【香川】屋島山上交流拠点施設『やしまーる』 – [Kagawa] The Yashima Exchange Center “Yashimāru”

TAG : / /   CATEGORY : Architecture

2022年8月5日、瀬戸内国際芸術祭2022の夏会期初日に、香川県高松市のシンボル、屋島の山上に交流拠点施設『やしまーる』がオープンしました!全長約200mの回廊のような建築です。屋島の拠点施設ということで、屋根に特徴があります。3万枚の庵治石でつくられた屋根瓦。世界一高級な墓石材として有名な、香川県高松市で採れる庵治石を、はじめて瓦として板状に加工したものが使われています。

On 5 August 2022, on the first day of the summer session of the Setouchi International Art Festival 2022, the exchange centre facility “Yashimāru” opened on the mountain of Yashima, the symbol of Takamatsu City, Kagawa Prefecture. It is a corridor-like structure with a total length of approximately 200 metres. As a base facility on Yashima, the roof is unique: it is made of 30,000 Aji stone roof tiles. For the first time, Aji stone from Takamatsu, Kagawa Prefecture, which is famous as the world’s most expensive tombstone material, is processed into sheets as roof tiles.

高松市屋島山上拠点施設 『やしまーる』
住所:香川県高松市屋島東町1784-6 [Google Map]
電話:087-802-8466
時間:9:00~17:00(金・土・祝前日は9:00〜21:00)
定休:火曜日(休祝日の場合は、翌平日)
アクセス:
・公共交通:JR高松駅→(徒歩5分)→高松築港駅→(ことでん琴平線4分)→瓦町駅→(ことでん志度線16分)→ことでん屋島駅→(屋島山上シャトルバス/ことでんバス10分)→屋島山上
・車:屋島山上観光駐車場から徒歩7分 / 355台

Takamatsu City Yashima mountain top base facility “Yashimāru”
Address: 1784 Yashima Higashi-machi, Takamatsu City, Kagawa Prefecture [Google Map]
Tel: +81-(0)87-802-8466
Opening hours: 9:00-17:00 (9:00-21:00 on Fridays, Saturdays and days before public holidays)
Closed: Tuesdays (or the following weekday if the day falls on a public holiday).
Access :
– Public transport: JR Takamatsu Station → (5-minute walk) → Takamatsu Chikko Station → (Kotoden Kotohira Line 4 minutes) → Kawaramachi Station → (16 minutes on Kotoden Shido Line) → Kotoden Yashima Station → (10 minutes on Yashimayama-jo shuttle bus / Kotoden bus) → Yashima-Sanjo → 7min walk → Yashimāru
– Car: 7 min walk from Yashima-Sanjo Sightseeing Parking Lot / 355 vehicles.


カウンター


天井


階段


屋根


ツバメの巣


カフェ機能


ベンチシート


照明


ピクチャーレール



床の吹き出し口


コンセント


展望台からの眺め。女木島

2022年06月16日撮影

四国八十八箇所霊場第84番札所、屋島寺。


宝物館。彫刻家・藤本良和さん。瀬戸大橋の途中、与島PAに牛島の石でつくった『補陀落渡海』という作品があります。


スタジオジブリの平成狸合戦ぽんぽこにも登場した、屋島太三郎狸(たさぶろうたぬき)。佐渡の団三郎狸、淡路の芝右衛門狸と共に、日本三名狸に数えられます。


山の下から登山で登ってくることも可能です。


Banksy?


土産物屋さんの展示台がかっこいい


珊瑚樹(さんごじゅ)


れいがん茶屋。こちらも、やしまーると同じ周防貴之さんがリノベーションの担当。


回廊


ガラスの曲面


屋根。庵治石。讃岐石材加工協同組合(高松市牟礼町)。


1枚は縦25cm、横30cm、厚さ1cm、重さは2.1kg


展望台からの眺め。女木島・男木島・瀬戸大橋がみえます。


五剣山

2022年2月撮影


曲線的な廊下がデッキのようになっています。


工事中。


屋根が特徴的


3万4千枚の庵治石でできた屋根瓦。墓石などに使われることが多い庵治石が瓦に使われるのは今回が初めて。この建物用に讃岐石材加工協同組合(香川県高松市牟礼町)によってオリジナルで製造されたものです。瓦は板状で、1枚ずつ石から切り出して製作。1枚は縦25cm、横30cm、厚さ1cm、重さは2.1kg。


展望台からの景色。左がサンポート高松のシンボルタワー、右が高松港からフェリーで20分の鬼ヶ島こと女木島(めぎじま)。


女木島

高松市屋島山上拠点施設 『やしまーる』
設計:SUO(周防貴之さん) + StyleAgency
国土交通省『景観まちづくり刷新支援事業』のモデル地区に指定
敷地面積:3416.62m2
建築面積:1178.58m2
延べ面積:983.72m2
構造:鉄骨造、壁式鉄筋コンクリート(WRC)造、鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造、一部RC造
発注:高松市
設計:SUO(周防貴之)・Style-A設計共同企業体
施工:谷口建設興業・籔内建設特定建設工事共同企業体
目標客数:例年の1・4倍に当たる70万人程度
総事業費:約16億4千万円

Takamatsu City Yashima mountain top base facility “Yashimaru”
Design: SUO (Takayuki Suo) + StyleAgency
Designated as a model district for the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism’s “Landscape Town Development Renewal Support Project”
Site area: 3416.62m2
Building area: 1178.58m2
Total area: 983.72m2
Structure: Steel-frame, wall reinforced concrete (WRC), steel-frame reinforced concrete (SRC), partly RC
Ordering: Takamatsu City
Design: SUO (Takayuki Suo) and Style-A Design joint venture
Construction: Taniguchi Construction Kogyo/Kyanouchi Construction Specific Construction Joint Venture
Target number of visitors: 700,000, 1.4 times the number of previous years.
Total project cost: approx. 1.64 billion yen.

屋島活性化に向けて実行すべき具体的施策・事業の取組状況 – PDF

About International Competition for Design Proposal of the Mountaintop Facility in Yashima

The Mountaintop Facility in Yashima is required to fulfill the following :it should have a dignified appearance that is integrated with the mountaintop landscape ; it would represent Yashima’s abundant history and the cultural values; and the top-level professional ability is required to design all programs for visitors most accordingly. The building should represent, not only Takamatsu City or Bisan-Seto, but the greater Seto Inland Sea region , and simultaneously serve as the focal point of Setonaikai Inland Park for a long time. All eligible applicants, domestic and international, are invited to apply for this competition, to participate in the selection of the most eligible Design Architect to implement schematic design of this facility. Applicants should register during the period from August 18 to September 30, 2015 *The acceptance is finished

屋島山上拠点施設 基本設計(概要) – PDF
2017年年3月 香川県高松市 創造都市推進局文化・観光・スポーツ部観光交流課

香川県高松市では、瀬戸内海国立公園並びに史跡及び天然記念物に指定されるなど、自然や景観、歴史文化等の魅力に満ちた屋島を、市民の誇れるシンボルとして再生させることを目的として、その特性や価値の保存と地域資源としての有効活用を図るために必要な基本方針や具体的方策について取りまとめた「屋島活性化基本構想」を平成25年1月に策定しました。
この「屋島活性化基本構想」に掲げる44の具体的施策・事業のうちの1つとして、屋島の魅力や源平合戦、屋嶋城等のガイダンス設備を備えるとともに、自然とのふれあい活動の場としても活用することにより、屋島を学び、魅力の再発見に資するため、観光的な側面と文化的な側面を合わせ持つ屋島の情報発信拠点として「ビジターセンター〔ガイダンス施設〕の整備」に取り組むこととしています。このことを踏まえ、屋島山上拠点施設は、多くの来訪者が立ち寄る、眺望の優れた場所にあって、人々が集まり、くつろぎ、自然や歴史、観光など、屋島の魅力を余すところなく知ることのできる、来訪者のための文化観光屋島の拠点と位置付けて整備することとします。

~整備に当たっての基本方針(屋島山上拠点施設基本構想より)~
1) 全ての来訪者に開かれた施設であること
2) 子どもたちの学習等にも活用できる、屋島の特性や価値、楽しみ方を学び、知ること のできる施設であること
3) 来訪者が休息し、くつろぎ、癒される空間を有する施設であること
4) 山上からの眺望を満喫できる施設であること
5) 屋島の魅力を再発見し、共有するための交流や活動の拠点となる施設であること
6) 山上の景観等に調和しつつ、建築物としての魅力を持った施設であること

所在地:香川県高松市屋島東町1784-6, 13
敷地面積:3389.75㎡
地域・地区:特定用途制限地域、一般環境保全型(森林部)
その他:瀬戸内海国立公園 史跡・天然記念物
構造:鉄骨造、一部木造
延べ床面積:1,075㎡
建築面積:921㎡
敷地面積:3389.75㎡
建蔽率:27.1%

← Previous post

Next post →

1 Comment

  1. シノミヤヒロノリ

    高松市の観光地が、また一つ増えましたね。私が心配したのは、屋根瓦とガラス張り。屋島山頂は平野部と違い、この異常気象にも耐えれるか?それが心配です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Twitter
Visit Us
Follow Me
PINTEREST
INSTAGRAM