蕗の薹(ふきのとう)の季節


景観土木の専門であり石積み学校 (Dry Stone Walling School of Japan)の創設者でもある真田 純子 (Junko Sanada)さんと 佐那河内村(さなごうちそん)のフィールドワーク。
途中、道端でお会いしたお母さんが、「いいものあげるわ」と蕗の薹をその場で摘んでくださいました。夜の交流会で、素揚げにして大変美味しく頂きました。重曹を入れた熱湯でアク抜きしてから調理するといいとのこと。ごちそうさまでした!

お母さんに教えていただくまで、こんなところに農作物があることにまったく気が付きませんでした。暦は「大寒」。寒波がやってきている真冬でもひょっこりと春の命が顔を覗かせていることに感激しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です