男木島で飼育されていた「かりこ牛」


男木島では農耕用の牛を飼育していました。草地が少なく牛を飼うには適さなかった香川県の讃岐平野の農家に貸すための「かりこ牛」が、男木島では各家に一頭は飼われていました。島の中には放牧するための共同利用できる牧場もありました。

img_7294
撮影 1961年 永見武久 香川県高松市 男木島

男木島(おぎじま)の浜で船に積まれる「かりこ牛」。讃岐平野に渡った牛は、春には田おこし、秋には稲の運搬などして活躍していました。牛の貸付料は、お米2〜3俵。麦とサツマイモしかできなかった島では貴重な収入源。

img_7298
撮影 1956年 中村由信 香川県高松市 男木島


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です