Jelly. – 植村百合香


Jelly. [Link]
植村百合香

先日ちょこっとメモした、JDNの卒業制作レポートより
武蔵野美術大学 基礎デザイン学科の面白いなと思った作品をメモ。
担当教員は深澤さん。さすがに考え方が明確。
 作者コメント:
 > ぷるんと冷たく美味しいゼリー。
 > 液体と固体の合間に位置するゼリーの特徴を用い、
 > 私達の周りで起きている現象を抽出した。例えば水面の波紋。
 > その一瞬をゼリーに閉じ込めれば、
 > 水の表情の移り変わりが手で触れられる物としてそこに現れる。
 > 写真で切り取られた二次元での世界とは違う、
 > 新しい波紋の見え方が可能になるだろう。
 > ゼリーは感触を味わうものである。
 > 美しい水紋は一体どの様な舌触りなのか。ゆっくり味わって頂きたい。
 担当教員コメント:
 > 植村百合香は、ゼリーという食材が流れる時間を
 > 一瞬止めてしまう力があるのではないかと考えた。
 > 止まった世界はまさに液体がゼリー状に固まったイメージと重なる。
 > 流麗な行為の流れも一枚の写真のように固まる。
 > 頭の中で過去のシーンを思い起こすように、
 > 茶柱やシャンパンの泡は動かない。
 > 蓋を開けると飛び出してくる唇。コルクの栓のようなワインゼリー。
 > 植村が固めようとしたのは誰もが知っている、毎日起きている事象であるが、
 > なかなか簡単には見いだせない。
 > 固めてしまいたい時間の共有願望が植村には見えている。
 > 基礎デザイン学科 深澤直人
参考:
平成19年度 武蔵野美術大学 造形学部卒業制作・大学院修了制作 優秀作品展 [Link]
MAU-基礎デザイン学科 [Link]
武蔵野美術大学の人物一覧 – Wikipedia [Link]
武蔵野美術大学 基礎デザイン学科 入試再現作品 [Link]
JDN /JDNリポート /卒展特集 2008 [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です