森の葬祭場@スウェーデングンナール・アスプルンド



くるかなくるかなと待っていましたが、ついにきました。
森の葬祭場(アスプルンド)特集です!
見逃した方は2月10日(金)にBS-iで再放送。
 スクーゴスシュルコゴーデン (スウェーデン)
 12万人が眠る森の墓地 異例の世界遺産
 日時:2005年2月5日(日) 23:30~0:00
 番組:TBS 世界遺産
 > 森と湖の都スウェーデン。
 > その首都ストックホルム郊外に森に囲まれた墓地がある。
 > 「スクーゴスシュルコゴーデン」。
 > ここにはキリスト教、イスラム教、ユダヤ教と宗派を問わずおよそ12万の人が眠る。
 > この墓地を建設したのが北欧の建築界をリードした
 > グンナール・アスプルンド。
 > およそ25年の歳月をかけ、建築家がふみこむことのなかった
 > 「生と死」の領域に挑み、見事表現した。
 > 「人は死んだら森へ帰る」
 > スウェーデン人の誰もが心にもつ思いを実現した。
 > うっそうとした木々にとけこむようにひっそりと建てられた
 > 「森の礼拝堂」はスウェーデンの田舎の小屋を思わせる。
 > この礼拝堂の門にはアスプルンドが失った
 > わが子とのつらい別れの思いが刻まれている。
 > 「大礼拝堂」。機能的なだけの近代建築の冷たい空間に
 > アスプルンドは人間の息吹を与えた。
 > ここには逝く者と遺された者への心遣いに満ちた空間演出がある。
 > アスプルンドなき今も、世界中の建築家に大きな影響を与えている。
 > 番組案内より


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です