ジャパン・ブルーが織りなす二拍子「阿波しじら織り」Awa Shijira Weaving

Posted on 6月 14, 2016 in あるく・みる・きく, ものづくり タグ:

「凄い場所があるから」と佐那河内村のプロジェクトでご一緒している建築家の内野さんにお誘いいただき、阿波しじら織「長尾織布」の工場を見学・撮影させていただきました。せっかくなので少しだけ動画をアップしておきます。リズムが阿波踊りと同じ二拍子。阿波藍の染めから織りまで、こういった伝統産業が現役で町中に残っていることに驚かされます。
オリンピックに向けてますます注目されるであろう徳島の藍染め。長尾織布さんでは、工場見学や藍染め体験もできるのでぜひ足を運んで、しじら織りを手にとってみてください。

http://www.awa-shijira.com

藍染めのグラデーション。美しい

藍染め色見本


パターン

折りの工場を見学させていただきました。



折機。ガッシャン、ガッシャン。全部の機械がシンクロしながらリズムを刻んでいます。

一箇所の動力からベルトでそれぞれの折機に力が伝わります。

色糸の組み合わせによってさまざまなパターンが生まれていきます。

回転運動が反復運動に

MANBAI KIKAI


職人さん


信頼を不良一つで失うな


糸を紡ぐ


工場の屋根

こんなかんじでギザギザ屋根になっています。

ギザギザ屋根の天窓があるので自然光でかなり室内は明るい



気を抜いたらすぐにこんがらがりそうな、繊細な作業


ジャパンブルー Japan Blue





藍染めと発酵

藍瓶。大谷焼

染めの工場。若い職人さんが働いていました。

干す

藍の葉。タデ科の植物。

Web 東京オリンピックのエンブレムにも採用され、ますます注目されるであろう徳島の藍色・ジャパンブルー。長尾織布さんでは、工場見学や藍染め体験もできるのでぜひ足を運んで、しじら織りを手にとってみてください。

動画 Movie




阿波しじら織り Awa Shijira Weaving from you sakana film on Vimeo.


長尾織布合名会社
時間:9:00~16:00
場所:徳島県徳島市国府町和田189 [Google Maps]
休館:土日休館 ※店舗は土曜日も営業
電話:088-642-1228
藍染工場見学(無料)要予約

Nagao orifu
Time : 9:00-16:00
Place : 189 Wada, Kokufu town, Tokushima city, Tokushima pref., Japan [Google Maps]
Closed : Saturday Sunday (the shop is open on Saturday)
Tel : 088-642-1228
need to reserve to see our factory




阿波しじら織-長尾織布[徳島市]

阿波の旧藩主蜂須賀公の時代には、一般庶民階級の者が絹布を用いることを堅く禁じていました。
 そこで庶民たちは、木綿織物で外見の美に様々な工夫をこらしたといいます。「阿波しじら織」は明治維新当時、阿波阿宅村の織女“海部ハナ”が雨に濡れそぼって縮んだ布に出来た凹凸をヒントに苦心研究の末考案したといいます。経糸(たていと)の張力差を利用して独自のシボを出すのが特徴です。
 昭和53年には、阿波藍を使った「阿波正藍しじら織」が国の伝統工芸品として通産大臣の指定を受けています。

しじらの特長であるシボによる独特の風合いと美しさが魅力です。工夫して折られた布を75℃の熱湯をくぐらせ、乾燥することによって、鮮やかなシボが浮き上がります。シボの凹凸のおかげでさらりと肌触りがよく、軽くて涼しいのが特長です。綿素材であるため吸湿性にも富み、適暑衣料として最適です。


Shijira Weaving | 徳島県

Awa Shijira-ori is created by applying a different weaving tension to the warp and the weft. This technique brings out an uneven appearance (known as shibo) in the surface of the cloth. This shibo surface gives the material a pleasant texture that is also light and comfortable to wear. Awa Shijira is then dyed with indigo dye from the Awa Indigo plant. In 1977, the Tokushima Prefectural Government officially designated the making of Indigo-dyed Awa Shijira as a traditional craft.

One of the material’s characteristics is that even in hot weather, the fabric doesn’t stick to the skin. Although made of cotton, it has cooling qualities similar to linen, making it perfect for summer wear.

A weave known as Tatae-ori was actively used in the Awa region at the end of the 18th century. The Awa Shijira-ori came about as a result of the improvements made on the traditional Tatae-ori by a weaver, Hana Kaifu, at the beginning of the Meiji Era. Cloth woven in this way was named Awa Shijira-ori by a cotton merchant named Jube Abe. This Shijira-ori material became widely popular throughout the country.



藍染め (NHK美の壺)
藍染め (NHK美の壺)
posted with amazlet at 16.06.15
日本放送出版協会
売り上げランキング: 509,219

Leave a Reply