牡丹の花びらの可憐さと唐獅子の力強さ。菊間瓦の唐破風鬼 – Gable pug-ugly of Kikuma tile at Imabari city, Ehime pref.


「長津神社」(愛媛県今治市菊間町)にかつて鎮座していた唐破風鬼。
天保6年(1835年)に愛媛県に750年残る名産「菊間瓦」の職人、
大西屋久蔵さんによって作られた手仕事。
薄い牡丹の花びらの可憐さ、
唐獅子の力強さが共存している素晴らしい作品。
今治市・菊間町のかわら館にて。

Kikuma town is the production area of traditional Japanese tile at Ehime pref., Japan. This is the gable pug-ugly which had been set at Nagatsu shrine was made by the artisan Mr. Ohnishi in 1835 Edo piriod. You can see the beautiful flower of peony and powerful foo dog at Kikuma Tile Museum, Kikuma town, Imabari city, Ehime pref., Japan

菊間かわら館

料金:大人200円、子供100円
時間:9:00~17:00
休館:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
場所:今治市菊間町浜3067
電話:(0898)54-5755

Kikuma Tile Museum

Fee : 200yen/adult 100yen/child
Time : 9:00-17:00
Close : Monday
Place : 3067 Kikuma town, Imabari city, Ehime pref., Japan
Tel : 0898-54-5755

瓦屋根 (NHK美の壺)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です