マグヌス効果


マグヌス効果 [Link]
Wikipedia

 > 球形の弾丸が飛翔中に曲がる現象に対しての説明として、
 > 1852年にドイツの科学者ハインリッヒ・グスタフ・マグヌス
 > (Heinrich Gustav Magnus) によってはじめて認識された。
 > 円柱または球が回転しながら、粘性を有する流体中を一定速度で
 > 移動または一様流中に置かれた場合、
 > 円柱または球表面に接する流体が粘性によって回転運動に引きずられ、
 > 回転速度及び粘性に相応する循環 Γ が周りに発生し、
 > 移動方向または一様流に対して垂直の力(揚力)が発生する。
参考:
変化球の謎に迫る 姫野龍太郎 (KODAWARI ACADEMY) [Link]
オイラー方程式 流体力学 (Wikipedia) [Link]
ベルヌーイの定理 (Wikipedia) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です