に建築家の松村正恒(まつむら まさつね)さんが設計した2階建て木造建築。鉄筋造が主流だったモダニズム建築を木造で実現したとても珍しい建築です。国の重要文化財に指定、DOCOMOMO JAPAN選定、日本建築学会賞、ワールド・モニュメント財団のモダニズム賞など高く評価されています。

The Hizuchi Elementary School is wooden modern school which is designated as one of Japan’s Most Representative Modern Buildings. I love this architecture very much. The architecture was Important Cultural Property.

八幡浜市立日土小学校
場所:愛媛県八幡浜市日土町2-851 [Google Maps]
電話:0894-26-0010
The Hizuchi Elementary School
2-851 Hizuchi town, Yawatahama city, Ehime pref.[Google Maps]
0894-26-0010


水平に連続する窓。ピンクと淡い緑の塗装が特徴的です。


とても綺麗な色


ミカンの段々畑を背に建つ木造校舎。桜も見頃


校舎のすぐ裏側には喜木川(ききがわ)と柑橘の段々畑。八幡浜らしい風景が広がっています。


喜木川にせり出したテラス。


斜めの木製柱がテラスを貫通して屋根を支えています。


喜木川


中も見学させていただきました。下駄箱。
自然光が差し込む明るい空間です。


淡い緑色の塗装


理科室


ガイコツ模型


「くらべる」勉強


トイレ


階段の踊り場


二階


図書室


音楽室


懐かしい学校の机


椅子も可愛らしい


天井も白いので室内がとても明るく感じます。


保健室


階段


構造


下駄箱


壁付きの一本足机。意匠が格好いい。


タイル張りの水道場


なんと可愛らしい水道場なんだろう。


水色のタイル。色合いが絶妙です。

春休み見学会
日程:2016年3月27日(日)
時間:9:00~16:00
場所:愛媛県八幡浜市日土町2-851 [Google Maps]

2012 World Monuments Fund/Knoll Modernism Prize Awarded to Architectural Consortium for Restoration of Hizuchi Elementary School, One of Japan’s Most Representative Modern BuildingsPDF

For Immediate Release—New York, NY, October 3, 2012…Bonnie Burnham, president of World Monuments Fund (WMF), today announced that WMF has awarded the 2012 World Monuments Fund/Knoll Modernism Prize to the Architectural Consortium for Hizuchi Elementary School, for its impeccable restoration of Hizuchi Elementary School in Hizuchi, Yawatahama City, Ehime Prefecture, on Shikoku Island, Japan. Following serious damage from a 2004 typhoon, the school had been the center of a two-year debate over whether to demolish or preserve the structure.

The WMF/Knoll Modernism Prize is the only award to acknowledge threats facing modern buildings, and to recognize the architects and designers who help ensure their rejuvenation and survival.

The biennial award will be presented at The Museum of Modern Art (MoMA), New York, on November 13, 2012, by Ms. Burnham; Barry Bergdoll, MoMA’s Philip Johnson Chief Curator of Architecture & Design and chairman of the prize jury;
and Andrew B. Cogan, CEO of Knoll, Inc. This will be followed by a free public lecture by the members of the Architectural Consortium.

Ms. Burnham stated, “The international community is becoming increasingly aware of the importance of modernism in the architectural record, and this year we had more nominations for the WMF/Knoll prize than ever before. The award-winning project—a humble, functional building in a small Japanese city—and the story of people coming together for its preservation—is emblematic of the important role that modern architecture can play in communities around the world.”

八幡浜市立日土小学校 – Wikipedia

八幡浜市立日土小学校(やわたはましりつ ひづちしょうがっこう)は愛媛県八幡浜市の公立小学校。

1956年竣工の中校舎と1958年竣工の東校舎はいずれも同県大洲市出身の建築家松村正恒(1913年~1993年)が八幡浜市建築課に勤務していた時の設計による2階建て木造建築で、鉄筋コンクリート造や鉄骨造がほとんどのモダニズム建築を木構造により実現した極めて稀なもの。学校建築としても日本でクラスター型教室配置計画を採用した唯一木造による最初期のもの。
建築意匠としては、水平に連続する窓、喜木川に張り出したテラスや緩やかな外階段などの特徴がある。

ニッポンのモダニズム建築100 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)
マガジンハウス
売り上げランキング: 199465

参考:
八幡浜市立日土小学校の保存再生活動が「2012年 ワールド・モニュメント財団/ノール モダニズム賞」を受賞
日土小学校

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です