昭和の映画館が生まれ変わったアートスペース旧百島東映劇場「日章館」Nisshokan, Momoshima island


広島県尾道市沖、瀬戸内海の百島(ももしま)のアートプロジェクトを撮影させていただきました。1961年(昭和36年)に建てられた映画館「百島東映劇場」は、4年間だけ営業し廃墟になっていたものを、2014に百島のアートプロジェクトの一環で改修・再生され「日章館」として生まれ変わりました。2014年の夏には、島民を招待し「モスラ対ゴジラ(1964年公開)」の上映会を開催。柳幸典さん「ヒノマル・イルミネーション」を常設展示されていて、100円玉をいれると点灯します。

This is a long-term project to renovate the abandoned movie theater built in 1961. The aim of this project is to reuse the building to present artworks while respecting the original architecture. The renovation started in 2013. In summer of 2014, local residents were invited to the screening of “ Mothra vs Godzilla,” one of Godzilla lm series released in 1964, who also enjoyed a rst glimpse inside the renovated theater.

“Nisshokan” is a new name of the theater, presenting Yukinori Yanagi’s “Hinomaru Illumination” as a permanent installation. (ART BASE MOMOSHIMA)


当時のまま残る映写機。


瀬戸内国際芸術祭こえび新聞と雑誌せとうち暮らしの派生プロジェクト、瀬戸内アーカイブのメンバー。写真家や考古学者など様々な分野の島好きが集まる。


Google Mapsのストリートビューでみると、工事中の様子が閲覧できます。

旧百島東映劇場|アートベース百島|ART BASE MOMOSHIMA

閉鎖されて老朽化も著しい昭和36年に建造された旧映画館を、当時の雰囲気を活かしながらアートで再生する長期プロジェクトです。

2013年より改修工事を始め、2014年夏には、内部公開と同時に一夜限りの映画館として復活。島民を招待し「モスラ対ゴジラ」の上映会を開催しました。

現在は「日章館」と名称を改めて、柳幸典の「ヒノマル・イルミネーション」を常設展示しています。

Hiroshima Art Project 2007 旧中工場アートプロジェクト(DVD付)
柳 幸典 椹木 野衣 加治屋 健司 天野 一夫 岡本 芳枝 出原 均 山野 真悟 森 司 新川 貴詩 深瀬 鋭一郎 ほか
広島アートプロジェクト実行委員会
売り上げランキング: 1,483,231
Yanagi Yukinori Inujima Note / 柳 幸典 犬島ノート
柳 幸典 富井 玲子 出原 均 福武 總一郎
MIYAKE FINE ART / ミヤケファインアート
売り上げランキング: 517,000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です