1964年(昭和39年)に竣工し「船の体育館」として親しまれてきた建築家・丹下健三さんが設計した旧香川県立体育館。老朽化で閉鎖されていた建物の活用アイデアを調査する「サウンディング型市場調査」の参加事業者を香川県教育委員会が募集しています。参加申込は9月30日(木)、提案書の提出は10月21日(木)まで。

Former Kagawa Prefectural Gymnasium came into being more than half a century ago in 1964, the year of the first Tokyo Olympics. It was designed by Kenzo Tange, a leading Japanese architect who also designed what is now the east wing of the Kagawa prefectural government office.
Outline of Market Sounding for the Former Kagawa Prefectural Gymnasium
The former Kagawa Prefectural Gymnasium was closed because it no longer meets seismic building codes. The Kagawa Prefectural Board of Education is undertaking market sounding to solicit ideas from the private sector for utilizing this historic building and ensuring its preservation. All corporations, corporate groups and private organizations with a sincere interest in undertaking a project to utilize and preserve the former gymnasium are invited to participate. In principle, all costs required for seismic retrofitting and other repairs, renovations and operation of the building are to be borne by the company or organization selected. Main elements of the market sounding activity are outlined below. For further details, please see the website indicated at the bottom of this page and the Market Sounding Outline, a link for which is provided on the website.

Market Sounding Outline for the Former Kagawa Prefectural Gymnasium. Finding new use through mutual cooperation and support.

What is “market sounding”?
Market sounding is a type of market survey undertaken by the public sector to gauge the private sector’s interest in and capability for a potential project and obtain a broad range of feedback through direct dialogue. In this case, the market sounding concerns effective future use of the Former Kagawa Prefectural Gymnasium, which is currently owned by Kagawa prefecture and closed in September 2014.

Former Kagawa Prefectural Gymnasium
Built in 1964, the facility had begun to deteriorate after 50 years of use. Changing sporting regulations also made it more difficult to host public competitions. After the high cost of seismic retrofitting (earthquake proofing) and renovations became apparent, the facility was closed in September 2014.

English.ver:
Leaflet(English)(PDF:3,173KB)
MarketSoundingOutline(PDF:1,136KB)
OutlineOfKagawaPrefecturalGymnasium(PDF:361KB)
ApplicationForParticipation(Word:15KB)
Proposal(Word:16KB)

丹下健三設計の「船の体育館」閉館から7年 活用策を民間事業者に募集 香川 – KSB瀬戸内海放送

(船の体育館再生の会/河西範幸 代表)
「(2014年当時は)建物を50年前の状態に完全再現するような工事の手法をとっていたがために、『難工事』だということで入札不調になったという経緯があるので。その辺、今の技術を使えば安く抑えられる可能性は十分にあると思っています」

河西さんたちは、サウンディング調査の話が出る前から建築構造の専門家の協力を得て再生計画を検討していました。その結果、コンクリート製の重い屋根をいったん取り除いても建物自体が崩壊しないことが分かり、低コストでの耐震改修の実現性が見えてきました。

 河西さんは、屋根を取っ払ってこれまでのアリーナ部分を「半屋外」とし、オリンピックでも注目を集めたスケートボードやスポーツクライミングの殿堂にするという、斬新な再生案を紹介しました。

空間 構造 デザイン研究会
・特別企画「船の体育館」(旧香川県立体育館)のいままでとこれから―再現計画から再生計画―
日時:2021年9月8日(水)15:00~17:00
YouTubeライブ配信
https://youtu.be/EIFhAKdDF8o

モデレーター:斎藤公男(A-Forum)
パネリスト:
 「経緯と方向性」 名和研二(なわけんジム)
 「保存運動に向けての状況」 河西範幸(一般社団法人 船の体育館 再生の会)
 「構造計算書から読み解く」 田中正史(武蔵野大学)
意見交換:30分

【香川 参加申込9/30まで】丹下健三設計の旧香川県立体育館の保存活用策を探る「対話型市場調査」実施 – Kagawa Prefectural Gymnasium

世界的建築家、丹下健三さん設計の旧香川県立体育館の保存活用策を探ります。香川県教育委員会は対話を通じて民間事業者の意見や提案を把握する「サウンディング型市場調査」が行われます。

サウンディング型市場調査とは、県有建物や土地などの有効活用に向けた検討に当たり、民間事業者との直接対話により広く提案、意見を求める市場調査手法の一つです。旧香川県立体育館は、建築家・丹下健三氏の設計によるもので、1964年(昭和39年)に竣工し、和船をイメージさせる独特な外観から「船の体育館」と呼ばれて県民の皆様に親しまれてきました。しかし、竣工後50年を経過し施設の老朽化が進んだことなどから、平成26年9月をもって閉館しました。今回の調査は、旧香川県立体育館の建築的特長を活かした利活用の方法について、事業主体となる意向がある民間事業者の方から広く提案をいただくものです。

丹下健三設計の旧香川県立体育館 保存活用策を探る「対話型市場調査」実施 – KSB

世界的建築家・丹下健三さんが設計し老朽化のため閉館した香川県立体育館が、歴史的建築物などの保存に取り組むアメリカのWMF(ワールド・モニュメント財団 World Monuments Fund)の世界危機遺産に選ばれました。WMFの公式サイトでは、当時の金子正則知事のことを先進的な知事(the visionary governor)と紹介しています。香川県立体育館は1964年に完成した船のような独特なデザインが印象的な建物で、2014年に改修を検討したものの費用面が捻出できずに断念、その後建物が閉館したままとなっています。

2017年10月16日にアメリカのワールド・モニュメント財団から、2018年版の危機遺産リスト(2018 World Monuments Watch)に登録された。四国・瀬戸内エリアでは、参籠殿(愛媛県大洲市)岩松の町並み(愛媛県宇和島市)鞆の浦(広島県福山市)が、世界危機遺産に選ばれています。

2021年4月に香川県教育委員会は対話と通じて民間業者の委託や提案を把握する「サウンディング型市場調査」を今年度に行うことになりました。

Kagawa Prefectural Gymnasium (Takamatsu city, Kagawa Prefecture, Japan). A modern landmark of Japan is now closed to the public, as its rehabilitation poses a technical challenge and a new use is sought. The architecture was designed by architect Mr. Kenzo Tange.

旧香川県立体育館
住所:香川県高松市福岡町2-18-26 [Google Maps]
竣工:1964年8月10日
設計:丹下健三
家具:剣持勇
構造:鉄筋コンクリート造、高張力によるサスペンション構造
建築面積:1,519 m² 延床面積:4,707 m²

Kagawa Prefectural Gymnasium
Address : 2-18-26 Fukuoka town, Takamatsu city, Kagawa pref., Japan[Google Maps]
Date : Aug. 10th 1964
Architect : Kenzo Tange
Furniture : Isamu Kenmochi
Structure : Reinforced Concrete Construction, High-tension Suspended Structure
Area : 1,519 m² / Floor : 4,707 m²


雨樋

2014年10月撮影

旧香川県立体育館
住所:香川県高松市福岡町2-18-26 [Google Maps]
竣工:1964年8月10日
設計:丹下健三
家具:剣持勇
構造:鉄筋コンクリート造、高張力によるサスペンション構造
建築面積:1,519 m² 延床面積:4,707 m²

Kagawa Prefectural Gymnasium
Address : 2-18-26 Fukuoka town, Takamatsu city, Kagawa pref., Japan[Google Maps]
Date : Aug. 10th 1964
Architect : Kenzo Tange
Furniture : Isamu Kenmochi
Structure : Reinforced Concrete Construction, High-tension Suspended Structure
Area : 1,519 m² / Floor : 4,707 m²

Kagawa Prefectural Gymnasium | World Monuments Fund

In the 1950s, Masanori Kaneko, the visionary governor of Japan’s Kagawa Prefecture, invited Kenzo Tange to design two new buildings in the prefectural capital, Takamatsu. At the time, Tange was Japan’s leading architect, working on the design of the Yoyogi National Gymnasium for the 1964 Tokyo Olympics. For the Kagawa Prefectural Gymnasium, Tange used modern materials to evoke the form of a traditional Japanese wooden barge, as well as the strong and supple body of an athlete. The structure consists of a deep concrete ring carried on four massive supports, with a roof of thin concrete slabs supported by suspension cables. Inside, the sports hall lies above the entry level, which contains other facilities, including dressing rooms and offices.

A beloved landmark, the Kagawa Prefectural Gymnasium hosted local sports events in Takamatsu for 50 years, until its suspended roof began to leak and the facility was closed to the public in 2014. The leak was caused by the rusting of the suspension cables, leading to the need for their replacement if the building is to remain in use. Like the original construction of the gymnasium, its rehabilitation poses a serious technical challenge, and would necessitate further interventions to improve the building’s resistance to earthquakes. The construction of a new sports facility in Takamatsu, scheduled for completion by 2022, means that the future of Tange’s mid-century landmark currently hangs in the balance. The 2018 World Monuments Watch supports local advocates, including Japan’s architecture community, in their campaign to stimulate social demand for the preservation of the Kagawa Prefectural Gymnasium, with a new vision for its future use.

丹下健三の名建築が、あなたのアイデア次第で生き残る!? | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

丹下健三が1964年に設計した名建築〈香川県立体育館〉が取り壊しの一歩手前だ。しかし、有効活用のアイデア次第では存続の道が開ける。その建築的価値や魅力、希少性について、注目のカルチャー本『世界のビックリ建築を追え』(扶桑社)の著者、白井良邦が語る。

1964年(昭和39年)の東京オリンピックのため建てられた建築家・丹下健三の代表作〈国立代々木競技場〉は、その文化的・建築的価値が高く評価され、国の重要文化財に指定される見込みだ。

だが、その陰で貴重なモダニズム建築のひとつがこの世から失われようとしている……。その名も〈香川県立体育館〉。こちらも丹下健三の設計で、〈国立代々木競技場〉と同じ64年に完成した“双子”とも言える体育館である。なぜ双子かというと、これらは「吊り屋根構造」と呼ばれる、当時の世界最先端の特殊な構造でつくられているからだ。

旧香川県立体育館の利活用についてサウンディング型市場調査を行います|香川県

サウンディング型市場調査とは、県有建物や土地などの有効活用に向けた検討に当たり、
民間事業者との直接対話により広く提案、意見を求める市場調査手法の一つです。

旧香川県立体育館は、建築家・丹下健三氏の設計によるもので、1964年(昭和39年)に竣工し、和船をイメージさせる独特な外観から「船の体育館」と呼ばれて県民の皆様に親しまれてきました。
しかし、竣工後50年を経過し施設の老朽化が進んだことなどから、2014年(平成26年)9月をもって閉館しました。
今回の調査は、旧香川県立体育館の建築的特長を活かした利活用の方法について、事業主体となる意向がある民間事業者の方から広く提案をいただくものです。

<提案いただく主な内容>
・建物や立地、周辺環境の特長を生かした、施設の利活用の可能性
・利活用のあり方にふさわしい、具体的な建物の耐震補強・改修の考え方
※施設の改修、運営費用は、原則として、事業者の負担となります。

<調査日程>
参加申込 2021年7月27日(火)~9月30日(木)
提案書の提出 2021年8月2日(月)~10月21日(木)
提案者との面談 2021年8月9日(月)~10月29日(金)
調査結果の公表 2021年12月(予定)

丹下健三の名建築が、あなたのアイデア次第で生き残る!? | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

丹下健三が1964年に設計した名建築〈香川県立体育館〉が取り壊しの一歩手前だ。しかし、有効活用のアイデア次第では存続の道が開ける。その建築的価値や魅力、希少性について、注目のカルチャー本『世界のビックリ建築を追え』(扶桑社)の著者、白井良邦が語る。

香川県立体育館 Kagawa Prefectural Gymnasium (1964) | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

1964年竣工。設計:丹下健三。舟をイメージさせる異色の作品。〈国立代々木競技場〉と同時設計で双子の関係にあたる。吊り天井の大屋根が特徴。1,300人を収容するアリーナの観客席部分は舟の先端に飛び出したような形になっていて、巨大な4本の柱で支えられている。それはこの場所が元塩田の埋め立て地で、脆弱な地盤のため、基礎工事にかかる費用を抑えるためのデザインであったという。アリーナはバレーボールやバドミントン、卓球など、さまざまなスポーツに利用できたほか、トレーニングルームやスタジオなどが併設されていた。1階ホワイエ部分の家具はデザイナー剣持勇が担当した。木の台座を使った円形スツールや受付のデスク、照明など、ジャパニーズモダンデザインの雰囲気を残している。耐震改修工事の入札不良により、2014年9月末で閉館。現在、取り壊しの危機にある。外観のみ見学可能。