男木島の打瀬船(うたせぶね)


男木島に停泊している潮打瀬(しおうたせ)の打瀬船(うたせぶね)。帆に風邪を受けて底引き網を引く「帆打瀬」と、海中に入れた潮帆を潮力で引く「潮打瀬」があり、風が強くなると潮帆から風帆に切り替えていた。ハモ、エビ、カニ、イカ、アナゴ。

img_7238
撮影 香川県高松市 男木島 1961年 永見武久


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です