「私の花」 川瀬敏郎


友達に教えてもらった、いけばなの本。

川瀬敏郎 私の花
川瀬敏郎 私の花

posted with amazlet at 10.03.12
川瀬 敏郎
講談社
売り上げランキング: 408480
おすすめ度の平均: 5.0

5 情熱がすごい!!!
5 鳥肌がたちます!
5 素敵な本です

川瀬敏郎今様花伝書
川瀬敏郎今様花伝書

posted with amazlet at 10.03.12
川瀬 敏郎
新潮社
売り上げランキング: 106253
おすすめ度の平均: 5.0

5 花も文章も
5 生け花の美しさは器で決まる
5 生け花を知らない人にも伝わってくる。
5 素晴らしい
4 「私の花」から「無私の花」へ

四季の花手帖 (2) (別冊太陽)
川瀬 敏郎
平凡社
売り上げランキング: 224635
おすすめ度の平均: 5.0

5 素晴らしい

目次川瀬敏郎 私の花

 色をいける
 四季一生
 花のゆくえ
 私のすきなもの
 私の花なげいれの心得

パリ大学で映画や演劇を学び、帰国後、立花となげいれを基本に創作活動を展開している 「花人」川瀬敏郎の芸術作品を集めた決定版写真集。丹念に選ばれた花の美しさはもちろんだが、ルネ・ラリックをはじめとした器もまた美しい。色鮮やかなチューリップやあじさいで華やかな西洋の趣を表現したかと思うと、すかさず松・竹・梅を使った洗練された和の趣を見せる。わび・さびが重んじられる和の世界で、あっと驚くような華やかさを表現して見せるのは、この人の作品ならではの魅力だろう。苔を盛った器のなかから飛び出してくるつくしや、苔むした古木に咲く艶やかな桜を見ていると、そう思わずにいられない。前半で川瀬敏郎の美の世界を堪能した後は、「なげいれの心得」と題した後半で、川瀬敏郎の生け花の極意を学ぶことができる。器の選び方や花のため方(草木の枝や茎を物理的に曲げ、人工的な曲線を作ること)、花留めの方法など、著者独自の秘法を学ぶことができる。最後に、前半部分で紹介した作品の解説もあるので、同じように生けてみたい方は参考にするとよいだろう。amazon レビューより (土井英司)

参考:川瀬敏郎公式サイト


「「私の花」 川瀬敏郎」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です