ルイスバラガン邸と仕事場 (メキシコ) – TBS 世界遺産


ルイスバラガン邸と仕事場 (メキシコ) [Link]
TBS 世界遺産

これは絶対みなきゃだ。
今夜の世界遺産はメキシコのモダニズムの巨匠、
建築にメキシコの太陽を取り込んだ建築家、ルイスバラガン特集。
建築に興味のない人もみるべき人だと思います。
2002年に東京都現代美術館でルイス・バラガンの展示、
“静かなる革命展”が開かれていた。
これまで、500~1,000の展覧会を見てきましたが、
その中でもかなり上位にはいる展覧会だったとおもいます。
会場構成は安藤(安藤忠雄)さん。
あとは、canonがスポンサーの光の特集番組やっていた、
バラガンの特集番組もかなり面白かった。
 番組:TBS 世界遺産 ルイスバラガン邸と仕事場 (メキシコ)
 日程:2007年02月18日
 時間:23:30~24:00
 静けさは人間の苦悩や恐れを
 癒してくれる真の薬である。
 現代における建築家の使命は
 静けさにあふれた住まいをつくることなのだ


 > メキシコシティ郊外タクバヤ地区。
 > 現在高級住宅であるこの地区に世界遺産バラガン邸はある。
 > 一見何の変哲もない外観…
 > これが世界遺産と気づく人は少ない。
 > バラガン邸の西側に位置し、庭に面したリビング。
 > 窓から見える緑色を生かすために窓の面積は大きくとられている。
 > 自然の光を最大限に活用されたバラガン建築の真髄ともいえる部屋である。
 > バラガン邸の書斎にある階段は、
 > まるで宙に浮かんでいるかのような錯覚に陥る。
 > 彼にとっての階段は単なる上下移動のための道具ではなく、
 > 空間を移動すると共に、人の気分を切り替える役目がある。
 > バラガン晩年の作品であり、
 > 最高傑作と評されているヒラルディ邸。
 > 黄色の擦りガラスにより、
 > まるで黄金の空間を作り出している廊下を抜けるとその世界は一変。
 > 青い世界が目前広がる。そこはプール付きのダイニングだった。
参考:
ルイス・バラガン (Wikipedia) [Link]
世界遺産を巡る旅 テーマで巡る世界遺産6 [Link]
カーサ・バラガン 齋藤裕 (Amazon.co.jp) [Link]
メキシコの静かな太陽~安藤忠雄 バラガンを語る~ (NHK新日曜美術館) [Link]


「ルイスバラガン邸と仕事場 (メキシコ) – TBS 世界遺産」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です