瀬戸の島々を紡ぐ。渡船を巡る旅

タグ: , , , ,

瀬戸内に潜む、さまざまな謎に挑み、物語を集める有志のチーム「瀬戸内アーカイヴ」のメンバーと瀬戸内の渡船の調査・撮影にいってきました。来春発行予定の瀬戸内国際芸術祭こえび隊が発行する「こえび新聞」をお楽しみに!特集はせとうちの渡船アーカイヴです。

広島県呉市にある本州と倉橋島の間に存在する海峡「音戸の瀬戸(おんどのせと)」の渡船。とってもチャーミングな船頭、しんちゃんの「音戸の舟唄」も聴くことができました。

移動メモ:四国・香川県高松→瀬戸大橋→広島県呉(くれ)→とびしま海道→下蒲刈島(しもかまがりじま)→上蒲刈島(かみかまがりじま)→豊島(とよしま)→大崎下島(おおさきしもじま)→三角島(みかどじま)→岡村島→フェリー→大三島(おおみしま)→伯方島(はかたじま)→大島→四国・愛媛県今治→香川県高松

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です