讃岐おもちゃ美術館が、香川県高松市の中心部に再開発中の立体駐車場の1階部分(約1,100㎡)を借りて、2022年4月にオープン予定です。運営は、子育て支援NPO『わははネット』とデザイン事務所『tao.』。木のおもちゃや遊具を楽しめる広場、伝統工芸や特産品とコラボしたコーナー、香川県の食材を生かしたカフェやミュージアムショップも併設する予定とのこと。

讃岐おもちゃ美術館
日程:2022年4月9日(土)グランドオープン
住所:香川県高松市高松市大工町・磨屋町地区再開発 [Google Map]

Sanuki Toy Museum
Grand Open : April 9 2022
Address : Daikumachi and Togiyamachi, Takamatsu city, Kagawa pref., Japan [Google Map]


※写真は全て開館後のイメージです(全国の姉妹おもちゃ美術館)

讃岐おもちゃ美術館
日程:2022年4月9日(土)グランドオープン
住所:香川県高松市高松市大工町・磨屋町地区再開発 [Google Map]

Sanuki Toy Museum
Grand Open : April 9 2022
Address : Daikumachi and Togiyamachi, Takamatsu city, Kagawa pref., Japan [Google Map]

おもちゃ美術館準備室 | 香川の子育て支援・改善 認定NPO法人わははネット

施設概要
讃岐おもちゃ美術館は東京おもちゃ美術館の姉妹美術館として、2022年春OPENに向けて準備を進めています。高松市大工町・磨屋町地区再開発にてできる駐車場(8階建て約370台収容)の1階部分全フロアが讃岐おもちゃ美術館となります。

20年以上に渡り香川県内で子育て支援活動を行っているNPO法人わははネットと、さぬき時間を楽しむ雑誌「IKUNAS」の発行などを手掛けるデザイン事務所(株)tao.がタッグを組み運営。子育てを応援し、様々な人々との交流や体験を通して子どもを育む讃岐おもちゃ美術館と、讃岐の伝統工芸品を取りそろえたミュージアムショップ、讃岐の食材を活かしたカフェやギャラリーなどを備る予定です。

香川の皆様にとって身近な地域の子育て拠点であり、讃岐の伝統文化や豊かな自然の魅力を伝える情報発信拠点を目指します。

全国の姉妹おもちゃ美術館のご紹介
おもちゃと遊びの文化を全国に広めるため、地域ならではの自然と文化の魅力あふれる「姉妹おもちゃ美術館」を、東京おもちゃ美術館監修のもと全国に設立しています。
全国の姉妹おもちゃ美術館の様子を動画でご覧いただけます。こちらからご覧ください。

おもちゃ学芸員募集
おもちゃと子どもたちをつなぐ架け橋となる、おもちゃとあそびの案内人「おもちゃ学芸員」を募集しています。
おもちゃ学芸員になるには、おもちゃ学芸員養成講座を受講いただきます。詳しくはこちらをご覧ください。

Visitors can play with many toys from Japan and other countries around the world. The museum is mainly run by volunteer staff. Our mission is to encourage people to deepen their engagement with each other through play.

私たちが大事にしているもの|私たちについて|認定NPO法人芸術と遊び創造協会

「人間が初めて出会う芸術は、おもちゃである」
40年前に紡ぎ出したフィロソフィーは、東京おもちゃ美術館のネーミングに大きな意味を与えています。そのことからもわかるように、「芸術」と「遊び」は当法人にとっては、歴史的にも、具体的な活動実績から見ても、とても親和性が高いものです。

長い歴史の中で人間に生きる勇気と喜びを与え続けてきた「芸術」の意義は、あまりにも偉大です。一方「遊び」は、人類が生んだ最大の財産とも言え、健常児であろうが、病児であろうが、子どもの発育にとって、食事と同じように大切なものです。さらには認知症であろうとも、人生のフィナーレを輝かせるためには、遊ぶ文化は必須です。

「芸術」が持つ普遍的な力を「遊び」に融和させ、「遊び」の魅力を「芸術」と融合させることによっ
て、「芸術」と「遊び」を創造的に掛け合わせ、化学変化を導き出してまいります。

認定NPO法人芸術と遊び創造協会 理事長
東京おもちゃ美術館 館長
高齢者アクティビティ開発センター 代表
多田 千尋