ブロッケン現象


ブロッケン現象 [Link]
Wikipedia

飛行機でたまにみるやつ。
以下の”ブロッケンJr.使用禁止令”は関係ございません。
 > ブロッケン現象(ぶろっけんげんしょう)(phenomenon of brocken spectre,glory,光輪)は
 > 太陽などの光が背後からさしこみ、影の側にある雲や霧に光が散乱され、
 > 見る人の影の周りに、虹と似た光の輪となって現われる現象。
 > 山岳の気象現象として有名で、尾根の日陰側かつ風上側の急勾配の谷で
 > 山肌に沿って雲 (霧) がゆっくり這い上がり、稜線で日光にあたって
 > 消える場合によく観察される。航空機から見下ろす雲や、
 > 平地でも川霧等に現われることがある。
 > 水滴が起こすミー散乱の後方散乱が、
 > 光の色(波長)によって異なる角度依存性を持つ事に起因する。
 > ミー散乱を起こす粒子は非常に小さい。
 > (虹は雨粒による屈折と内部反射によるものである。)
 > ブロッケン現象は、霧の中に伸びた影と、
 > 周りにできる虹色の輪(ブロッケンの虹)の二現象をまとめて指している。
 > 自分自身が太陽の光を遮っているため、自分自身の形に影が見えることになる。
 > 影は自分自身からあまり離れていない霧に映っているが、
 > 霧の中では影までの距離感がつかめないため、
 > 遠くにある巨大な人影のように感じられる事がある。
参考:
ブロッケン現象とグリーンフラッシュ [Link]
ブロッケン現象の写真色々 [Link]
ブロッケンJr.使用禁止令 (Wikipedia) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です