村の和ハーブ Finding Sanagochi Herbs


佐那河内村(さなごうちそん)の野草や和のハーブをつかった食文化の研究や、新たな食べ方の調理実験をしています。今日のメニューは「たで酢」。独特な辛味があり、鮎に添えられます。河原に生えているたで(蓼)には、柳タデ、紅タデ、青タデなど何種類かありそれらを見分けながら採取。日本国内にはおよそ20種類のたでの仲間があり、藍染めの藍もたでの仲間です。

DSC_3629

DSC_3649

DSC_3663

DSC_3665

DSC_3672

DSC_3675

DSC_3733


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です