建築家・丹下健三が設計した香川県庁東館が、“The New York Times Style Magazine(ニューヨーク・タイムズ・スタイル・マガジン)”の最も重要な戦後建築25選に日本で唯一選ばれました! 

Kagawa Prefectural Government Office Building designed architect Kenzo TANGE was selected as the 25 Most Significant Works of Postwar Architecture by The New York Times Style Magazine.

Kenzo Tange’s Kagawa Prefectural Government Office Building in Takamatsu, Japan (1958) – The New York Times Style Magazine

Following the devastation of World War II, Japanese architects confronted a new challenge: how to rebuild a society — and the infrastructure to support it — in a language that could embrace global modernity without turning its back on a proudly preserved cultural heritage. Built between 1955 and 1958, Kenzo Tange’s Kagawa Prefecture Building, among the architect’s first major projects, proposed a synthesis of traditional Japanese techniques — exposed posts and beams, the rhythmic procession of arcades embracing a garden — with the monolithic force of concrete, a Shinto shrine reimagined for the machine age. In the building’s lobby, a mural by the abstract painter Genichiro Inokuma, born and raised in Kagawa Prefecture, introduced color and curves to Tange’s orderly design, while furniture by the pioneering industrial designer Isamu Kenmochi inverted Tange’s approach, rendering contemporary forms in traditional materials, in this case wood. In 2019, seismic retrofitting was completed on the building, which is still in active use today, a testament to its continued relevance in one of the world’s most technologically advanced nations. The building was part of a postwar boom in civic structures across Japan, but none of those, even ones designed by Tange himself, has surpassed this masterpiece.

丹下健三の「最高傑作」、米雑誌企画で「戦後最重要な25建築」に選出された県庁東館 – 読売新聞

日本を代表する建築家・丹下健三(1913~2005年)が設計した香川県庁東館が、「ニューヨーク・タイムズ・スタイル・マガジン」の企画で、「戦後建築で最も重要な25の作品」に、国内から唯一選ばれた。

同マガジンはニューヨーク・タイムズ紙の日曜版に付く雑誌。今月2日の電子版によると、建築家やデザイナーら8人が選考。県庁東館は、20世紀を代表する建築家ル・コルビュジエ(1887~1965年)のラ・トゥーレット修道院(フランス)、国際宇宙ステーションなどとともに、選出された。 1958年に完成した県庁東館は、鉄筋コンクリート8階建ての高層棟、同3階建ての低層棟からなる。 梁はり や柱を見えるようにして日本の伝統的な木造建築の意匠を取り入れる一方、1階は、ピロティと呼ばれる柱だけの開放的な空間となっている。 丹下の代表作の一つとされ、選考理由では「丹下が設計した最高傑作」と絶賛されている。

香川県庁東館が「世界で最も重要な戦後建築25作品」の1つに|NHK

世界的な建築家、丹下健三氏が設計した香川県庁の東館が、アメリカの新聞、ニューヨーク・タイムズが発行している専門雑誌に、「世界で最も重要な戦後建築25作品」の1つとして掲載されました。香川県庁舎東館は、大阪府出身で世界的な建築家、丹下健三氏が設計し、昭和33年に完成した建物で、鉄筋コンクリート造りの地上8階の高層棟と地上3階の低層棟からなっています。現在は「東館」と呼ばれていますが、平成12年に現在の本館ができるまでは、本館として使われていて、はりと柱を組み合わせた、日本の伝統的な木造建築のイメージをコンクリートで表しています。これまでも、戦後モダニズムの代表として評価されてきましたが、このたび、アメリカの新聞ニューヨーク・タイムズが、日曜版として発行している専門雑誌、「世界で最も重要な戦後建築25作品」の1つとして掲載されました。記事では、「露出した柱や梁、庭を囲んでリズミカルに続くアーケードといった、日本の伝統的な技法と、頑丈なコンクリートの力との統合」と評価しています。また、1階ロビーに設置された、香川県出身の画家、猪熊弦一郎の壁画についても、「丹下の整然としたデザインに、色と曲線をもたらしている」としたうえで、「丹下氏自身にデザインされたものさえ、この傑作を超えるものはない」と評しています。

建築家・丹下健三の傑作、香川県庁舎東館(1958年竣工)。壁画『和敬清寂』は猪熊弦一郎。コンクリート造の近代建築でありながら、木造建築をイメージさせる柱と梁の組み合わせ。公共建築百選、DOCOMOMO JAPAN日本の近代建築20選。

Kagawa Prefectural Government Office East Building. Kagawa Prefectural Government Office Architecture Gallery (East Building, 1st Floor) The East Building of the Kagawa Prefectural Government Office was completed in 1958 (the original main building and east building, design by Kenzo Tange) and is seen as a representative piece of post-war Japanese architecture. Even now it receives a steady stream of visitors. With design plans, sketches, and photographs from the time of completion, this exhibition will look at the ideas behind its conception and design, how it was completed, and the contribution it has made to Japanese architectural history.

香川県庁舎東館
住所:香川県高松市番町4-1-10 [Google Map]
設計:丹下健三
壁画:猪熊弦一郎
竣工:1958年(昭和33年)

Kagawa Prefectural Government Office East Building
Address : 4-1-10 Bancho, Takamatsu city, Kagawa pref., Japan [Google Map]
Architect : Kenzo Tange
Wall Art : Genichiro Inokuma
Completed : in 1958

丹下健三さん設計の香川県庁舎 - Kagawa Prefecture Public Office Building by architect Kenzo TANGE
香川県庁舎東館。コンクリートでありながら、木造建築の柱と梁の水平垂直のラインが印象的な建物です。勾欄(手摺)付きのベランダなど、日本の伝統的建築の様式をコンクリートによって実現しています。

Traditional Japanese architectural features, like the combination of pillars and beams creating the impression of a wooden structure, and the railing on the veranda, are all constructed using modern materials. Even after half a century has passed, the concrete remains strong. The south garden stretches out in front of the building and was made in a Japanese style incorporating a desire to improve the lives of the people of the area.


香川県庁舎東館の一階ロビー。木製や陶製の椅子、木製棚、石テーブルなどは丹下研究室が設計し、香川県の桜製作所が制作しました。


陶板壁画は、香川県出身の洋画家 猪熊弦一郎さんの『和敬清寂』。茶道の精神に戦後民主主義の理念を読み取り、太陽と月で表現したもの。
Integration of Art.
In the first floor lobby, open planned with floor-to-ceiling glass windows, is “Wakeiseijaku –
Harmony, Respect, Purity, Tranquility” by the artist Genichiro Inokuma, to welcome people
into the building. Inokuma considered the ideas of post-war democracy to be in the spirit of
the Japanese tea ceremony, and created this piece. The Kenzo Tange Laboratory produced
the designs for wooden and ceramic chairs, wooden shelves, and stone tables. All serving
to contribute to the “integration of art” into public spaces.


椅子。


丹下研究室設計の木製クローク。


ピロティ。香川県庁舎の1階ピロティ。市民に開かれた建築であるべく、戦後の民主主義を表した建築空間。当時の香川県知事・金子正則さんと丹下健三さんが香川県庁舎で目指したのは、戦後の民主主義を表した、市民が自由に立ち寄れる開放的な公共空間。

The Architecture of Tange in the Setouchi. Many of the early works of Kenzo Tange are found in the Setouchi area, and are in tune with Japanese traditions, local characteristics, and the prevailing post-war democracy. For Kenzo Tange, the Setouchi was where he discovered his unique identity, gained a large number of supporters and collaborators, and where he first developed architecture that was connected to real society. The Kagawa Prefectural Government Office is the result of his time here. The works of Kenzo Tange that remain in the various areas of the Setouchi serve to inspire architects working here, and have given rise to a number of new distinctive works. His buildings have become the influential foundation of the architectural culture of the Setouchi area.


県庁舎の正面玄関の前には約7mの柱で持ち上げたピロティが設けられています。


ピロティは、ル・コルビュジエが提唱した近代建築五原則のひとつです。丹下健三さんによって提案された地上部分を市民に開放するという考え方は、その後の日本全国の公共建築で採用されるようになります。


床に敷かれた丸い石は、香川県庵治の高島​の浜から地元の漁師さんたちが採取した石。


ピロティに設置された円形の「石灯篭」は丹下さんデザイン。


ピロティの天井。蛍光管の間を板材で覆っています。


型枠に杉材を使用することにより柱、梁のコンクリートには美しい木目模様が写しだされています。


天井。庭の水盤に反射した光がゆらゆらと天井を照らしています。


階段


階段


1階ホールに展示されている建築図面


展示


庭。
Open Space for the People of the Prefecture.
The offices have a plaza where people can gather and relax. The widely spaced
pillars, the lobby on the first floor, and the south garden with its small rolling
hills offer an abundantly spacious, gently interwoven composition.


県庁ホールの扉は、赤色が印象的な香川漆芸の「後藤塗」。


県庁ホールの内装や家具の設計は、キッコーマンの醤油差しや、ヤクルトの容器のデザインでも知られるインダストリアルデザイナーの剣持勇氏さん(1912年1月2日〜1971年6月3日)によるものです。丹下健三設計の香川県庁舎以外にも、大谷幸夫設計の国立京都国際会館のインテリアデザイン、ホテルニュージャパンや京王プラザホテルの内装など多くのデザインを手がけました。

The hall of the Prefectural Office at the timeof completion (1958). The furniture was designed by Isamu Kenguchi, and is still in use today. The entrance of the Prefectural Office Hall today. A red gotou painted door and shelves designed by Kenzo Tange.

2020年1月撮影

耐震工事完了後に県庁東館の地下を見学、撮影させていただきました。

建築家・丹下健三さん設計で1958年に完成した香川県庁東館は文化的価値の高い建築ですが、現在の耐震基準を満たしていなかったので、2016年から約42億円をかけて耐震改修工事が行われました。外観・内観を変えることなく大地震にも対応可能な『免震レトロフィット工法』が採用されました。


駐車場


ダンパー


BRIDGESTONE。免震装置(天然ゴム系積層ゴム)


当時のコンクリートにどういう砂利が使われていたのかわかります。


木材

—-

第二次世界大戦後の日本全国の地方自治体庁舎のモデルとなったことでも有名な建築家丹下健三さんの代表作。香川県庁舎の東館。今は開放されておりませんが、半世紀前の開館当初は市民に開放され、女木島や屋島を眺めながらコーヒーやビールも飲むことができる人気の屋上カフェでした。

「丹下健三 伝統と創造 –瀬戸内から世界へ」より

Open Space on the Roof. At the suggestion of Governor Kaneko, the roof was made an open space. Visitors could enjoy coffee and beer from the restaurant while enjoying the view out over the Seto Inland Sea. It was popular among residents as a place to come and relax.

DSC_0765.JPG

DSC_0769.JPG

DSC_0773.JPG

DSC_0774.JPG

DSC_0775.JPG

DSC_0776.JPG

DSC_0778.JPG

DSC_0782.JPG

DSC_0784.JPG

DSC_0786.JPG

DSC_0787.JPG

DSC_0789.JPG

DSC_0794.JPG

DSC_0796.JPG

DSC_0797.JPG

DSC_0799.JPG

DSC_0800.JPG

DSC_0812.JPG

DSC_0813.JPG

DSC_0817.JPG

DSC_0818.JPG

DSC_0823.JPG

DSC_0824.JPG

DSC_0829.JPG

DSC_0831.JPG

DSC_0834.JPG

DSC_0833.JPG

DSC_0840.JPG

DSC_0842.JPG

DSC_0846.JPG

DSC_0848.JPG

DSC_0850.JPG

DSC_0854.JPG

DSC_0855.JPG

DSC_0857.JPG

DSC_0859.JPG

DSC_0860.JPG

DSC_0862.JPG

DSC_0863.JPG

DSC_0865.JPG

DSC_0866.JPG

2013年9月撮影

香川県庁舎東館
住所:香川県高松市番町4-1-10 [Google Map]
設計:丹下健三
壁画:猪熊弦一郎
竣工:1958年(昭和33年)

Kagawa Prefectural Government Office East Building
Address : 4-1-10 Bancho, Takamatsu city, Kagawa pref., Japan [Google Map]
Architect : Kenzo Tange
Wall Art : Genichiro Inokuma
Yeat : 1958

Kagawa Prefectural Government Office East Building – PDF

Modernist Architecture and the Kagawa Prefectural Government Office
In the early years of the 20th century a new form of architectural expression was born against the backdrop of modern lifestyles and industry. “Modernist Architecture” brought with it new technology and new materials, including iron, glass, and concrete, coming to replace the historicist architectural styles (classicist, gothic) that had been prevalent up to that point. From the 1920s onwards, modernist architecture in Japan surpassed the historicist styles that had been studied since the Meiji period (1868-1912), and while developing traditional Japanese ideas and concepts of architectural space, undertook to utilize the results of modern technological innovation and develop a model and style that would speak to people’s hearts. Japan in the 20th century is shown in the design, the structure, and the use of space found here. Modernist architecture in this sense is a “cultural property” that reflects its period. In 1999, “DOCOMOMO Japan” (an international organization for the documentation and conservation of buildings, sites, and neighborhoods of the Modern Movement) selected twenty buildings for “Modernist Architecture as Cultural Properties”. The East Building of the Kagawa Prefectural Government Offices was selected and praised for its spacious composition, in particular the area dedicated for the use of residents in the city, its expression of tradition, cooperation with artists during construction, and its core system for protection against earthquakes. It was the only government building to be selected.

モダニズム建築の中の香川県庁舎 – PDF

20世紀初頭、近代的な生活や産業を背景にした新たな建築表現が生まれた。鉄・ガラス・コンクリートといった、新たな素材と技術を前面に押し出したこれらの建築を「モダニズム(近代)建築」といい、それまで主流だった歴史主義(古典主義・ゴシック主義)建築にとって代わっていった。日本のモダニズム建築では、1920年代以来、明治時代から学習してきた歴史主義建築を乗り越え、日本の伝統的な建築空間や思想に学び、近代技術の成果を果敢に取り入れ、その上で人々の心に届く造形に到達することがめざされてきた。その空間やデザイン・構造などから、20世紀の日本の姿をうかがい知ることができる。その意味で、モダニズム建築は時代を映す「文化遺産」なのである。1999年、国際組織「DOCOMOMO(モダン・ムーブメントにかかわる建物と環境形成の記録調査および保存のための国際組織)japan」によって、「文化遺産としてのモダニズム建築20選」が選定された。香川県庁舎東館は、豊かな空間構成、特に県民のための空間を積極的に採用していること、伝統表現、芸術家との協同、中央に耐震壁を置くコア・システム、などが評価され、庁舎建築としては唯一、選ばれた。

香川県庁舎 東館Wikipedia

所在地:香川県高松市番町四丁目1番10号
設計:丹下健三
構造形式:鉄筋コンクリート構造
延床面積:12,066m2
階数:地上8階
高さ:(展望台)43m、(軒高)31m
竣工:1958年(昭和33年)

The Kagawa Prefectural Government HallWikipedia

The Kagawa Prefectural Government Hall on the island of Shikoku was completed in 1958. Its expressive construction could be likened to the Daibutsu style seen at the Todai-ji in Nara. The columns on the elevation bore only vertical loads so Tange was able to design them to be thin, maximising the surfaces for glazing. Although the hall has been called one of his finest projects, it drew criticism at the time of its construction for relying too heavily on tradition.


大きな地図で見る

丹下健三 伝統と創造 –瀬戸内から世界へ