女王の教室 – Wikipedia


女王の教室 [Link]
Wikipedia

「悪者を悪者と描かない」で思い出した
最近、再放送されているこれをメモ。
いじめがこれだけ社会問題になっている中で、
よくこういうドラマをつくれたなあと思う。
ちなみに、阿久津真矢は「スターウォーズ」のダース・ベイダーがモデルとなっている。
下は、ちょっとホッとするエンディング。

 > クラスを女王のように支配する悪魔のような
 > 女教師 阿久津真矢(天海祐希)と半崎小学校6年3組の児童との1年間にわたる
 > 「戦い」を児童の視点から描いたドラマ。
 > 番組開始当初の提供クレジットは日本テレビで定められているものではなく、
 > ドラマ独自のものを使用していた。また第5話から第8話までは提供クレジットを表示せず、
 > 表向きは「スポンサーなし」の状態となった
 > (ただし実際、CMはスポット扱いのような状態で放映されている)。
 > これは、スポンサーがドラマの内容に対し不満・不安を抱いていた為だとの見方が強い。
 > また同時に、某スポンサーのロゴ利用規定抵触問題も提出されていた。
 > 初回は14.4%と今ひとつのスタートであったが、終盤以降急激に視聴率を伸ばし、
 > 最終回には視聴率は25.3%(瞬間最高視聴率は31.2%)と高視聴率で幕をおろした。
 > ちなみに、視聴率が31.2%となったのは、22時19分。
 > 中学生になった和美が、偶然にも真矢と再会し、
 > 真矢が和美に封印し続けていた笑顔を見せるシーンだった。
 > Wikipedia より
参考:
女王の教室 DVD-BOX (sakana no makimono) [Link]
女王の教室 (日本テレビ) [Link]
女王の教室 (バップ・ホームページ ) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です