A Disappearing Number – Complicite, Simon McBurney



barbican centre Robbie Jack

そしてバービカンつながりで、一番メモしたかったこれ。
サイモン・マクバーニーの劇団、コンプリシテの舞台、
「A Disappearing Number」 をバービカンセンターでみてきました。
ロンドンのスーパーで演劇留学している井上さんと久々に会い、
サイモンの舞台があるって教えてもらったので、
千秋楽直前にあわてて見に行きました。
すごくよかったのでメモするのに時間がかかりました。
ストーリーも面白かったんだけど、
たとえ、これでストーリーが面白くなかったとしても
ここまで緻密な演出や舞台装置が用意されたら、
それだけで十分みる価値がある作品です。
来年頭には、深津絵里さんを引き連れて「春琴」をやるそうです。
去年、世田谷パブリックシアターでやっていたので見た人も多いかな。
谷崎潤一郎の「春琴抄」「陰翳礼讃」をもとにした舞台です。
 A Disappearing Number
 日程:2008年10月10日~11月01日
 場所:Barbican Theatre
 料金:£10~40
 Conceived and directed by Simon McBurney
 Devised by the Company
 Original Music by Nitin Sawhney
 Design by Michael Levine
 春琴 Shun-kin
 日程:2009年01月30日~02月09日
 場所:Barbican Theatre
 Following its triumph during bite07,
 multi award-winning hit A Disappearing Number,
 returns by popular demand.
 > Taking as its starting point one of the most mysterious
 > and romantic collaborations of all time,
 > this is a story about connections between ideas, cultures and times.
 > In London a man attempts to unravel the secrets of his lover.
 > In Bangalore a woman collapses on a train.
 > In Cambridge in 1914 Englishman GH Hardy
 > seeks to comprehend the ideas of the Indian prodigy
 > Srinivasa Ramanujan. A Disappearing Number
 > weaves a provocative theatrical pattern
 > about our relentless compulsion to understand.
参考:
Productions – Complicite [Link]
Barbican – Complicite [Link]
A Disappearing Number – Wikipedia [Link]
Theatre review: A Disappearing Number / Barbican [Link]
ロンドン日和: A Disappearing Number / Barbican [Link]
A Disappearing Number @ Barbican – EMagnanの日記 [Link]
ロンドン生活情報 ::::LONDONJAPAN.jp [Link]
トーキョーワンダーサイト これまでの活動:ディレクターズトーク [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です