不都合な真実 – アル・ゴア


不都合な真実 [Link]
アル・ゴア

最近、本屋でよくみかけるなと思っていたら翻訳が枝廣さんだ。
映画は、日劇PLEXやTOHOシネマズ六本木ヒルズやTOHOシネマズ海老名などで見られます。
ボーリングフォーコロンバインをはじめ、
こういう映画は、プレゼンテーションのいい勉強になります。
 監督:デイビス・グッゲンハイム 
 音楽:マイケル・ブルック
 出演:アル・ゴア
 > 人類にとって、ただひとつの故郷である地球は、今最大の危機に瀕している。
 > 年々、上がり続ける気温のせいで、地球体系が激変し、
 > 植物や動物たちは絶滅の危機にさらされる…。
 > 傷ついた地球を救うため、立ち上がったのは、アメリカの元副大統領、アル・ゴア。
 > 孤高のサムライは、人々の意識改革に乗り出すべく、
 > 環境問題に関する講演を世界中で開き、地球の危機を訴えてきた。
 > 「不都合な真実」はそんな男の勇気と希望に満ちた闘い、
 > そして、同時に「人類が滅亡するまでの真実のシナリオ」を明らかにする。
 > 全米で公開されるや、77館のみでの上映にもかかわらず全米トップ10入りして、
 > スクリーン数を約600館に拡大。「華氏911」以来の衝撃的な大ヒットドキュメンタリー映画。
参考:
NEWS23 地球環境スペシャル 「地球破壊」 [Link]
不都合な真実 著:アル・ゴア 訳:枝廣淳子 (Amazon.co.jp) [Link]
第19回東京国際映画祭 | 特別招待作品 – 不都合な真実 [Link]
+D Style::シネマ特集 – 不都合な真実 [Link]


「不都合な真実 – アル・ゴア」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です